スティーブ・ジョブズ:21世紀を発明した男の伝記

2019年10月4日
スティーブ・ジョブズは、その高い知能で知られていますが、彼には別の側面もあります。自分の夢をあきらめなかったスティーブ・ジョブズについて本記事で詳しくご紹介しましょう!

「創造性」と「絶対的な輝き」、スティーブ・ジョブズと聞くと私たちが思い浮かべるのはこの二つの言葉ではないでしょうか?

「21世紀の発明者」と呼ばれることもあるジョブズですが、これは例えではなく、彼は実際に人々が世界とコミュニケーションを取る方法を見つけた天才でした。

ジョブスは、人生の早い段階でビジネスに成功したため、成功やお金は彼にとって仕事を続ける動機ではありませんでした。

彼は、夢を実現させることに情熱を注いでいましたが、株主たちから夢を奪われてしまいました。しかし彼は、自分の持つ「時代の先を読む力」と先見の明の精神を決して失わず、夢をあきらめることなかったのです。

成功とフラストレーションの繰り返しの中、スティーブ・ジョブズは誰も思いつくことはないような新しいプロジェクトをはじめたり、より重要な目的のために人生を過ごしました。

人生の初期

1955年、ジョブズはカリフォルニア州サンフランシスコで生まれました。

血の繋がった両親は大学生だったためジョブズの出生時に彼を養子縁組に出しましたが、幸いなことに彼を励まし支えてくれる家族に迎えられました。

彼はカリフォルニアの高校を卒業した後、オレゴン州ポートランドのリード大学へと進学しました。リード大学での時間は、ジョブズの無関心な性格と対照的な、優れた資質を発達させた有意義な時間となりました。

スティーブ・ジョブス

精神的な探求

1974年、スティーブ・ジョブズは人生に意味のある目的を見つけるためにインドへと旅立ち、カインチの僧院であるアシュラムでしばらく過ごしました。

1970年代には、サンフランシスコのロスアルトス曹洞宗の禅僧である鈴木俊隆と知野弘文を導師として学びました。彼の伝記作家は、禅や仏教がジョブスの人生と彼の働き方を変えたと記しています。

2005年、ジョブズは次のように述べました。

「過去33年間、私は毎朝鏡に向かい『もし今日が私の人生の最後の日だとしたら、今日やろうとしていることが本当にやりたいことなのだろうか?』と自問しました。もしその答えが「ノー」だという日が何日も続くようであれば、何か、いやすべてを変える必要があるとわかるというわけです。すべてとは、周りからの期待、プライドのすべて、恥ずかしいという気持ちや失敗を経験するかもしれないことへの恐怖のすべて–これらは、死に直面してすべてなくなり、本当に大切なものだけが残りました。何か失うものがあると考えてしまいがちな罠に陥るのを避ける最も良い方法は、私が知る限り、死に直面することだと覚えておいていただきたいです。」

1970年代、スティーブ・ジョブズはアメリカのカウンターカルチャー運動に参加し、幻覚剤を使いました。

ジョブズは、自分の人生を視野に入れて将来を視覚化することができたので、薬物の使用期間は自分の基礎となっていると語っています。

こちらもご参照を:無気力症候群と大麻の使用

スティーブ・ジョブズと最初のコンピューター

ジョブズの最初のコンピューター関連の仕事はアタリという会社でした。彼はそこで、スティーブ・ウォズニアックと出会います。スティーブ・ウォズニアックは、後にスティーブ・ジョブズと並び、アップルの共同創立者となった人物です。

エンジニアとしてのウォズニアックの知性は、ジョブズのビジネスの才能に出会い、彼らはのちに「巨大帝国」となるプロジェクトを作成していました。

二人は完璧なコンビでした。二人がアタリで働いていた時期は、コンピューターは大企業専用であり、家を一軒買うよりも高価でした。ウォズニアックは、自分の家にコンピューターが一台欲しいと思ったので、最初のコンピューターを作りました。これがすべての始まりです。

先を読む目を持った二人が、スティーブ・ジョブズの両親のガレージで最初のパーソナルコンピューターを販売し始めました。後に彼らは違う道を進むことになりますが、二人で驚くべきことを成し遂げたのです。

ご存知ですか?:成功している人の7つの習慣

アップルの冒険

数年後、アップル社のコンピューターは市場で販売を拡大しました。 アップル社の株式が公開され、ジョブスにとって、状況はこれまでと比べてやや複雑になりました。

1984年、最初のマッキントッシュ社のコンピューターが設計され、コンピューター業界に大きな変化をもたらしましたが、期待どおりの販売にはいたりませんでした。

アップル社は大きくなり、役員たちはジョブズの持つビジョンや情熱を共にしようとはしませんでした。役員たちは、スティーブからの厳しい要求や完璧主義的な態度は、創造性や先見の明などの能力を損なうと信じていたのです。

歴史上の人物と同様に、スティーブ・ジョブスにも、彼と同じビジョンと情熱を持って一緒に働くチームが必要でした。

1985年、ついにウォズニアックがアップル社を辞め、その1年後、取締役会はスティーブ・ジョブズを幹部職から降格させたため、ジョブズが会社の将来について何かを言うことはなくなり、最終的にアップル社辞めました。

ジョブスは、ネクスト(Next)を作り、コンピューターアニメーション映画を制作するピクサープロジェクトに参加しました。

ピクサーでジョブスは大成功し、自分の仕事へ敬意を払うようになりました。

スティーブ・ジョブズ

アップル社への復帰

1996年、スティーブ・ジョブズはアップル社に戻りました。当時、アップル社はマイクロソフト社に技術的に遅れをとっており、ほぼ倒産しているような状態でした。しかし、ジョブズの復活が、アップル社に新たな方向性を与えることになります。

彼は当時進行中だったすべてのプロジェクトを中止し、会社の統制を取り戻しました。そして彼は、再び歴史を作り上げたのです。

ジョブズは、iPod、iPad、そしてiPhoneなどの新世代の革新的な製品を設計し、携帯可能なデジタル音楽の標準を確立しました。2008年、iTunesのダウンロード数は600万を超え、iPodの販売数は2億台を超えました。

2010年、ジョブズはiPadというタブレットシステムを導入し、2012年には、アップル社は世界で最も価値のある株式公開会社の一つとなりました。

2007年のインタビューで、スティーブ・ジョブズは次のように述べています。

「私が愛しているウェイン・グレツキーの古い引用があります。

『アイスホッケーのパックが行った方向に行くのではなく、パックが今後行く方向に進む。」

私たちは常にアップル社でもこのように行動するように心がけてきました。最初から、そしてこれからも」

スティーブ・ジョブズの早すぎる死

完璧主義者と情熱的で先見の明のある人間、ジョブズの持つこれらの特性は、彼にとっては天使と悪魔でした。

2003年、スティーブ・ジョブズは膵臓がんと診断され、これが様々な一連の健康上の問題を引き起こしましたが、彼は2009年まで仕事を続けました。

2009年に彼は病気を理由に引退し、2011年に56歳の若さで亡くなりました。

スティーブ・ジョブズは、カリフォルニア州パロアルトにある名前が彫られていない墓に埋葬されました。

スティーブ・ジョブズは、アップル社を取り戻したときに「Think different(シンク・ディファレント)」というスローガンを用いました。

クレージーな人たちがいる。反逆者、厄介者と呼ばれる人たち、四角い穴に丸い杭を打ちこむように物事をまるで違う目で見る人たち。
彼らは規則を嫌う。彼らは現状を肯定しない。彼らの言葉に心をうたれる人がいる。
反対する人も、賞賛する人も、けなす人もいる。しかし 彼らを無視することは誰もできない。

なぜなら、彼らは物事を変えたからだ。彼らは人間を前進させた。彼らはクレージーと言われるが 私たちは天才だと思う。

自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、本当に世界を変えているのだから。

-スティーブ・ジョブズ-(アップル社CMより)

  • Isaacson, W. (2011). Steve Jobs Biography. New York; Simon & Schuster
  • Maslin, Janet (2011). Making the iBio for Apple’s Genius. New York Times 21 Oct 2011. Recuperado de https://www.nytimes.com/2011/10/22/books/steve-jobs-by-walter-isaacson-review.html
  • Dhiman, Satinder (2016) “The Spiritual Quest of Steve Jobs: Connecting the i-dots Gazing Forward, Glancing Back,” The Journal of Values-Based Leadership: Vol. 9 : Iss. 2 , Article 13. Recuperado de: http://scholar.valpo.edu/jvbl/vol9/iss2/13
  • Peterson, Christopher (2011). Learning from the Life of Steve Jobs, Psychology Today 01 Diciembre 2011. Recuperado de https://www.psychologytoday.com/us/blog/the-good-life/201112/learning-the-life-steve-jobs