睡眠相後退症候群の治療法

2020年1月27日
朝まで寝ない人がいる理由を考えたことはありますか?睡眠相後退症候群に苦しんでいる可能性があります。

睡眠相後退症候群の人は、社会的に確立された睡眠覚醒スケジュールに適応することができません。この障害についてよく理解していない人は、患者を怠け者だと考えてしまうこともあります。

睡眠覚醒パターンは、概日リズムに従います。つまり、24時間ごとに定期的に変動します。内部の生物時計がこの振動を決定し、特定の外部シンクロナイザーもそれを助けます。

労働時間や食事などの社会的要素は、睡眠時間と覚醒時間をより正確に調整するのに役立ちます。ただし、最も強力な外部シンクロナイザーは明暗サイクルです。

問題は、身体の概日リズムと人の環境の要件との間に不一致がある場合に発生します。睡眠相後退症候群の場合、夜間の睡眠時間が標準時間に比べて遅れています。

この病気にかかっている人は、何時に床に就いても早朝まで眠ることができませんが、毎日ほぼ同じ時間に眠ることができると報告されています。この症状は、思春期によく見られます。成人においてはさらに深刻になるケースがあります。

毎日の義務をこなさなければならないので標準的なスケジュールに従わなければなりませんが、スケジュールに合わせた特定の時間に眠ることができないため、慢性的に睡眠を奪われます。これは日中の眠気と疲労につながり、この障害に苦しむ人の学校や仕事でのパフォーマンスに影響します。

休日や休暇中に睡眠スケジュールを自由に選択して遅らせることができれば、量と質の両方で十分な睡眠を得ることができます。不眠症と起床困難の両方がなくなり、安らかな休息を楽しむことができるのです。

こちらもご参考に:
概日リズム睡眠障害ではありませんか?

睡眠相後退症候群の特異な特徴

睡眠相後退症候群の最も一般的な特徴は次のとおりです。

  • 十分な睡眠衛生を維持できますが、希望の時間に眠ることができません。
  • 眠りにつくことを妨げる個人的または仕事上の状況、不安、抑うつなどの症状はありません。
  • 一旦眠りにつくと、何の困難もありません。連続して眠り、途中で目覚めることはありません。―睡眠維持不眠症の兆候。
  • 睡眠不足のため、眠気と注意力の低下が発生します。この状況は、日没に向かって改善される傾向があります。
  • 寝る時間を自分で選べるのであれば、問題なく眠りに落ちて、目を覚ますことができます。

ご存知でしたか?:
睡眠を促し若さを保つメラトニンの効果

治療

行動介入

最初のステップは、個人の行動への介入です。可能な限り最高の睡眠衛生を維持し、眠る環境を整えなければなりません。また、刺激を避け、就寝前に行う活動に留意する必要があります。

固定された睡眠スケジュールを持つことは患者にとって最も重要です。休日や休暇に変更することなく、毎日このスケジュールに従う必要があります。さらに、再発を防ぐために、目標を達成した後でも習慣を維持する必要があります。

光線療法

夕暮れ時に光への露出を減らし、朝に増やすことは、体内時計を調整する助けになります。そのためには、一日の最後の時間に薄明かりを使用し、カーテンやブラインドを取り除くことが重要です。

カーテンやブラインドなしで寝なければならないので、起床する際に日光にさらされることが多くなります。

メラトニン

睡眠に入る数時間前にメラトニン(1~5 mg)を投与すると、覚醒と睡眠のサイクルが促進されます。光線療法と併用すると、効果が高まります。

クロノセラピー(時間療法)

就寝時間と起床時間を徐々に遅らせることから成りたちます。希望する睡眠スケジュールを達成するまで、毎日遅く寝ます。理想のスケジュールに達したら、それを維持することが非常に大切です。

厄介なのは、達成する前に睡眠スケジュールを変更せざるをえない状況が発生することです。残念ながら、これは仕事や学校でやらなければならないことの妨げになる可能性があります。いずれにせよ、しっかりと計画を立て、睡眠を毎日のルーティンとして生活に取り入れることが大切です。

Giménez Badia, S., Albares Tendero, J., Canet Sanz, T., Jurado Luque, M., Madrid Pérez, J. A., Merino Andreu, M., & Sellés Galiana, F. (2016). Trastorno de retraso de la fase del sueño y del despertar. Síndrome de retraso de fase. Pediatría Atención Primaria18(71), e129-e139.

Solari, B. F. (2015). Trastornos del sueño en la adolescencia. Revista Médica Clínica Las Condes26(1), 60-65.