ストレス関連の不眠症:不安によって休まらない時

2019年3月7日

ストレス関連の不眠症は珍しくありません。眠りに落ちることができないこの状態は、過剰活発な精神が原因のことがよくあります。時に、脳をオフにすることができないように感じることがありますよね。思考や不安が出てきて、眠りに落ちることを妨げるかもしれません。そして寝れない日々をいくつか超えたのち、異常な疲労感に苦しみます異常な疲労感に苦しみます

不眠症は、命にかかわる病気ではありません。しかし、それに苦しむ人の人生の質を奪います。不眠症の脳というのは、集中したり、新しい情報を得たり、簡単な刺激に効果的に反応することができないということを意味します。

これらすべてが悪循環を生み出して、休息不足がストレスを増幅させます。少しずつ、一時的な不眠症から慢性的な睡眠障害になっていきます少しずつ、一時的な不眠症から慢性的な睡眠障害になっていきます。これは対処が簡単とは言えない問題です。質の高い睡眠の欠落は、交通事故の原因のひとつでもあります。

1986年のチェルノブイリ原発の事故は、従業員が十分な休息を取れていなかったことによる人為的過誤です。長期にわたるストレス関連の不眠症は、社会的・肉体的・認知的能力の低下を引き起こします。これによって、鬱を引き起こすこともあります。

「不眠症は大食漢だ。考えていないことについて考えることも含め、どんな思考も食い尽くす。」

-クリフトン・ファディマン-

寝られない
ストレス関連の不眠症:その原因

「心身医学ジャーナル」という雑誌に、チャールズ・M・モーリンとシルヴィ・ロドリゲスが行った研究が発表されています。この研究では、私たちの多くが思っていたような結果が導き出されました。どんな人も毎日ストレスは感じるものですよね?しかし、時にストレスに支配されてしまうことがあります。こうなってくると、もうどうしようもありません。

脳がこれらのストレスを生み出す状況をコントロールすることができないと認識する脳がこれらのストレスを生み出す状況をコントロールすることができないと認識すると、異常活性化状態に陥ります。小さな問題を異常に受け取って、すべてが脅威になり得ます。少しずつ、思考が重くのしかかってくるような状態に陥っていきます。思考に巣食われて、不安になって、夜中に恐怖でいっぱいになります。

逆に、適切な対処法を持つ人は、ストレスを適切に処理します。このようなスキルによって、破滅的な思考の侵入を防ぐことが可能です。

「最も一般的な不眠症の原因はシンプルだと思う。それは孤独だ。」

-ヒース・レジャー-

慢性的な不眠症の特徴と影響

ストレス関連の不眠症は、どんな身体的疾患にも関連していません。この病気の兆候を見ていきましょう。

  • 眠りにつけない。
  • 夜何度が起きて、もう一度ねつけない。
  • 寝るための心地よいポジションが決まらない。
  • 侵入的思考や脳内イメージ。
  • 悪夢。
  • 消化器系の痛み、震え、夜間の頭痛。
ソファに座る男性

ストレス関連の不眠症は、2日から2週間と一時的なものであるときもあります。しかし、3週間以上続く慢性的な不眠症になることもあります。後者のケースでは、患者は次のような症状を見せます。

  • いらだち。
  • 疲労。
  • 集中できない。
  • 仕事のパフォーマンスの低下。
  • 身体の不調 : 筋肉の痛み、消化問題、頭痛。

1カ月経つと、情動不安、無関心、無力感を感じ始めます。テキサス大学の研究によって証明されているように、慢性的な不眠症によって、多くの場合鬱をひきこします。

ストレス関連の不眠症と戦う方法

テキサス大学のダニエル・テイラー教授は、学術雑誌「インターナショナル・レビュー・オブ・サイキアトリー」に発表された記事の中で、不眠症を解消したい多くの人が心理的治療ではなく薬に頼ってしまうということを話しています。

患者が引き金となるものを知らなかったら(この場合はストレス)、心理的な障害を発症してしまうかもしれません。だから、認知行動療法は最も効果的なストレス関連の不眠症の改善方法です。

夕日

いくつかの簡単な方法を組み込んでみることも役に立ちます。

  • 快適なベッドを選び、適切なマットレスを使用するようにする。
  • 光や音などの外的な刺激を最小限にする。
  • 寝室の空気を入れ替えて、加湿する。
  • 睡眠時の室温は、16度~18度に設定する。
  • ルーティーンを作る。毎日同じ時間にベッドに入る。
  • 就寝1時間前には、テレビを見ること、パソコンやスマホの使用を避ける。読書をして就寝するほうが良い。
  • 夕食に重いものを食べることを避ける。
  • マインドフルネスのような活動を行うと、ストレス関連の不眠症の対処に役立つ。瞑想が組み込まれた呼吸テクニックも試してみる瞑想が組み込まれた呼吸テクニックも試してみる

睡眠障害が2週間以上続くようであれば、専門家に相談してみてください。異常活発な精神や心配になるような思考は、睡眠を阻害するだけでなく、生活の質も奪い去ります。

「不眠症を抱えるとき、本当に寝ることも、本当に起きていることも出来ない。」

-チャック・パラニューク-

  • Baglioni, C., Battagliese, G., Feige, B., Spiegelhalder, K., Nissen, C., Voderholzer, U., … Riemann, D. (2011, December). Insomnia as a predictor of depression: A meta-analytic evaluation of longitudinal epidemiological studies. Journal of Affective Disorders. https://doi.org/10.1016/j.jad.2011.01.011
  • Gross, CR, Kreitzer, MJ, Reilly-Spong, M., Wall, M., Winbush, NY, Patterson, R.,… Cramer-Bornemann, M. (2011). Reducción del estrés basada en la atención plena versus farmacoterapia para el insomnio primario crónico: un ensayo clínico aleatorizado y controlado. Explore: The Journal of Science and Healing , 7 (2), 76–87. https://doi.org/10.1016/j.explore.2010.12.003
  • Morin, C. M., Rodrigue, S., & Ivers, H. (2003). Role of stress, arousal, and coping skills in primary insomnia. Psychosomatic Medicine65(2), 259–267. https://doi.org/10.1097/01.PSY.0000030391.09558.A3
  • Zayfert, C., & De Viva, J. C. (2004). Residual Insomnia Following Cognitive Behavioral Therapy for PTSD. Journal of Traumatic Stress17(1), 69–73. https://doi.org/10.1023/B:JOTS.0000014679.31799.e7