正しく理解しよう!共同親権の法的側面

2019年11月11日
親の責任と共同親権は、しばしば混同される用語です。今回の記事では、二つの概念と離婚の条件において何を意味するのかを分析します。

共同親権の持つ法的な側面は、いくつかの規則を中心にさまざまな区分がありますが、親の責任という概念をまず最初に考えることが大切です。

親の責任とは、親として自分の子供に対して持っている権利と義務が含まれていますが、その一方で、親権という言葉と後見人という言葉が存在します。

これは子供を育て、密接に連絡を取り合う権利と義務で、原則として、どちらの概念にも父親と母親が当てはまります。

したがって、親としての責任を持つと同時に、親権と後見人としての役割を持つのがほとんどですが、それが常に正しく機能するわけではありません。

未成年者に対して親の責任や義務を負いながら、親権を持たない場合もあります。また、親としての責任を失うと、後見人としての役割や親権を持っていたとしてもそれを失うことがあります。

共同親権 法的側面 子供への影響

離婚後の後見人としての役割と親権の問題

この問題に関する法律は各国で異なりますが、通常は、できる限り子供に悪影響を及ぼさない措置を講じることを目指します。

法律が課す義務は親の責任に起因するため、世界の中では、両親に等しく権利が行くことが多くあります。

そのため、離婚の際にどのような合意やどちらかの親に単独親権が渡ったかに関係なく、親としての義務はどちらの親にも残っています。

こちらもご参考に:共同養育:新しい子育ての形

共同親権

前に述べたように、後見人としての役割とと親権(親の責任から独立した概念とここでは考える)には、子どもの生活を保護することと、子供の世話が含まれます。

離婚の際には親権をどうするかを決定します。どちらの親も親権を持つ「共同親権」と、片方の親が親権を持つ「単独親権」があります。

また、片方の親が単独親権を持ち、子供と一緒に生活することになっても、もう片方の親にも子供に会う面会の権利が与えられます。

共同親権の場合は、親が子供の世話を「共有」します。

ご存知ですか?:離婚した親を持つ子供の経験

共同親権の法的側面

前述のように、共同親権には正しく理解すべき重要な法的側面があります。

これは離婚の過程において、両者が同意した場合に共同親権になりますが、この合意は、裁判所によって認められる必要があります。そして共同親権という決定は、未成年者や子供の人生や日々の生活に利益をもたらす選択肢でなければなりません。

子供にとって不利になる場合は、共同親権が認められません。例えば、裁判官が家庭内暴力の兆候に気づいた場合などは、共同親権は認められません。

しかし、子供にとって「完全」に有益な共同親権の実施に関する行動指針は現在のところありません。現実として、親の家を行ったり来たりする共同親権は、子供の不安感を生み、未成年の幸せを守ることができない可能性があるという点も指摘されています。

両親の元を行ったり来たりする共同親権が良いと考える専門家もいる一方で、片方の親の手に委ねる単独親権の方が子供にとって良いと考える人もいます。

共同親権 法的側面 父親

18歳以上の子供は、自分の行きたい場所を自由に選択できます。

つまり、共同親権という規則の元で生活したくない場合は、両親のうちどちらかの親を選んで一緒に暮らすことも可能です。

  • Vázquez Iruzubieta, Carlos, Comentario al artículo 92 del Código Civil, VLex. https://app.vlex.com/#vid/59766433
  • Código Civil, artículo 92
  • Inmaculada Castillo, 1 de abril, 2019, Custodia compartida según el Tribunal Supremo, https://www.mundojuridico.info/custodia-compartida-segun-tribunal-supremo/