他人の幸せを喜べない理由とは?

2019年8月22日
羨ましい、無関心、他人がうまくやっているのが気にくわない。このような感情は普通です。しかし、他人の幸せを喜べないのには根本に何か問題がある場合もあります。多くの場合、それはうつ病による仕業なのです。

羨ましい、無関心、他人がうまくやっているのが気にくわない…このような感情を抱くことは普通です。しかし、他人の幸せが喜べないのには根本に何か問題がある場合もあります。多くの場合、それはうつ病による仕業なのです。

この記事では、このことに関する手掛かりとこの問題の対処法をご紹介します。読み進めるうちに他人の幸せを喜べるようになるでしょう。嫉妬心やわだかまりなく、他人の幸せが自分の幸せになる方法をご紹介します。

 

他人の幸せ 喜べない 理由

他人の幸せが喜べない理由とは?

誰かに良いことが起きると、それについて少し不安を感じることがあるかもしれません。あるいはこのように感じる人を知っているかもしれません。

一瞬のうちに怒り、妬み、不当だという気持ち、そして他のネガティブな感情が押し寄せてくるのです。つまり、喜びを分かち合わなければいけないにも関わらず、ほんの一瞬、他人の幸せを喜べなくさせる目に見えない力が働くのです。

いつもこのように感じていたわけではないかもしれません。なぜ他人の幸せを喜べないのか、その理由を考える必要があります。

“自分の幸せを見つけられなかったら、どうして他人の幸せを喜ぶことができるのでしょうか。”

他人の幸せ 喜べない 理由

合わせて読みたい『あなたは他人の妬みより強い

他人の幸せに舌打ちをしたくなる感情は反社会的な行動でもあります。また、うつ病によって他者との関係に影響がでることもあります。同様に、低い自尊心もこれに関連しています。

ある意味では、これは興味深い状況ともいえます。自尊心が低いと、自分にはなく他人にあるものが気になるものです。当然のことながらこのような考えは、恐らくあなたに欠けているものや自信のないことを思い出させるような状況に悪影響を与えることでしょう。

一方で、あからさまな敵意は嫉妬に由来していると考えられます。この感情は、歪んだ愛情と他人が所持しているものを否定的に価値する傾向との間に生じるものです。

同様に、ただ単に嫉妬心を抱いていることは病気ではありません。実際、リチャード・スミス教授は、嫉妬は生き抜くための本能だと主張しています。他者と比較することで自分の成功を測るのです。

他人が幸せであることが気に入らなかったり、あなたの人生にネガティブなものをもたらしたりする場合は問題です。それは解決するべき問題であり、是非次のステップを試してみる価値があります。

合わせて読みたい『妬みが深刻に、そして破壊的になる時

他人の幸せ 喜べない 理由

どうしたらいい?

ネガティブエネルギーが形作られるのを防ぎ、共感する力が奪われないようにしましょう。そして、人生は生きれば生きるほど、生きやすくなることを覚えておきましょう。次のことをヒントにしてみてください。

現状に感謝する

嫌な気分になるものにではなく、気分が良くなり視野を広げるものに集中するようにしましょう。

あなたの価値は他人が決めるわけではない

あなたは何を持っているかではなく、どんな人であるかです。あなたの可能性と奥深くに秘めるものがあなたという価値ある人を作り上げます。そして、他人からあなたの価値について説明される必要もありません。

他人の成功にインスピレーションを探すようにする

他人の偉業はあなたの成功の可能性を示すものであり、目標を達成するための道しるべになります。他人の成功を妬むのではなく、更なる高みを目指すモチベーションに変えましょう。

誰もが幸せになれることに気が付く

これはあなた自身の幸せも含みます。他人の成功によって自分が制限されていると感じてはいけません。世の中は広く、何百人もの成功者を生み出すことができるのです。

未来に自信を持つ

自分にとって幸せな場所が見つかると信じましょう。人生の「なすがまま」なわけではありません。自分を磨くことで幸せを掴めるでしょう。そして最後に、自分自身に慰めを見い出し、ポジティブ思考で自分を奮い立たせましょう。