チームスポーツと個人の成長の関係とは?

この記事を読み、チームスポーツと個人の成長の関係を学びましょう!
チームスポーツと個人の成長の関係とは?

最後の更新: 23 3月, 2021

チームスポーツは、個人の成長に影響を与えます。スポーツは、身体的および精神的健康の永遠の源です。直接的そして統制的にエネルギーを放出するのに役立つだけでなく、個人の成長を誘発することも可能なのです

スポーツは、人生のすべてのステージにおいて特別に素晴らしいツールです。まだ幼く人格形成をする時期には、特にこれが当てはまります。

幼少期や思春期は非常に大切な時期です。人が最も傷つきやすい時ですよね。そのため、この時期に起こることは個人の発達に良くも悪くも影響します。さらに、個人の成長にも関わるのです。

多くの場合、スポーツは共通の目標に向けて努力する最初の場となります。その結果、個人的な損得をスポーツのために犠牲にすることを学びます。

例えば、サッカーチームでフォワードのポジションにつきたい子どもがいるとします。しかし、チームとしては、ディフェンスについてもらった方が良いということもあるでしょう。これが、交渉したり、ためらったり、寛大さと犠牲がもたらす効果の良さがわかる機会となるのです

この記事では、チームスポーツが持つあらゆる利点についてお話します。まずは、個人の発達について見ていきましょう。

チームスポーツでの個人の発達とは?

個人の発達とは、自分の潜在的な長所を探り、それを鍛えるプロセスです。人生に意味を与えたいというニーズや目的を達成する過程において、自分の興味により動機づけられた目標、欲求、野心を叶えようとします (Dongil E. and Cano A., 2014)。

この発達は、育った環境や個人の性格、置かれた社会など多くの要素に依存します。生物学的プロセス、個人的および社会的プロセスが個人の発達に関わると言うことができるでしょう

エリクソンの漸成的発達理論は、人には発達の基礎的計画があると主張します。この計画で、すべての部分が構成されるのに加え、すべてが機能するまで、成熟や活動に適切な時期がそれぞれあるというのです(Bordignonより引用 ,2005)。

個人の成長 スポーツ

チームスポーツ

個人の発達の定義、導入部での説明を考えると、これがスポーツと関係していることが分かります。

チームスポーツでは、複数のチームメイトが試合の目標に向けて協力、協働します。共通の目標は、チームのメンバーに認められたもので、同意された戦略を使い達成されるべきです

また、事前に設定した目標の達成が、集団のモチベーションになっていると考えることができます。スポーツに参加するためには、参加者が従うべき明示的なルールがあることを理解することも重要です。予想できるかと思いますが、このルールは試合、チーム、参加する人すべてを尊重することと関係しています。

そして、このルールが尊重されない場合、スポーツごとにレフリーや審判からの制裁があるでしょう。また、相手チームや自分のチームからも罰を受けます。このスタンダードが、アスリートをまとめ、個人や集団からスポーツを守っているのです

スポーツが個人の発達を促すことを考えると、チームスポーツにはたくさんのメリットがあります。また、練習により高めることができるスキルや価値観も養うことができます。

  • 所属感
  • チームワーク
  • 尊敬
  • 決断
  • 忠誠
  • 障害を乗り越えること
  • 鍛錬
  • 責任
  • 共感
  • 平等の理解、そして、差別をしないこと
  • 積極的傾聴
  • 余暇の過ごし方を学ぶこと
チームスポーツ 個人の成長

まとめ

チームスポーツをする方法はいくつもあります。サッカーや野球に人気が集まりやすいようです。これに加え、ラグビー、ハンドボール、水球、シンクロナイズドスイミング、バレーボール、ラフティングなどもあります。これらはすべて、同じ価値観を養い、同じスキルを身につけるのに役立ちます。

まとめると、大切なのは、人生のすべての面での発達、成長を促す活動に参加することです。これは、自律し、責任を持てる人になるのに役立ちます。

こちらの記事もおすすめ
スポーツにおけるマインドフルネス
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
スポーツにおけるマインドフルネス

歴史上最も有名なサッカー選手のひとりであるペレは、一つ明確にしていることがありました。「すべては練習の賜物」だということです。これはスポーツにおけるマインドフルネスにも当てはまることを考えると、納得がいきます。練習すればするほど、上手になる。さて、これは実際に正しいのでしょうか?



  • Bordignon, N. A. (2005). El desarrollo psicosocial de Eric Erikson. El diagrama epigenético del adulto.
  • Buceta, J. M. (1995). Interveción psicológica en deportes de equipo. Revista de psicología general y aplicada: Revista de la Federación Española de Asociaciones de Psicología48(1), 95-110.
  • Collado, E. D., & Vindel, A. (2014). Desarrollo personal y bienestar. Sociedad Española para el Estudio de la Ansiedad y el Estrés. España.
  • Garcia Mas, A., & Vicens Bauzá, P. (1994). La psicología del equipo deportivo: Cooperación y rendimiento. Revista de Psicología del Deporte3(2), 0079-89.
  • Salguero, A. R. C. (2010). El deporte como elemento educativo indispensable en el área de Educación Física. EmásF: revista digital de educación física, (4), 23-36.
  • Sanmartín, M. G. (2004). El valor del deporte en la educación integral del ser humano. Revista de educación335, 105-126.