トランスジェネレーショナル・トラウマとは?

2018年5月19日 in 感情 0 シェア済み
トランスジェネレーショナルトラウマとは?

トランスジェネレーショナル・トラウマは、精神的、肉体的、そして社会的苦しみが子孫へ受け継がれることを意味します。これは、ただ親などから学んだ態度や考えのようなものではなく、もっと深いものです。また、それは遺伝的な影響を指し、どのように環境的影響が特定の遺伝表現を変化させているのかを示します。

これはそれほど新しいものではありません。実際に、トランスジェネレーショナル・トラウマの概念は第二次世界大戦の数十年後に生まれました。そして、様々な研究がホロコーストを生き延びた人の子どもや孫がトラウマ的な症状を見せたと明らかにしたのです。悪夢や、感情と行動の問題は、祖父母や親のトラウマが元で影響しているのです。

「心は内なる成長や環境の影響、そして教育を通して体のように発達します。そして、その発達は体の病気やトラウマによって阻害されることもあるのです。」
-ウンベルト・エーコ-

ウンベルト・エーコの考え方では、育て方と教育によって決定されます。また、意識的、または家族に囲まれて持つ無意識の記憶などもその役割を果たします。そして、過去は様々な方法で現在に出現しようとするのです。

しかし、トランスジェネレーショナル・トラウマはその影響からは程遠いものかもしれません。上記でも述べたように、遺伝的レベルで影響を及ぼすこともあるのです。

栄養失調を例に挙げるとします。そして、恐怖や苦しみが持つ遺伝的影響がコルチゾール値の上昇を原因とすると仮定します。すると、その数値の上昇は数年で体を壊してしまうのです。

制御や抑圧のされていないトラウマは、さらなるトラウマ的ストレスや慢性うつ病を引き起こすことがよくあるのです。

また、祖先が苦しんだトラウマで子孫が同じような症状や病気にかかるとは限りませんが、、その子孫は他の人より不安やストレス、そしてうつに対して脆くなるでしょう。では、もう少し掘り下げていきましょう。

赤ちゃん、子供、大人の手

トランスジェネレーショナル・トラウマ:もう一つの例

アンドレアは幼少期から思春期にかけて性的虐待を親族から受けていました彼女は間違った環境で育ち、彼女の母親から虐待も受けました。

彼女が18歳になって家を離れることが出来るようになった時、彼女はそのトラウマに対処する心理的な助けを求めようとしませんでした。彼女はただ忘れたい、そして人生からすぐにその経験を閉ざしたかったのです。

彼女に残ったその傷は日常にも現れました。不安や摂食障害、自尊心の低下、過敏症、うつ病、そして不眠症などに悩まされていました。さらに、彼女は免疫システムが弱く、風邪や感染症、そしてアレルギーなどにかかりやすくなりました。

彼女には現在7歳の息子がいて、その子は彼女の全てです。そんな息子の為に、彼女は安定と強さ、そして自分を大切にする必要がありました。しかし、彼女は子育てが日に日に難しくなっていることに気付きました。

息子はよく眠らず、注意力の問題や怒りを制御が出来ない、そして、反抗的になったのです息子の学校から電話がかかってきた時、彼女は母としての能力を疑われているのではないかと感じたり、「何かがおかしい」と思うようになりました。

考え込む女性

対処出来なかったトラウマと遺伝への影響

精神分析家でカリフォルニア大学の教授でもあるピーター・ローウェンバーグは、彼女が最終的にすべきことは、母としての役割を考え直すことだと述べました。

彼はトランスジェネレーショナル・トラウマの研究で最前線にいるエキスパートです。彼は、トラウマや悲しみに立ち向かわなかった影響は後に様々な形で遺伝として現れると発表しました。

  • 例えば、妊娠中の血中コルチゾールの数値は胎児の発達に影響を与えます。実際に、精神生物学者のビーバン・ヴェン・ベルグは、この期間に高いストレスや不安を経験すると、胎児の生物的なシステムを「プログラム」することがあると述べました。その為、生まれてきた赤ちゃんは様々な病気を患いやすくなるのです。
  • 一方、ピーター・ローウェンバーグの説明によると、対処していない悲しみやトラウマはニューロンの「短絡」の一種だと言われています。これは、祖先が経験したトラウマが子孫のDNAに警告し、集団的、そして無意識的に影響するのです。

エピジェネティクスとトランスジェネレーショナル・トラウマ

生物学において、全ての人間は母親と父親から遺伝子をもらいます。そして、親の遺伝子が私達の身体的特徴や知性(ある程度は)、そして、病気を受け継ぐ傾向を決定します。

しかし、家系の染色体上に刻まれているトラウマを受け入れるのは難しいことです。

そして、エピジェネティクス(遺伝的影響)はオーソドックスな遺伝子からこの現象を説明する重要な飛躍を作り出しました。私達の生活習慣や住む環境、食生活、そして特定のトラウマ的な出来事は、子孫に遺伝子の変化を与えるのです。

これは、「エピゲノム」と呼ばれる小さな化学物質によって説明することが出来ます。これは、要素に応じて特定の遺伝表現を変更する魅力的な物質なのです。

マトリョーシカ

すでに、マウント・シナイ病院の多くの科学者は、ホロコースト生存者のトラウマ的ストレスの影響が、その人達の遺伝子を変化するエピゲノムを活性化させたことを明らかにしています。こうして、彼らはこのトラウマを次の世代へ様々な形で伝えていたのです。

「しかし、トランスジェネレーショナル・トラウマは親や祖父母の痛みが100%自分に影響するという意味ではありません。これは、私達にはうつ病や不安症、睡眠障害、過敏症などに高い確率で苦しむ可能性があるという意味です。」
シェアする

アンドレアがすべきことは、過去に対して適切に対処する方法を学ぶことです。そうすることで、彼女のトラウマを克服することが出来ます。このプロセスを通して彼女が得る強さは、彼女にも息子にとっても最高の自分でいれるように受け入れることを可能にします。そして、彼女は息子に必要なものを与えることが出来、彼の行動を助けられます。すると、彼女は息子を強く、幸せで、そして、感情的に成熟した人間に育てることが出来るでしょう。

あなたへおすすめ