統合失調症の認知機能障害:原因と影響

2019年11月27日
認知機能障害は、統合失調症の発症を警告する初期の兆候である傾向がありますが、逆に、これらの認知機能障害が原因で、適切な診断が困難になる場合もあります。

統合失調症における認知機能障害は重症化する可能性があり、多くの場合、その機能的な問題に関連しています。残念ながら、具体的な神経心理学的統計データがなければ、認知機能障害の原因を特定することは容易ではありません。

認知機能障害は、統合失調症の陽性症状(幻覚、思考障害、妄想など)ではないように見えるという点に注意することが重要です。現時点では、幻覚または妄想の重症度と認知障害の深刻さの直接的な関係性をあらわす証拠は発見されていません。

統合失調症の患者は、精神病の症状が現れる前に、注意力、適応力、または記憶力に関連する認知機能の変化をしばしば経験します。その一方で、精神病の症状が現れて注意力やワーキングメモリ(作業記憶)に関するいくつかの認知機能の変化が起こっても、比較的安定しているケースもあります

認知機能の変化は、統合失調症の陽性症状および陰性症状とは無関係であると考えられます。

長期入院後に患者が退院する場合など、陰性症状が改善されても、認知機能障害の症状は同じままか、さらに悪化することがあります。これまでにわかっているのは、この2つの要素は互いに比較的独立しているという点です。認知機能の変化と陰性症状は、その相互に作用する方法により密接に関係しているにも関わらず、この二つは比較的独立しているため、その関連性を分析するのは容易ではありません。

一般に、物事への関心を失い、予定や計画から自分が隔離されていると感じるとき、認知能力に影響を与えます。つまり、認知機能の変化と統合失調症の陰性症状という変数の組み合わせは、統合失調症の予後により大きな影響を与える可能性があるということです。

ご存知ですか?:統合失調症の陽性症状と陰性症状

統合失調症 認知機能障害

統合失調症における認知機能障害の影響

ここまでで述べたように、統合失調症における認知機能の変化は深刻な場合があります。認知機能障害が起こると、患者の自律性だけでなく日々の課題や仕事を実行する能力が制限されます。

  • 認知機能障害は、明示的な記憶の不足と注意を保持する力が欠如するために、患者の社会的機能に影響を与える可能性があります。
  • 実行機能、明確な記憶、ワーキングメモリ、および持続的な注意力の欠如は、患者の仕事における能力や作業に影響を与える可能性があります。集中力の維持、情報の保持、そして新しいことを学ぶ能力が欠如します。
  • 実行機能の欠損、明示的な記憶の欠損、およびワーキングメモリの欠損は、自立した生活能力に影響を与える可能性があります。いくつか例を挙げると、料理、買い物、衛生面などの日常生活の動作を遂行する能力に影響します。

統合失調症の人は、何かに注意を払うことや意思決定を行う際の情報処理に苦労する傾向があります。また、学習した直後に、その新しい情報を使用するのに苦労することもあります。

統合失調症の認知機能障害の原因

統合失調症における認知機能障害の原因を、研究者たちはまだ突き止めることができていません。一部の専門家は、これらの認知機能障害が抗精神病薬による治療の副作用である可能性を示唆していますが、その仮説を裏付ける十分なデータはないのです。

様々な研究により、従来の抗精神病薬は注意力などのいくつかの基本的な心理プロセスに対して、中程度ではあるものの、肯定的な効果があることが明らかになっていますが、運動能力にも影響を及ぼす可能性があるという欠点もあります。

抗精神病薬が統合失調症における認知機能障害の原因であるかどうか、またその解決方法は明らかになっていませんが、今後の研究により、この課題によりスポットライトが当たる可能性もあります。

こちらもご参照を:統合失調症に統合的心理療法を使用する方法

2018年、バスク大学UPV / EHUの研究者は、アルツハイマー病患者の認知機能低下を遅らせるいくつかの薬の有効性を評価した研究を発表しました。またこの研究を行う過程で、統合失調症患者における認知機能の変化に有意な改善が現れたと判断しました。

研究者は、世界レベルの新しい臨床試験の分析を通じて、統合失調症患者の認知機能の回復を保証する薬物研究における一連の方法論的な改善を行いました。

統合失調症患者の認知機能障害は、抗精神病薬による治療を行う前に検出される傾向があります。統合失調症 認知機能障害

非薬理学的治療

抗精神病薬の主な問題の1つは、統合失調症の陽性症状の治療にのみ有用であるという点です。投薬による治療は、統合失調症の陰性症状に対してはあまり効果的ではないため、非薬物ベースの他の治療を行うのも重要です。

たとえば、作業療法は注意力などの問題の治療に役立ちます。刺激、集中力、工作などの手を使う作業に焦点を当てた運動や療法により、患者の注意力と集中力を向上させることができます。すべての治療は、個々の患者のニーズに合わせて調整する必要があるのです。

統合失調症の患者には解剖学的そして神経化学的な変化が起こるのが一般的ですが、この病気の持つ異質性が、一般的な神経心理学的統計データを構築するのを不可能にしています。

  • Green M F. What are the functional consequences of neurocognitive deficits in schizophrenia? Am J Psychiatry 1996; 153: 321-30.
  • Hoff A L, Kremen W S. Neuropsychology in schizophrenia: an update. Curr Opin Psychiatry 2003; 16: 149-55.
  • O’Carroll R. Cognitive impairment in schizophrenia. Advances in Psychiatric Treatment 2000; 6: 161-8.