トランスセオレティカルモデルとは?

05 6月, 2019
トランスセオレティカルモデルにおける「ステージ変容」によれば、4、5、または6つの変化の段階が存在し、これらは車輪のような形をしています。 つまり、輪を描いています。中毒的なふるまいをやめたい人は、それに沿って滑っていくように、様々な段階を輪のように回っていきます。

トランスセオレティカルモデルのステージ変容理論は、中毒的なふるまいを変える方法を理解する目的で生まれました。心理学者のプロチャスカとデクレメンテが、1982年にこの考えを提唱しています。

この2人の研究者は、なぜどのようにして人は変わるのか、自分だけで行うのか、セラピストの力を借りて行うのかということを理解しようと試みました。習慣(麻薬の使用、加工食品の消費など)をやめたい人がとる段階を要点化しています。彼らが構築したモデルは、ほとんどどのような目標にも当てはまります。

これらの段階は、人が自分自身で作り出そうとしているどんな変化にも適用できます。また、セラピストの力を借りている場合でも当てはまります。セラピーを受けいている、受けていないに関係なく、どんな人も似たような段階を経験します。そして、類似した方法で物事を処理します。

 

このモデルでは、動機をその人の現在の状態、あるいは今の状況を変えるための準備段階として見ることができます。これは非常に重要です。多くの場合、「動機」という言葉は誤って使用されているからです。さらに、動機はどんな個人的な変化の過程にも必要なものです。

「『人の行く道は、それに固守して居れば、どうしてある定まった結果に到達する。それは前以て分りもいたしましょう』と、スクルージは云った。『が、その道を離れてしまえば、結果も変るものでしょう。貴方が私にお示しになることについても、そうだと仰しゃって下さいな!』」

-『クリスマスキャロル』 、チャールズ・ディケンズ

トランスセオレティカルモデルにおける、変化の輪

トランスセオレティカルモデルにおける「ステージ変容」によれば、4、5、または6つの変化の段階が存在し、これらは車輪のような形をしています。 つまり、輪を描いています。中毒的なふるまいをやめたい人は、それに沿って滑っていくように、様々な段階を輪のように回っていきます。

これを「輪」と呼ぶことには理由があります。どんな変化の過程でも、安定した変化に行きつくまで、人は過程の中をグルグル回ります。例えば、喫煙者の研究で、喫煙者は喫煙を達成するまで、3~7回輪のように段階を巡り巡っていることを、プロチャスカとデクレメンテは発見しました。

この輪の中で、再発はごく自然なことです。この2人の研究者は、これを変化の別の段階として見ています。心理学者は、よく患者に対してこう話しています。「どんな再発も、回復への近づく一歩だ」。

もちろん、再発するのように促しているわけではありません。患者に、再発が起こったとしても、やる気をそがれずに、がっかりしなくてもよいのだ、ということを伝えたいだけです。

 

トランスセオレティカルモデル


予期前段階

変化の過程の初めの地点は、「予期前段階」です。これは、問題があると思っていない、あるいは人生に置いて何か変化を起こす必要があると思っていないということを意味します。「予期前段階者」は、意識をしていなくとも、問題を抱えていることを知っている人です。

予期段階

問題を意識し始めたら、両面的な感情を抱くようになります。これが、予期段階です。この段階にいる人は、変化に関して考え、同時にそれを拒否します。このような経験の一番良い説明としては、変化の理由と今までの生活を維持する理由を行ったり来たりする状態です。

飲酒問題があり、この段階に達した人は、このようなことを口するかもしれません。

「私には飲酒問題はないと思う。もしかして飲みすぎることはあるかもしれないけど、友達より飲んでいるとは思わない。やめようと思えば、飲酒をやめることは出来る。」

お分かりいただけると思いますが、問題があるということを認識しているかもしれませんが、自分は統制が取れていると思い込もうとしています。

トランスセオレティカルモデル 段階

準備段階

トランスセオレティカルモデルでは、準備段階(決断)が機会の窓を開きます。これによって、人生の新しい段階が開かれます。 この段階にいる人が実行段階へと移った場合、変化の過程は前に進みます。そうでなければ、予期段階へと戻ります。

実行段階

実行段階は、多くの人が治療の開始と見ている段階です。ここから、変化を起こす助けとなる行動を起こし始めます。

例えば、多くの人は自ら喫煙をやめます。この段階での目標は、解決したい問題に変化を生み出すことです。しかし、変化の意図を持っているだけでは、変化を維持できるという保証はありません。

維持段階

この段階では、再発することなく、最後の段階で達成した変化を維持することが最大の挑戦です。麻薬をやめたり、飲酒を減らしたり、体重を減らしたりなどということは、変化の初期段階です。次にあるのは、変化の維持です。

トランスセオレティカルモデル 維持段階


再発

最後に、再発が起こってしまったら、この段階に陥る前の場所に戻れるようにしましょう。再発は、自然なことです。長く持っていた行動様式を変えるようとする時には、再発は起こりえるものなのです。

トランスセオレティカルモデルは、常に動いている「輪」です。中毒的なふるまいをやめたい人は、その変化を維持することができるまで、これらの段階を患者自身が踏んでいきます。 

  • William R. Miller y Stephen Rollnick. La entrevista motivacional. Ed. Paidós. Barcelona, 1999.
  • Prochaska, JO, y DiClemente, CC (1983). Etapas y procesos de auto cambio de fumar: Hacia un modelo integrador de cambio. Revista de consultoría y psicología clínica , 51 (3), 390-395. https://doi.org/10.1037/0022-006X.51.3.390
  • Prochaska, JO, y Diclemente, CC (1986). Hacia un modelo integral de cambio. En el tratamiento de conductas adictivas (págs. 3–27). Boston, MA: Springer US. https://doi.org/10.1007/978-1-4613-2191-0_1