ヴィクトール・フランクルの言葉:愛・意味・勇気

19 7月, 2020
人生で困難を経験し、それを乗り越えた人達から、私達は大事なことを学ぶことができます。ヴィクトール・フランクルはその代表です。ヴィクトール・フランクルの言葉は、私達の心に響きます。ここではその中からいくつかご紹介します!

ヴィクトール・フランクルの言葉は、人生における素晴らしい教訓です。自分の世界が真っ暗で出口が見えないような時、彼の言葉は希望を与えてくれます。また、それは単なる言葉ではなく、フランクルの経験から出た言葉なのです。

ヴィクトール・フランクルは、オーストリア人の精神科医、神経科医、哲学者であり、スピーチセラピーの創始者でもあります。囚人となってナチスの複数の強制収容所に送られ、自身の目でホロコーストの恐怖を体感しました。そしてここから、残酷な逆境に耐えた経験が描かれた、有名な著書『夜と霧』が生まれました。

作品を通し、ヴィクトール・フランクルは、感覚や意味のある人生の大切さを教えてくれます。また、周囲の状況を変えることが不可能な時、自分を変えることの必要性を強調しています。

フランクルはレジリエンスと自己向上の手本であり、言葉と共に素晴らしいレガシーを残してくれました

ヴィクトール・フランクル 言葉

ヴィクトール・フランクルの言葉

涙の勇気

「涙を恥じることはなかった。涙は、偉大な勇気、苦しみと闘う勇気をもっている証だから」

泣くことは弱さの印ではなく、勇気の印です。涙には、どう感じているか気持ちを表現する勇気があります。自分の首を絞めている何か、内側に囚われている何かを開放します。あふれる魂を表現するのに言葉だけでは足りない時、涙が語るのです

涙はストレスの発散や伝達となり、自分が苦しんでいること、沈んでいること、そして私達は似ていることを人に示します。涙は人の共感やサポートを誘います。

人生の意味

「人生の意味を見つけられない時、人は快楽で自分をまどわす」

ヴィクトール・フランクルにとって、人生の意味を求めることが生きることの真髄でした。しかしそれを見つけることができいない時、力や快楽が行動の原動力になります。これらに生活を支配され、意味のない、空虚な存在を感じることになります。

幸せを求めることが目的になってしまうと、このようなことが起こります。そして快楽のスパイラルにはまりますが、この快楽によって満たされることはなく、快楽は一時的な苦悩に対する麻酔にすぎません。

「人生の意味を見つけると、幸せが訪れるだけでなく、苦しみに立ち向かう力を得られる」

目的を持ち、人生の意味を見出すことは真の変化になります。逆境へ立ち向かう力など、すべてを変えることになります。人生の意味が見つかると、苦悩は挑戦へと変わり、人生におけるすべての難題に立ち向かうことが可能になるのです。

「私の人生の意味は、他の人が人生の意味を見出す助けになることである」

強制収容所での囚人生活、家族との別れを通し、ヴィクトール・フランクルは自分の目的が明確になりました。それは、人が人生の意味を見出し、心の痛みと向き合う助けになることです。フランクルのアプローチ全体が意味の探求を中心にしていたので、こういったことに動かされたのでした。

批判しないことの重要性

「もし自分が同じような状況に陥った時、自分なら同様の行動をしなかっただろうと正直に思えない限り、人を批判してはならない」

これはヴィクトール・フランクルの言葉の中でも、私達が常に心に留めておくべき言葉です。私達は日々、人を批判しがちです。こうすべきだと思ったように人が動かないと、その人を理解しようと努力もせず、批判する傾向があります

ここで私達は、人間はそれぞれの物語、状況、経験があることを忘れています。そして多くの人が、自分は何でもわかっていて、どのような状況でもどう行動すべきか知っていると考えているのです。

そこで、「あなたがその人であった場合、本当にそのような行動をとるか」ということを考えなければなりません。それが正しいか間違っているか、本当にあなたが言えることでしょうか。 あなたは人より優れているのでしょうか。ヴィクトール・フランクルの言葉がそう問いかけています。

姿勢の力

「これ以上状況を変えることができない時、私達は自分を変えるという挑戦を受ける」

「人がすべてを奪われた時、最後に残るのは自由である。与えられた状況で自分の姿勢を決め、自分の道を選ぶ自由だ」

この2つは有名なヴィクトール・フランクルの言葉です。人生における逆境に立ち向かう時の姿勢の重要性を示すために、スピーチ、本、授業などで、多くの学者や著者に使われています。

状況や人を変え、完璧な生活を作り、起こることすべてを自分の願うようにしようしても、当然これが叶わなかったという経験があなたにもあるでしょう。人生の多くの物事に対し、自分がコントロールできるかのように行動しても、私達は無力です。しかしながら、自分の人生に対する姿勢をつくることは可能で、これは誰からも奪われるものではありません。

自分を変える力があり、どこに行きたいか、どのように反応するか、何を選ぶか、自分で決めることができるのです

ヴィクトール・フランクル 言葉

真実と愛

「多くの詩人によって詩に注ぎこまれた真実、多くの思想家の究極の知恵に込められた真実を私は理解した。愛は、人間が志すことができる究極で、最大の目標であるという真実だ」

「人の性格の芯となるものをつかむには、愛しかない。愛さない限り、人の真髄を知ることはできない。その愛によって、本質的な性格や特徴をみることができる」

この2つは、ヴィクトール・フランクルの言葉の中で、もっとも深く知恵が溢れる言葉です。真実としての愛、目標としての愛、人を支える愛にまつわるものです。人は、誰かや何かに自分を捧げ、自分を忘れる時、自己超越が可能になるとフランクルは言います。

お分かりいただけたように、ヴィクトール・フランクルの言葉は、あらゆる人の興味を引くもので、人生の教訓になります。これらの言葉は、自分をよく知りたい、前を向きたい、本当に大切なものを忘れたくない時に役立つでしょう