ヴィゴツキー、ルリヤ、レオンチェフ:教育界における革命

· 2019年3月14日

20世紀の初め、社会主義革命後に北米の資本主義へ反対する中で新しい心理学の学派が生まれました。この新しい学派が解決しようとした最初の課題の一つが、需要に応じて台頭するであろう新しい教育システムを見つけることでした。新しいソビエト心理学の中でも最も重要な人物であり、改革的な教育システムを生み出したのが、ヴィゴツキー、ルリヤ、レオンチェフの3人です。

彼らは教育を問題の中核と捉え、後に続く世代がこの革命を引き継ぐのに必要になるであろう手段として捉えました。今日、彼らの科学研究は教育革命界において大変厳格な先駆的研究として捉えられています。この記事では、コミュニケーションや発達、教育の目的などに対する彼らの考えを見ながら、彼らのアプローチを深く見ていきたいと思います。

コミュニケーションモデル

当時彼らが目にした教育における最初の問題は、教室内でのコミュニケーションの欠如でした。彼らは、コミュニケーションが教師から生徒へと一方通行になっているため生徒が自身の学習において受け身になっていたのを目にしたのです。その当時の教育モデルは、教師が持っている知識を生徒に伝えるというものでした。そして、生徒は質問することなくその情報を吸収するのです。

講堂

この3人のソビエト心理学者達はこの考えを壊し、構成主義スタイルの教育に目を向けました。このモデルでは、学生は自分の知識を自ら構築するのです。言い換えれば、学習において生徒が主体となるのです。

彼らは一方通行的なコミュニケーションモデルを排除しました。生徒が自分で考えを構築できるようになるには、教室という場所は議論ができる場である必要があります。コミュニケーションは生徒と生徒の間で、また生徒から教師に向けて自由に起こるべきです。両者ともに話し、耳を傾ける準備ができている必要があります。

このタイプの授業における教師の役割は、全知の知恵を伝えることではありません。むしろ、生徒間での議論を導き、学びを育むことです。これは信じがたいほどに難しい作業ですが、学習が主体的なものだと、教育は著しく改善するということは何度も証明されています。

発達の重要性

彼らが観察した別の根本的な問題は、学習と発達がどのように関連しているかが明確に説明されていないことでした。ヴィゴツキーは、この原理を彼の「発達の最近接領域」という理論を通してその基礎を築きました。

ヴィゴツキーは、個人の認知的発達と学習を分けて語ることは不合理だと考えていました。発達と学習はお互いに循環する形で強化するものであるという理論を提唱したのです。

ヴィゴツキー

ですが、「発達の最近接領域」とは一体何でしょうか?この理論についてより詳しく見る前に、人間には2つの能力があることを理解することが重要になります。一つ目は自分の力で達成できる能力で、もう一つは講師の支えがあって達成できる能力です。例えば、生徒は数学の問題を自力で終わらせることができますが、教師に導いてもらえれば、もっと難しい問題を解くことができます。

「発達の最近接領域」は、人がサポートを得てできることから自分でできることを差し引いたものの差異です。そして、それが人が取り組める発達の理想的な領域です。

ヴィゴツキーによると、教育の目的は、発達の最近接領域内にある能力を援助なしで習得できる能力に変換することだと言います。これが起こると、個人は新しい発達の最近接領域を開拓することになり、進歩し続けることができるのです。学習と発達のサイクルはこうして続くのです。

教育の目的

こうした革命のリーダー達が問いかけていた重要な疑問の一つが「教育の真の目的とは何か」です。彼らは取り巻く現実を観察し、教育の目的が、生徒の潜在能力を開拓することからかけ離れていたことを目の当たりにしました。

そして、当時の教育の使命は人々に労働スキルを提供することであると結論付けました。市場に需要があった職種に適うようなスキルを教えることです。

言い換えると、教育は労働の分化を生み、与えられた仕事の担当分を満たせるように作られていたのです。少々の違いや例外はあるものの、同じことは私達の今の教育システムでも見られます。

楽しい学習

この心理学における新しいアプローチは、その仕組みを壊そうとしたのです。ヴィゴツキー、ルリヤ、レオンチェフは、全ての個人に自身の知的潜在能力を最大限にまで発達させる機会があるべきだと信じていました。

それはつまり、もちろん社会は持続のために必ず労働者を必要とするだろうということを念頭に置くということです。そういう意味では、学生にとって社会経済的な生活に直接関わることが理想的であると彼らは信じていました。学生は定期的に学校を離れ、社会を維持させるために必要な仕事を行うべきだと提唱したのです。

今日の社会における教育

今日、この3人の心理学者が壊そうと挑んできたシステムと現在のシステムにあまり違いはないことが容易く見てとれます。授業のほとんどで、コミュニケーションは一方通行のままで、各生徒の発達の最近接領域を最大限に伸ばすことができていません。

ヴィゴツキー、ルリヤ、レオンチェフによって提唱された革命的教育システムは、忘れ去られてしまっています。なぜでしょうか?なぜなら、教育の目的が各生徒の潜在能力の発達を除外し続けているからです。私達のシステムは、工場が製品を製造するように、労働者を生み出すことを求めているのです。

社会として本当に前進したければ、教育が鍵となります。生徒の個人的成長を無視する教育システムがある限り、進歩は不可能でしょう。ですが、こんなに大きな問題をどうやって解決できるのでしょうか?私達は、教育と社会の科学研究を通して、この疑問に答えようとし続けなければならないでしょう。