許しに関する7つのフレーズ

2018年8月10日 in 感情 0 シェア済み
鳩

許すことは同情の行為であり、解放です。相手に対して、そして自分にとってもです。精神の安定を保つためには、周りに寛容でいることが基礎となります。ひとつの章を終わらせ、次の章を開くのに必要不可欠です。恨みがある時の気分は良くないものです。そこで、今日は許すことを手助けするフレーズを紹介します。

自分を傷つけた相手を許すことはそう簡単ではなく、特に内なる自分は復讐のチャンスをうかがっています。行動が怒りの炎を大きくすることもあります。また、自分の愛する人や尊敬する人から受けた傷は、さらに難しいものです。同情の行為と先に述べたのはそのためです。魂の奥底に秘めた決断です。

許すことは誇り高い行為で、和解のプロセスの結果生じます。新たな同意も含まれます。生じた問題の原因となるような行動を繰り返さないという同意です。それは自分と人のためです。ここで、7つのフレーズを紹介します。

許しは簡単ではない

ベンジャミン・フランクリンの名言の一つが、許すことを手助けしてくれるでしょう。「この世界で最も難しいことは、秘密を守ること、苦しみを許すこと、時間を大事にすることである。

自分にとっても相手にとっても許しは簡単ではありません。どちらの立場であっても、寛大さを要します。許してもらう側は、間違いを認め、同じことを繰り返さないようにしなければなりません。また、許す側は、寛容に相手の欠点を理解する必要があります。

カップルと手

許しに役立つ2つの名言

マハトマ・ガンジーは、許しにまつわるたくさんの名言を残しました。許しは、彼の人生の哲学の中心でした。「許しは勇者のものである。過ちを許せるほど強い人のみが愛することを知る。

ガンジーは強さを必要とする2つの美徳、許しと愛を結び付けました。「許すことができない人は愛することもできない。」と言ったマーティン・ルーサー・キングも同様です。愛はいつも許しを伴う…許しはいつも愛を伴うのです。

許しの恵み

ウィリアム・シェイクスピアは許しの観点について言いました。許される側だけでなく、許す側にも利点があります。「許しは、優しい雨のように天から地へと降る。それは二重に恵まれている。許す側と許される側である。

ボート

過ちを忘れ許した時、人は成長します。受けた被害を忘れ、相手と平和を求めます。許される人にも利点がありますが、タダでと言うわけではありません。過ちを認め、行動が不適切だったと理解した人のみ成長できるのです。

許しの必要性

数ある許す理由の中で大切なものの一つが、人は誰でも過ちを犯すということです。それに関して、ハシント・ベナベンテが言葉を残しています。「人生で人に許される必要があるとき初めて、人は許すことを学ぶ。」人は、遅かれ早かれ許しを必要とする時が来ます。

また、いつも自分に厳しく、過ちを犯した時、自分を厳しく責めてしまう人がいます。いつも為すことすべてに関して謝らなければならないように感じます。孔子は言いました。「自分を許さない人は、全てを許しなさい。」これらの言葉は、精神の寛大さが求められるものです。

許すことで平和が訪れる

デミアン・ブカイは許すことで得られるものについて思い起こさせます。内省から生じたものの一つがこれです。「過ちを犯した時、平和を取り戻し、自由と心のバランスを取り戻す方法が許しである。そうして初めて傷を癒し、怒りで麻痺してしまうことを避けられる。」

花と女性

最後の言葉には迫力があります。怒りはとても強いもので、ひとりでに大きくなります。怒りが強烈で、長期にわたり私達の生活を脅かすと、最後に私達は麻痺してしまいます。感情を制限し前進することを妨害します。

皆がこの許しにまつわる言葉を思考の最先端に置いておくことができたら、どんなに素晴らしいことでしょう。許すことで私達は自由になり、成長します。心の底から許すことがとても重要です。単なる罪を消すための儀式ではなく、立ち止まり、考え直す時です。これを実行することができたなら、あなたも周りの人も本当の意味で成長することができるでしょう。

あなたへおすすめ