ゾルピデム:特徴と副作用

· 2018年10月6日

ゾルピデム、または商品名マイスリーは、不眠症といった時々訪れる睡眠障害の治療薬として使用されています。非ベンゾジアゼピン系の薬で即効性があり、なかなか寝付けない人、また夜間何度も起きてしまう人には強い味方です。

多くの人がすでに使用したことがあるでしょう。ゾルピデムは短期の不眠症対策として、もっとも処方されている薬の一つです。ここでいう「短期」とは、服用の期間が1〜2日、長くても1ヶ月ということで、これ以上長く使用すると、禁断症状が現れる場合があります。

実際、アメリカの空軍では、睡眠を取れるように、任務後のパイロットに使用されています。とても効果的で、即効性があり、ベンゾジアゼピンのように次の日にだるさが残ることもありません。

しかし、ゾルピデムがベンゾジアゼピンとは別物で、筋弛緩効果もないからといって、害のない薬だということではありません。長期で使用すると、依存してしまう可能性が高い薬です。

ゾルピデム:何のための薬か?

上記にもあるように、医師が短期の不眠症の治療のために処方することがあります。ベンゾジアゼピンのような効果があり、ガンマアミノ酪酸(ギャバ)に働きかけます。違いは、分子レベルでいうと、ゾルピデムとベンゾジアゼピンは異なる化合物だということです。またゾルピデムは骨髄に影響を与えることはありません。

  • 興味深いことに、他の薬に比べると、ゾルピデムが睡眠の構成(レム睡眠、ノンレム睡眠を含む)に与える影響は少ないとされています
  • 下肢静止不能症候群の患者にゾルピデムが処方されることがあります。高齢の方に特に有効だとされています。

ゾルピデムはZ薬の一つです。他には、ゾピクロンやザレプロンなどがあり、ベンゾジアゼピンのような効果があり、不眠症の治療に使用されます。

ゾルピデムの服用方法

他の薬のように、ゾルピデムは医師の処方が必要です。この鎮静剤をどのくらいの期間服用すべきかを決めるには、医師の判断が必要です。睡眠の質を高めてくれますが、服用の期間は最長でも4週間です。

即効性があり、7〜8時間の睡眠を取ることができます。もちろん、薬の効き目がある間は、運転など、注意が必要な行動は絶対に避けましょう。ゾルピデム服用後、2〜3時間で起きてしまった場合は、ふらつき、倦怠感、注意散漫、健忘などの症状が現れる場合があります。

錠剤

ゾルピデムの副作用

Z薬と呼ばれる薬は効果的で、その中でもゾルピデムはもっとも処方される薬です。しかし、頻繁に服用すると依存性が高いことを忘れてはいけません。耐性が高く、肝臓で素早く消化されます。また、鎮静剤であることから、悪い反応を避けるために、一緒に服用する薬や物質にも気をつけなければなりません。

ゾルピデムを習慣的に服用する場合は、以下のような副作用が現れる可能性があります。

  • 前向性健忘症
  • 眠気
  • 幻視
  • 口の乾き
  • ふらつき
  • 腸の問題(下痢や便秘)
  • 手足の震え
  • 耳鳴り
  • 関節の痛み
  • 重い生理
  • 頭痛
  • 夢遊行動

また、高齢者の方には特に鎮静効果の効き目が高いことも覚えておきましょう。高齢者の方は特に注意して医師の指示に従ってください。もしゾルピデムを医師の指示よりも長く服用した場合、高齢者の方は認知力の衰えや低下のリスクが非常に高くなります。

睡眠

ゾルピデムを服用すると、運転が難しくなり、事故に遭う可能性が高まります。偶然事故に巻き込まれるのとは別物です。鎮静剤のほとんどが、反応を遅くしぼーっとさせる働きがあるので、もう一度書きますが、医師から指示された期間を超えての服用は絶対にやめましょう。4週間を超える服用は絶対に避けましょう。

最後に、ゾルピデムは他の薬や成分、ビタミンサプリメント(ナチュラルであるかに関わらず)と反応することがあります。ですから、医師の指示に従い服用し、副作用の兆候がないか注意することが大切です。もし、副作用があらわれたら、すぐに医師に相談しましょう。