三つの答え:”違い”に関する物語

2019年11月5日
本日ご紹介するのは、自身の抱える問題の解決策を見つけようとするある夫婦の物語です。彼らは、様々な状況を経験した隣人たちに助言を求めます。そして最終的に二人は、期待していた以上のことを学ぶことになるのでした。

ここで紹介する”違い”に関する物語は、レフ・トルストイによる物語を脚色したものです。昔、あるところに大変厳しい冬が訪れる町がありました。冬になると、雪が毎日降り、住人たちを震えさせるほど低い気温になるのです。

この街に、子どものいないある夫婦が暮らしていました。二人は常に寒さを感じていました。少し温まることはあっても、快適に過ごせるほどの熱を集めることはほぼできません。彼らはこの状況に疲弊し切っていましたが、どう対応すべきなのかがわかりません。

一方、彼らの隣人の一人は、大きな家に大家族で住んでいます。彼は決して寒さに関する不満を口にすることはなく、むしろ冬の間も暖かな夜の時間を楽しんでいるほどでした。それに気づいた夫婦は、なぜこの隣人は自分たちのように寒さを感じないのだろうか、と考えずにはいられませんでした。

この隣人は、彼らに親切に答えます。寒さがとても厳しかったため、彼は非常に保温性の高い木材で壁と天井を強化するという予防策を取ったのです。夫婦の家も、この方法で暖かくなるかもしれません。

家の改造

夫婦は、自分たちの家の壁と天井が非常に脆いことに気づきます。そのため、二人は家を美しくて保温性の高い木材で強化できるよう、しばらくの間そのための資金を貯めることにしました。

夏が来ると、二人は耐えられないほどの暑さを感じ始めます。家の中はオーブン状態だったため、暑さをしのぐための唯一の方法は家の外に出ることだけでした。しかし彼らは、これは冬の間温かな家を手に入れるために払わねばならない代償だ、と考えていました。

しかし、次の冬が来ても、二人はまだ思っていたほどの暖かさを得ることができません。以前ほど凍えているわけではないものの、寒さを感じてしまうのです。この状況に腹を立てた彼らは、答えを得るために隣人の家を訪れます。

三つの答え "違い" 物語

二つ目の答え

夫婦は、この状況について隣人に話しました。隣人はしばらく考えると、おそらく二人には有能なストーブが必要なのだろう、と伝えます。そうすればきっと、夏の間は壁や天井に追加した木材を取り除いて涼しく過ごすことができ、冬にも厳しい寒さに耐える必要がなくなるでしょう。

そこで夫は隣人のストーブを確認し、同じものを買えるようにしっかりと覚えました。そのストーブはかなり大きく豪華で、良い熱を発してくれます。隣人の助言は、紛れもなく合理的なものでした。同じストーブを買うことで、確実に夫婦の問題を解決することができるはずです。

夫婦は再び、しばらくの間貯金生活を送らねばならなくなりましたが、最終的に、隣人のものと同じくらいの大きさのストーブを買うことができました。そして二人は、断熱用の木材を取り外し、中庭に積み上げておきました。次の冬は、この木材を燃やしてストーブを炊いたおかげで、初めて寒さを感じずに過ごすことができました。

三つの答え "違い" 物語

“違い”に関する物語

時は過ぎ、夏がやって来ました。計画通り、家は風通しが良くなり、快適です。夫婦はついに幸せを感じることができました。そして冬がやって来るまでに、二人は十分な量の木材を集めておきました。結局、ストーブはとても大きなものだったため、継続的に燃料を燃やす必要があったのです。

そして次の冬、彼らは新たにまた失望を感じることとなります。集めておいた木材は、たったの二、三週間しかもたなかったのです。そこで夫は、壁から木材を引き抜いてストーブにくべ始めました。当然のことながら、木材を取り外せば取り外すほど、二人はさらに寒さを感じました。

そしてついに壁の一面が実質的に全てなくなってしまいます。それでも二人は屋根の木材を使いづけました。隣人はこの光景を目撃しており、夫婦を心配して話をしにやって来ました。彼は、家を破壊してまでストーブで木を燃やしても無駄であること、そしてもし屋根を壊してしまえば、ストーブがあっても寒さから身を守れなくなることを説明しました。

夫婦は腹を立てます。二人は隣人の助言に従ったにも関わらず、問題を解決できなかったのです。それなのに今度はどんな忠告をしてこようというのでしょうか?隣人は、三つ目の答えを導きだします。彼の家は大きく、巨大な窓があります。このおかげで、彼の家族は夏の間暑さを感じずに済み、家の大きさに応じた大きなストーブが必要でした。そしてここにまさに”違い”があります。夫婦は、他人の問題を解決するために考えられた戦略を、それとは違った自分たちの問題を解決するために借りていたということです。

  • Tolstoi, L. N., & Arrizabalaga, D. N. (1907). Cuentos populares. Garnier.