ありがとう、そしてさようなら。

2018年6月20日 in 感情 0 シェア済み
女性が山道を1人で歩く

「ありがとう」と「さようなら」の2つは、言うのが最も難しい言葉です。感謝は4つの可能な態度に影響を受けることがあります。感謝したいと思っているのに、どのように伝えたらいいのか分からない人(もしくは恥ずかしいのか)や、社会常識として求められたときにだけ感謝する人がいます。一方で、感謝したいと思ってもいない人もいます。そして、感謝しなければならないことを知らない人もいます。

その一方で、「さようなら」があります。この言葉は本当に心を痛め、本当に言いにくいものです。私たちの何かが終わったことを知り、戻ってこないことが分かっている時に使う言葉です。別れの中には、私たちを引き裂き胸に刺さるものがあります。私たちは静かに座って、この5文字を言うことができません。これらのことを考えると、この両方のメッセージが必要となる時に心の準備をすることがどれほど難しいかを想像できるでしょう。しかし現実は、たとえ難しくても、その言葉を必要とする状況が存在する、ということです。

ありがとう、だけど。 。 。

私たちを傷つけるものは誰にでもあります。私たちに合っていないと分かっているのにもかかわらず、私たちは時々それらを私たちの生活の中に保ってしまいがちです。人々、感情、物、または行動への依存は非常に一般的です。知人、友人、そして私たち自身も、これらの有害な要素に巻き込まれる可能性があります。私たちがそれらに捧げる時間が増えるほど、私たちはより大きく依存し、変わる必要があるのにもかかわらず、より盲目的になります。私たちを傷つけるものに感謝できると考えるのは難しいことです。

感謝したいと思える状況を今見つけることができない時は、これから来る良い日に集中し、事前に感謝しよう。

Nick Vujicic

夕日を振り返る女性

私たちがその人や状況に満足した時、私たちは感謝します。私たちは、まるで中毒のように、この満足感を求めるための不安や衝動に導かれることがあります。それ自体が私たちの選択の自由を取り去り、私たちの人格を奪います。

中毒のように何かを追求しているとき、一体何人の人が自分らしくないように見えるでしょうか?彼らが問題を認識するまでには長い時間がかかるかもしれません。他の人が助けようとしたり、警告したりしても、彼らは同じ壁に何度もぶち当たります。不必要な愛、例えば私たちを軽蔑する上司からの承認を求めたり、自分が求められていないグループの一員になろうとするなど、こういったものは危険な要素です。満足感のためだけにこういったことを求めることはできないのです。

さようなら、もう戻ってこないで

とても難しい別れがあります。それはさよならという言葉自体ではなく、何に私たちが別れを告げるのかによります。それが何かへの執着心であれ、人または物であれ、さよならを言って、決して後ろを振り返らないことは、心の強さと自尊心が必要です。しかし、たとえ難しくても、私たちはさよならの言い方を学ぶことができます。そのためには、否定的な感情を許容し、現在と過去の両方の悲しみを受け入れる方法を知る必要があります。

私の残りの人生であなたのことを思い続けていたとしても、私は残りの人生のために、あなたにさようならを言います。

ホセ・アンヘル・ブエサ

私たちはいつも、別れの後に来るものが何かを知っているわけではありません。適応期間は当初思っていたより長く、複雑になることもあります。疑いや再び落ち込む覚悟が必要です。これらのことを避けるために、はっきりしない別れで終わらないようにしなければなりません。あなたが本当に思っていることを言って、自分の感情を肯定的な方法で表現することは、前進するための第一歩です。

お別れの言葉

私たちが何かから距離を置かなければならない時、その影響の辛い部分や良い部分とは別に、理想はちゃんとした別れのプランを立てることです。これは書くことを通して可能になります。私たちの無秩序な感情や思考の流れをまとめて、役立つ意味を作り出せるからです。書かれた言葉を通して、わたしたちは混乱しているときに参考になるアイディアを順序立てることができます。

その時が来ると分かっていても、さよならはいつも痛い

アルトゥル・シュニッツラー

女性が何かを書いている

手紙を書くことは、別れを処理する良い方法です。タイトル:「ありがとう、そしてさようなら。」感謝の言葉で別れの挨拶を始めることはとても重要です。あなたが、あなたにとって有害な人や関係、活動につながっているべき理由はどこにもありません。理由のない苦しみがある場所に、誰もいる必要はありません。私たちが悪い状況にい続ける理由は、一時的な満足感、変化への恐怖、私たちの快適ゾーンの外へ踏み出す難しさなど、様々です。

しかし、さよならをしなければなりません。ネガティブな感情を表現することは重要です。私たちはその状況に直面しており、またそこから抜け出す過程でもあるからです。適応プロセスがいかに難しいかを感じるでしょう。しかしそれは、変化の希望が垣間見える瞬間です。最も重要なのは、あなたがさよならを言う相手・物などに害を与えずに前進する機会に焦点を合わせることです。

あなたへおすすめ