ベッドで抱き合うことの美しさ

ベッドで抱き合うことの美しさ

最後の更新: 08 3月, 2018

パントマイムで有名なマルセル・マルソーは、彼の知恵とユーモアを持ってこう言いました:「決してマイムと抱き合わないでください。あなたはそれをやめられなくなるから。」ここで彼は明らかに彼の仕事について言及しています。しかし、同じ抱き合うことでも私たちの関係にとって非常に良いのが、ベッドで抱き合うことです。

抱擁、抱きしめ、愛情と親密さを示す…それらはすべて特別な意味を持っています。実際、それは非常にポジティブで有用なルーティーンに変わる可能性のあるものです。

「私の肌はあなたの刻印で刻まれており、その刻印を洗い流すことのできる風や水は存在しない」
ーギオコンダ・ベリー

なぜベッドで抱き合うのが良いのか

見つめ合う、抱擁、そして暖かい触れ合い。私たちはこれらのことを平凡だと思っているかもしれませんが、実際には私たちのためにとてもいいものなのです。それらはシンプルですが、瞬間的な幸福をもたらします。心理的にも肉体的にも有益なので、私たちの生活を改善することさえできます。ぜひ覚えておいてください。

ベッドで抱き合うカップル

オキシトシンレベルを上げる

オキシトシンは、幸福と親密さを経験するときに私たちの体が解放するホルモンです。シンプルな愛撫や共通の視線は、かなりのものを作り出すことができます。 それは、私たちが他の人と本当に親密な何かを経験しているという感覚を与えてくれます。

それが、ベッドで抱き合っているとリラックスして幸せに感じる理由です。それが習慣になれば、私たちはその人と親密な関係を築きます。彼らが私たちと一緒にいるかどうかにかかわらず、私たちがそれらについて考えるたびに、関係はますます強くなります。

痛みに対する耐性を向上させる

オキシトシンは単に幸福のホルモンであるだけではありません。痛みを受け入れる能力を高めてくれます。それは、私たちが「雲の上にいるように」感じさせてくれます。また私たちのパートナーを見たときに気分を良くしてくれるのです。

オキシトシンが解放されると、私たちは不快な刺激を無視します。 代わりに、それは何らかの形で私たちを幸せにするものに焦点を合わせます。 私たちが新鮮に感じられるような誠実な抱擁、または私たちが落ち込んでいるときに行う身体的な接触は、私たちの気分を高めてくれるのです。

私たちの関係を豊かにする

ベッドで抱き合うことは私たちたちの関係を豊かにします。

私たちがベッドに寝ることとセックスを結びつけるのは普通です。しかし、ベッドで抱き合うことは親密さと信頼を築くための機会でもあります。 深い気持ちを共有する空間にすることができます。

私たちのベッドは寝るだけのものではありません。実際、それを共有することが多いほど、私たちの個人的、そして関係の豊かさはますます大きくなります。接触、そして抱擁は、私たちの休息の必要を超えて役に立つものです。

ベッドで手を握る二人

ストレスを減らす

愛する人との楽しい接触は、ストレスや不安を大幅に軽減します。 また、ベッドでそれを行うならさらに良い効果をもたらすでしょう。

私たちはすべてが本当に速く進むように見える世界に住んでいます。 実際、コルチゾール(ストレスがかかっているときに多く放出するホルモン)は、愛する人との接触中に大きく下がるのです。

抱擁や愛撫は、あなたの気分を素晴らしく高めてくれるものなのです。

子供の成長を促進する

私たちはハグが赤ちゃんの成長にもたらす影響を忘れるわけにはいきません。母性にとって、身体的接触は基本的なものなのです。

研究により、インキュベーターで長い時間を費やす赤ちゃんの認知発達が他の子供よりも低いことを発見しました。 部分的には、人生初日に身体的接触がないためです。

そういうわけで、この細かいところを忘れないことが大切です。 私たちは抱き合うことで私たちの愛を表現しなければなりません。

「あなたの肌に私の魂を運んでください。そして私はあなたの魂を私の中に運びます。」

―ロザナ―