冒険家フェルディナンド・マゼランの伝記  

30 9月, 2019
フェルディナンド・マゼランは航海者であり冒険家でした。彼は太平洋と大西洋を結ぶ渡航ルートを目指して大航海をはじめました。海の上で苦痛を感じるの辛い時間を過ごした後、現在は「マゼラン海峡」と彼の名を冠して呼ばれている海峡を渡った時に、水面の穏やかさを見て思わず歓喜の叫び声をあげたと言われています。

フェルディナンド・マゼランは、地球で最初の渡航ルートを思いついたことから大航海へと出発しました。

自分たちを待ち受けているものについての情報や知識もない時代に航海に出るということは、勇気を持って出発する必要がありました。

彼の航海と冒険は、大きな成果をあげました。

2019年、フェルディナンド・マゼランの世界初の大航海か500年を迎えます。

彼は自分の直観に従って冒険をはじめました。

当時、南アメリカの大西洋と太平洋の間に渡航ルートがあるかどうか誰も確信が持てませんでしたが、マゼランはそこに渡航ルートがあることを強く信じていました。

「教会は地球は平らだというが、私は丸いことを知っている。私は月に地球の影を見たことがあり、教会よりも影を信じているからだ。」

-フェルディナンド・マゼラン-

マゼランは、世界中を航海するというこの試みを達成することができませんでしたが、かなりのところまで到達することができました。

大胆で壮大な冒険に満ちた人生を送るマゼランを最後に止めたのは、海ではなく争いによる早すぎる死だったのです。

こちらもご覧ください:勇気とは暗闇から希望を見出す力

冒険家 フェルディナンド・マゼラン

フェルディナンド・マゼランの人生:初期

マゼランは1480年にポルトガルのポルトで生まれました。貴族の息子だったマゼランは、高等教育を受け、その中でも地図の作成と航法を学びました。

彼は幼い頃から旅行をしていましたが、研究中はリスボンに住んでいました。

25歳でインドへの旅行をはじめて以来、多くの旅に出ました。この期間に彼が奴隷として購入したのが、有名なマラッカのエンリケでした。彼はマゼランの航海にも同行し、最終的に世界一周をしてヨーロッパに戻ったため、実際に世界一周を行った最初の人と言われています。

あるときモロッコに旅行したマゼランは、戦闘中に足を負傷しました。ポルトガルに戻ったマゼランは、マヌエル1世とうまくいかなかったため、スペインへと渡り、そこでカルロス1世にインドへの航海を許可されたのです。

ご存知ですか?:本当の優しさは世界共通の言葉

大航海時代

1519年8月10日、フェルディナンド・マゼランは航海を開始し、乗組員270人で構成される、トリニダード、サンアントニオ、コンセプシオン、ビクトリア、サンティアゴの5隻を指揮しました。

彼の遠征は、アフリカの北海岸に沿ってシエラレオネまで下り、その後、西に向かい、現在のリオデジャネイロの海岸に到着しました。

その後はプラタ川を見つけましたが、自分が発見した航路だと誤解したため、そうではないと知った瞬間激しい失望感に襲われました。

冬にはにサンジュリアン湾に向かいました。乗組員の士気が低かったので、彼は天気が良くなるまで士気を高めるためにしばらく待つことに決めました。

実はこの時、それぞれの船の船長は、マゼランへの反乱を計画していましたが、反乱が起る前に彼らを捕え、一部の人を解雇し、残りはその運命に任せました。

満たされた夢

1520年の春に、再び航海をスタートすることができました。この航海は、マゼランが長い間夢見ていた渡航ルートを見つける航海となりました。

当時、太平洋と呼ばれる場所を通る「南の海」への最速のルートです。

この巨大な海を渡ることは絶対的な苦痛でしたが、反対側の海はとても穏やかだったので、「パシフィック(Pacific)」という名前が付けられました。

太平洋は、地球上で最も「猛烈」な海なのですが、歴史家によると、マゼランはこの海が非常に穏やかなのを実際に目にした喜びで叫んだと言われています。

そしてマゼランが発見した海峡は「マゼラン海峡」と名付けられなした。

その後、チリの海岸に沿って北に航海してから外洋に戻りさらに西​​に向かいました。

フェルディナンド・マゼラン

最後の偉業

乗組員たちのは食料や水が不足し、船内の状況はとても複雑になりました。歴史家であるアントニオ・ピガフェッタは、この状況を次のように説明しています。

「私たちが食べたパンは、虫だらけの埃の塊になった。ネズミの尿のせいで耐え難い悪臭もしていた。飲み水は腐った臭いがしていた。空腹で死にたくなければ、マストの革の切れ端を食べる以外にはなかったのだ。」

最終的には、現在グアム島として知られる泥棒諸島に到着し、食料と水を蓄えることができました。

航海の準備が整うと再び出発し、別の諸島を見つけました。ここは、スペインのフェリペ2世を称えて「フィリピン」と名付けられました。

フィリピン諸島の原住民は、船員たちの上陸や滞在に反対したため、彼らと血なまぐさい戦いを行う必要がありました。

1521年、フェルディナンド・マゼランはこの戦いで死亡しました。

世界中を航海して渡航ルートを見つけるという彼の目標と偉業は、生き残った乗組員によって達成されました。

マゼラン自身は、死によってその偉業の達成を阻まれてしまったのです。

  • Toribio-Medina, J. (1913). El Descubrimiento del Océano Pacífico: Vasco Núñez de Balboa, Fernando de Magallanes y sus Compañeros. Tomo II: Documentos Relativos a Núñez de Balboa. Santiago de Chile: Imprenta Universitaria.