父を継いだアンナ・フロイトの功績

· 2018年6月13日

アンナ・フロイトは、望まれていない娘でした。彼女は6人の兄妹のうち一番年下で、父ジークムント・フロイトを慕い、(本人は否定するものの)ほとんど弟子と言える存在となった唯一の人でした。彼女は父の精神分析の「モルモット」であると同時に、彼の遺産の相続人でした。アンナ・フロイトが児童心理学の分野への、先駆的で真に貴重なものでした。

この興味深い女性の名前は、幸いにも忘れ去られることはありませんでした。他の偉大な女性たちが歴史から名前を消して行く中で、彼女の名前は空に消えませんでした。例えばエイダ・ラブレスです。彼女は素晴らしい数学者であり、プログラミング言語の先駆者です。しかし多くの人は、彼女のことをバイロン男爵の気高い娘としか認識しませんでした。。

「強さ」と「自信」のために私は常に自分自身の外を探していましたが、それは実は自分の内面にあります。それはいつもそこにあるのです。。

アンナ・フロイト 

アンナ・フロイトは、精神分析の偉大な父親の娘でもありました。彼女は求められていない世界に来た女の子でしたが、父親を盲目的に偶像化する家族の中で、彼女はすぐに適した場所を見つけました。アンナは、やんちゃで落ち着きがなく、そして何より父親の愛情を欲していました。ただ残念なことに、父親は彼女を娘としてというよりも、患者として扱った人でした。

彼女の人生の方向性が変わったのは、ウィーン精神分析学会のメンバーだった1920年代でした。ジークムント・フロイトはすでに口腔癌と診断されており、アンナは父親の側を離れるつもりはありませんでした。しかしその時、彼女のキャリアを他の分野に応用することを考えました。彼女は精神分析者としてではなく、精神分析のガイドラインを使って子供の教育に役立てることに決めたのです。

1925年のウィーンは、イギリスと第二次世界大戦の真っ只中でした。それは彼女の本当の仕事が始まる重要な時でした。それは、ある意味で、亡きジークムント・フロイトのそれを継続することになりますが、彼女は別のアプローチを組み込みました。

アンナ・フロイト

アンナ・フロイトの自我に関する心理学

アンナ・フロイトはいつも実践的な女性でした。彼女はあまり理論化するのを好みませんでした。そのため彼女の本は、自らの考えを正当化し発展させるための基礎として、たくさんの興味深い事例研究が記録されています。 「フロイト嬢」が最も望んだのは、精神分析が人、特に子供の生活の中で治療的に使用されることでした。

  • 彼女の人生を通して、精神構造よりも精神力学に関心がありました。それゆえに、彼女は「それ」よりも「自身」にもっと興味がありました。そしてそれは、彼女の父親が情熱的に愛していた、心の無意識の部分でした。
  • アンナ・フロイトは彼女の著書「自我と防衛機制」で有名です。彼女はこれらがどのように機能するかを説明しています。実際、彼女は小児や青年の防衛機制の使用に特別なセクションを設けていました。
  • 彼女はまた、私たちのほとんどが防御メカニズムを使っていて、しかもそれは病理学的ものではない、という興味深い考え方に没頭しました。アンナ・フロイトが注目していたのは、父親が研究していた「心的外傷」の症状ではありませんでした。彼女は、父の残した理論的なプリズムをより実践的な心理学と組み合わせようとしました。

アンナ・フロイトが述べた多くの防衛機制:

  • 抑圧:不安を持続させる思考や感情を抑える必要性への反応。
  • 投影:他人に自分自身の欠陥を見る能力と習慣。
  • 置き換え:第三者に対して否定的な感情を移す。
  • 退行:ある若い年齢に心理的に戻り、その時の習慣やパターンが現れる。
アンナ・フロイトとジークムント・フロイトのハグ

英国の舞台と児童心理学

1941年、アンナ・フロイトは、ロンドンのハンプステッドン、ウェダーバーン通りに、幼稚園といくつかの家を開設しました。当時、彼女はマリア・モンテッソーリも読んでいたし、戦争によって傷ついた小さな子供たちに心動かされていました。そこで彼女は、強く興味を持っていたこの分野の進歩のために前に進んで行くことを決意しました。

  • 彼女は父親のアプローチ法に基づいて自分の理論を発展させました。しかし、彼女はトラウマを扱うときには、「それ」と「超自我」を置いて、「私」に集中することに重点を置きました。
  • また、アンナが心理療法セッションを始めるとき、彼女はできるだけ、精神分析者がやるような 「学者」のイメージを避けていました。彼女は、子供たちと快適にコミュニケーションするためには、暖かくフレンドリーでリラックスした環境を用意する必要があるということを知っていました。
  • アンナ・フロイトは、子供の感情的世界に入る仕組みとして、ゲーム(遊戯療法)を初めて利用しました。ゲームの中では、セラピストとしての彼女の役割も変わりました。自分自身を遠方からみる権威者として接するのではなく、親密さと自分の言葉を使って子供たちを扱うことが目的でした。

だから、典型的な精神分析者のソファーは、プレイルーム、子供の自発的な表現にはるかに適切な雰囲気の空間へと変えられたのです。

大人の手と子供の手

関係初期の重要性

アンナ・フロイトは彼女の人生の中で、適切な発達のための不可欠なメカニズムとして子供の初期の関係を気遣い、対応する必要性を擁護しました。例えば、放棄された、または無視された子供たちとの彼女の研究は、その後の複数の研究の基礎を築きました。

私が常に自分に求めてきたのは、はるかに原始的です。それはおそらく私が接触している人々の愛情と、彼らが持つ私への良い見解です。

アンナ・フロイト

また、別の先駆的な取り組みとして、必要以上に入院させてはならないという勧告がありました。孤児や放棄された子どもたちは、孤児院に長期間留まるべきではないと言っています。子供たちは家族の親密さと母親の姿が必要です。家族関係(または代理人)からの距離があれば、ストレスや恐れが生じ、子供の脳や発達に影響を与えます。

アンナフロイトは、彼女のセンターが「家族集合」のように感じられるに努力しました。この努力により、戦争によって放棄された、あるいはトラウマを負ったすべての子供は友人、兄弟 とそのトラウマと共鳴する悪夢を癒す代理母または心理療法師を見つけることができました。

アンナ・フロイトの笑顔

その強い意志と非常に先駆した考え方から、父親から「黒い悪魔」と呼ばれることすらあったアンナでしたが、父親の理論遺産を裏切ることは決してありませんでした。実際、彼女はそれを改善したのです。彼女のおかげで、エッジが滑らかになりました。彼女は、父親があまり注意を払わなかった曖昧な細部を固め、あまり言及されていなかった児童心理学に取り組んでいったのです。

アンナフロイトの治療は、子供達に専念していました。さらに、彼女の貴重な人生は基本的なケアをされていない子供の保護に専念していました。彼女は、全寮保育園、診療所、児童精神分析学に特化したトレーニング施設を作りました。

フロイト氏は82歳で亡くなり、彼女の使命は実現しました。彼女は、精神分析の母親であり、その守護者なのです。

参考文献:

  • Anna Freud (2004). Psicoanálisis del desarrollo del niño y del adolescente. Barcelona: Editorial Paidós Ibérica
  • Sigmund Freud & Anna Freud (2014). Sigmund y Anna Freud. Correspondencia 1904-1938. Colección Psicología Profunda. Argentina: Ediciones Paidós
  • Anna Freud (1980). El Yo y los mecanismos de defensa. Barcelona: Editorial Paidós Ibérica