注意力のタイプ4つ

2019年11月7日
注意は、複雑な心理プロセスです。注意にはいくつかのタイプがあります。読み進め、学びましょう。

注意力には複数のタイプがあることを理解することは重要です。注意力とは、集中する能力だと考えてる人がたくさんいます。自分の話を聞いてかったり、何かに気を取られている人がいると、「注意して聞いていない」と考えがちです。ここで問題です。注意が皆無ということはありえるのでしょうか?

昨今、注意障害は珍しくなく、よく耳にする診断です。ずっと続く刺激を常に処理することが要求されるこの社会では、驚くことではないでしょう。宣伝、マルチタスク、電子機器は、私達の注意をそらしやすいもののほんの一例です。

注意は脳で行われる認知処理です。気を取られているからといって、まったく注意をしていないということではありません。その瞬間、方向性が他のものに向いているというだけです。

注意 タイプ

 

注意は実行機能

注意は脳内のもっとも複雑なプロセスのひとつです。専門家でさえ注意力の定義を決めかねています。刺激の選択、情報処理、特定の物事に対する集中に関わる脳の機能です。神経系からくる情報すべてを前頭葉が消化します。

接触する媒体により、様々な度合いで処理が行われます。与えられたタスクの特性やあなたが何を必要としているかで、どのタイプの注意を使うかが決まります。

 

注意力の種類

先にも言ったように、注意力には様々なタイプがあります。まず理解すべき基本的概念は、順応です。本質的には、周りへの意識を意味します。どのタイプの注意力が必要とされるかは、反応すべき活動の数や意識の度合いにより異なります。

注意の焦点

ひとつの刺激に特化し反応する力がこのタイプの注意です。周りにある他の刺激を無視することが必要とされます。ひとつの物事に対し、高い警戒心と活動が必要です

長時間の高い警戒に疲れると、他の刺激を無視できなくなります。つまり、目移りしやすくなるのです。

 

注意の保持

長期の注意力を必要とするのがこの種の注意です。注意の保持により、ひとつの認知活動を続けることができるようになります。例えば、試験勉強をする時、数時間教科書を読み、情報を処理する必要があります。その成果はすぐに出ないことも多々あります。それは次のようなたくさんの障害物があるためです。

  • モチベーションの欠如
  • 疲労
  • 退屈

 

注意の分散

私達の脳は非常に素晴らしいものです。一度に複数のタスクをこなすことができます!例え、必要性の低いタスクであっても、注意を分散し、両方のタスクをこなすことができるようになっています。

しかし、これには限界があります。ひとつ、あるいは両方の情報源が、より注意を必要とする時、能力は弱くなってしまいます。例えば、書きながら聞いたり、教授を見ながら話す時、注意は分散されます。

 

注意の変換

これは、認知的柔軟性に関して、もっとも重要なタイプの注意です。基本的には、いくつかのタスクの間で、注意のスイッチを切り変える力です

例えば、複雑なレシピで食事を準備する際、時間を考えながら別々の材料を調理するときなどに注意の変換が使われます。次の瞬間にはまた元のタスクに戻らなければならないので、前のタスクのことを忘れないようにしながらタスクを切り替えなければなりません。

 

注意力の管理の重要性

注意力は、ただひとつの排他的に働く精神的プロセスではありません。多くの場合、様々なタイプの注意力を組み合わせることが必要です。

注意力の管理、異なるタイプを効果的に変換する力は、他の実行機能に左右されます。重要なものをいくつか次にご紹介します。

  • 記憶:多くのタスクで、長期・短期記憶から物事を修正することが必要とされます。これには注意力が必要です。
  • 計画:計画された行動が必要とされるタスクもあります。うまくこなすためには、ひとつひとつを実行させ、構成しなければなりません。
  • 抑止:今しようとしていることと関係のない周囲の感覚刺激をコントロールし、選択し、止める力です。
注意力 タイプ

 

注意で重要な役割を果たす神経系の部位

  • 網様体賦活系:注意には刺激を吸収する能力が必要とされます。脳幹を通る過程で、周囲の情報が処理されます。
  • 頭頂葉:決まったタスクのリソースの配置、刺激の空間的処理において重要な脳の構造です。
  • 前頭葉:脳のオーケストラの指揮者にあたります。特定の計画を実行し、行動する運動能力や反応を取り出すのがこの部分です。

 

必要不可欠なツール

生物としての進化や発展で重要な機能を果たしたのが、この複雑な脳機能、注意力です。また、これは鍛えなければならないスキルでもあります。上に紹介した構造が傷つけられると、元に戻すことのできない脳損傷になりかねません

この4つのタイプの注意力はどれも同じくらい重要で、日々私達が使っているものです。朝ごはんを食べることのように自動的なものもあります。また、車の多い所を運転するなど複雑なものもあります。どちらにしろ、私達の日々の生活に注意力は欠かすことはできません。