クリエイティブ・アンラーニングとは?

2020年6月25日
異なる視点から世界を見ることができて初めて、人は自分自身を再開発し、より自由になることができます。

クリエイティブ・アンラーニングの実践で得られる成果は驚くべきものです。自分の持つ本来の潜在能力を取り戻したいならば、時にはそれまで抱いていた信念や教えられてきた物事を一旦脇に追いやらざるを得ないこともあるでしょう。そうすることで、それまでとは異なる観点から世界を眺められるようになるのです。

この結果生まれる新たな視界はとても広く、好奇心や創造性(クリエイティビティ)、そして批判精神にあふれたものでなければなりません。それができて初めて、人は自分自身を再開発し、より自由になることができます。

クリエイティビティについて話すのは、人類の源泉について話すようなものです。これについて少し考えてみましょう。現代社会の労働市場は、非常に似通ったスキルや能力を教え込まれた人たちだらけになってきています。しかし、この徐々に複雑さが増し、要求も増えてきている社会的・経済的状況において際立つ存在になるために大企業に求められているのは、革新性を高めることです。

“クリエイティビティとは、シンプルにものとものの結び付け方を知ることである…”

-スティーブ・ジョブズ-

高度なクリエイティビティを有する人々を労働力として持てていることが企業にとって何を意味するのか、想像するのは難しいことではありません。しかしそういった人材は引く手数多であるため、常に不足しています。こういった人達こそ、売り上げが錆びついてしまっている多くの組織に「きらめき」をもたらしてくれる人々なのです。こういった組織はただ成長が止まってしまっているだけなので、どんなものであれ変化をもたらすのが打開策として有効なことに疑いの余地はありません。変化自体も重要ですし、その企業が停滞状態を打ち破ろうとしている事実にも価値があります。

さらに、クリエイティビティを向上させることが個人的なレベルではどんな意味を持つのかについても強調しておかねばなりません。クリエイティビティが向上した人々は、複雑な問題に対してより広い視野を持って取り組むことができ、人生に訪れる試練に対する答えを出す時により創意工夫ができるようになります。この頭の柔らかさと優れた能力が、個人的に成長するための強い味方になってくれるでしょう。

そして目標に手が届きそうなところまで進むことができます…

クリエイティブ・アンラーニング

クリエイティブ・アンラーニング:成長するという選択

他の全員と同じような存在になるか、もしくは目立った存在になるか?単調で平凡な状況に甘んじて生きるか、あるいは心も私生活でも仕事の面でも、あらゆる方面で成長を続ける人生を選ぶのか?あなたなら、どちらを選択しますか?かつてアリストテレスが言ったように幸せとはその他あらゆるものにそれぞれの居場所を与えるための目的でなければなりません。これを実現させるためには、自分たちの心理的および情緒的リソースを集積し、鍛えることが不可欠です。すると今度はそれにより本当に自分がなりたいと思っている理想の人物像に近づくことができます。

これを行うための一つの方法が、すでに誰もが持っているものを鍛えるというやり方です。それは、私たちが生まれつき有している能力である、クリエイティビティです。もしこの意見に対して疑問を抱くなら、あるいは人間とは生来非独創的で創造性のカケラもない生き物だと考えているのならば、神経学者アリス・W・フラハティによる『書きたがる脳  言語と創造性の科学』という本を読んでみると良いでしょう。

この本では、自分自身の感情や経験、そして教育システム自体までもがいかに私たちのひらめきやクリエイティブな潜在能力、そしてモチベーションなどを徐々に消し去っていくかが説明されています。そして、自分を「癒し」て再開発し、眠っている才能を呼び覚ますために、クリエイティブ・アンラーニングを実践する必要があるのです。

これを行うには、優れたトレーニングを取り入れるのが一番です。このサイト「こころの探検」では、生活と人間発達戦略家のイスマエル・カーラ教授が彼のコース「クリエイティビティとアンラーニング、そして心の知能指数」を用いて、自分が本当になりたい人間になれるよう私たちを導いてくれます。

イスマエル・カーラのコースでは複数の課題的モデュールが用意されており、そこで私たちは心や習慣、脳の可塑性などについて楽しみながら学ぶことができます。また、もっと自由に、そしてもっとクリエイティブに考えたり行動したり感じたりするのを妨げているたくさんの障壁についても知るきっかけとなるでしょう。

覚醒の重要性

自分自身を新たに組み立て直すのは簡単なことではありません。これについて考え過ぎてしまうと、恐ろしいことに思えてきてしまいます。あらゆる意味でこれは新たな誕生であり、私たちはかつての自分を捨て、それまでとは違う「私」を受け入れなくてはならないのです。では、どうすればそれほど大きな変化を成し遂げられるのでしょうか?企業が革新性や創造性を高く評価しているのは事実ですが、奇妙なことに社会自体にとっては、人々が受動的で静かで大人しく、誰もが同じような趣味嗜好を抱いていている状態の方が都合が良いようなのです。

自分自身を再開発することは大きな試練であり、そのための備えができている人など一人もいないでしょう。そのため、私たちがしなくてはならないのは物事をこれまでと同じように見るのはやめ、シンプルに「覚醒する」ことです。自身の真の本質を再発見するためには、覚醒することが必要不可欠です。それができて初めて、心の内側にある自らの真価に気づき、それを外の世界に連れ出すことができるようになります。

自分自身の決断力のある一声とクリエイティビティも必要です。それでは、これを成し遂げるための、あるいは少なくともこういった大切な考え方についてしっかりと吟味するためのキーポイントをいくつか見ていきましょう。

クリエイティブ・アンラーニング

クリエイティブ・アンラーニングの三つのカギ

  • クリエイティブ・アンラーニングとは、これまで伝えられてきたことや教えられてきた内容全てを排除するためにそれらを忘れたり、「リセット」ボタンを押すということではありません。この取り組みの肝は、質問の仕方を学ぶこと、そして任意の問題に関して観点が一つしかない、あるいは真実は一つしかないのだ、という思い込みを決して受け入れないための姿勢を身に付けることなのです。
  • また、アンラーニングにより、心の知能指数を最大限に高めることも可能になります。私たちの感情やクセ、思い込みや態度の中には、クリエイティビティを抑え込んでしまうようなものがたくさんあるのです。
  • 私たちが注力しなければならないもう一つの側面が、柔軟性です。何が正しくて何が許容可能かを決めるにあたり、私たちが(自分でもほぼ気づかないうちに)融通のきかない考え方になってしまう原因として、それまでの人生における情緒的な経験が挙げられます。しかし、新しい体験に対してオープンになり、柔軟になり、そして批判精神と自己批判精神を鍛えることで、間違いなく私たちは自らの人間として潜在能力を高めることができるのです。

最後に、どんな人でもこれを実践するのは可能だということを繰り返し強調しておきます。大きな問題が生じたとしても、私たち全員がもっとクリエイティブに、もっと自由に、そしてもっと細やかに対応できるようになるはずなのです。そのため、ぜひこの能力を鍛えてみてください。方法はコースの受講でも関連する書籍を読むのでも構いません。