誰でももっとクリエイティブになれる!

2019年6月1日
正しく使用すれば、想像力は人生の様々な状況に置いて、順応の手助けとなります。想像力を呼び覚まし、成長させ、高めてくれる、いくつかの姿勢とテクニックをご紹介しましょう。

アインシュタイン、ピカソ、ストラヴィンスキー、フロイト、エリオット、グラハム、ガンジー。人類史における素晴らしい功績は、すべて創造力の賜物です。他の人が気付かないような物事の先を見て、誰もできなかったような質問をして答えを導きます。だからこそ、多くの人がよりクリエイティブになることに興味を抱いています。

創造性とは、過程であり、人格であり、特定の文脈や分野に属する産物です。創造的なもの(産物)を作り出す人は、それを行う特定の方法を持ち(過程)、特定の方法で行動します(人格)。

 

よりクリエイティブになるために必要なものは、技術的なスキルと自分の分野(創造的な活動をするトピックや場所)に関する知識である、と言う科学者もいます。自分が行うことに対して、かなりのやる気も必要とします。最後に、柔軟な思考やヒューリスティクス(精神的な近道)を使う能力など、特定のスキルを使う必要があります。

よりクリエイティブになること
よりクリエイティブになるには

正しく使用すれば、想像力は人生の様々な状況に置いて、順応の手助けとなります。想像力を呼び覚まし、成長させ、高めてくれる、いくつかの姿勢とテクニックをご紹介しましょう。

  • 自分のルーティーンから抜け出す。単調さから抜け出し、繰り返しの習慣をやめて、今までやったことのないことで自分に挑戦しましょう。
  • 内面化する。自分の強さだけでなく、不安と恐怖も意識しましょう。自分の見方を変えて、新しい自分になりましょう。
  • 知識とインスピレーションを求める。面白いと思ったことに関して読み、創造的な人の人生を知って、色々試し、新しい場所に行って、自分に新しい疑問を投げかけましょう。
  • 創造力を解放する。新しいシナリオを思い浮かべて、どのようになるか試してみてください。
  • 鼓舞するような状況を作り出す。自分のコンフォートゾーンから飛び出して、間違うリスクを冒し、新しい刺激を求めましょう(本、映画、人、絵画など…)。
  • リラックス時間を利用する。休息し、ぼーっとして、楽しむ時間を見つけてください。

「想像力が最も重要な人間の資源であることは疑いようもありません。想像力なくして、進歩はありません。常にこうであるものなのです。」
-エドワード・デボノ-

よりクリエイティブになるためのテクニック

もっとクリエイティブになることを学ぶための、よく知られた方法を見ていきましょう。

  • ロバート・W・オルソンのドゥー・イット法:問題解決のための組織化された過程。
  • ボブ・エバリーのスキャンパー法:想像力と創造的思考を育てるための方法。
  • 3-6-5法:他人と協力することに関連する単純な方法。
  • マインドマップ:情報をまとめて、論理的かつ創造的にアイディアを表現する方法。

クリエイティブになるには
創造的な解決策を生み出すための4つのツール

ギルフォードによれば、問題を創造的に解決するために主に必要なスキルが存在します。

  • 雄弁性:たくさんのアイディアを出せば出すほど、良い解決策を思いつく可能性が高まります。考えることは、問題解決ツールの最も重要な例の一つと言えます。
  • 柔軟性:思考における柔軟性によって、考えを変えて、特定の問題や挑戦への解決策に近づくことができます。より明確に言えば、より革新的になる手助けをしてくれる、「バーバル・ベリフィケーション・リスト」と呼ばれる創造的なツールです。
  • 独創性自分のルーティーンから抜け出して、明らかな答えの先を行くということです。イメージ系の刺激、写真撮影のフィールドトリップは、独創的なアイディアを生み出すためのよく知られた手法です。類似や比喩を利用することもできます。
  • 生産性:これは、代替案を組み立てて見つけることです。これは、分岐的なプロセスのあとに行う、収束的なプロセスです。例えば、考えや物体を連想するのに利用できるメンタルマップは、視覚的かつ高度的なツールです。

極端な状況にて、人間はより創造的になります。最も創造的な人は、問題解決をすぐに行うことができます。さて、創造力の工具箱にツールを得たところで、ご自身の人生の質を上げるためにこれらを利用してみてください。人生の中で辛い時を過ごしている人には、特に役立ちます。

昔、創造力と言うのは芸術家や科学者のみが持ち合わせている特徴だと信じられていました。しかし、最近では、自分は創造的ではないと言うことは、何も実践しようとしていないと言うことに他なりません。

ケン・ロビンソンによれば、誰だって才能を持っています。どこを探せばよいか知ればよいだけの話です。スティーヴン・スピルバーグは、映画でなく算数に集中していれば、算数の天才だったかもしれません。自分に挑戦をしかけて、より創造的になりましょう。それだけの価値がある、素晴らしい旅路が待っているはずです。