エネルギーを維持するための鍵

2019年9月6日

自分のエネルギーを維持することは、良い健康状態を保ち、ポジディブな姿勢でいるための鍵となります。

エネルギーは、人の心理的・感情的状態に左右される重要な力です。現代の社会では、エネルギーを維持することは非常に困難です。エネルギーを奪い去ってしまう要因は、ごまんと存在します。例えば、ストレス、日々の問題などです。

多くの場合、日々のルーティーンによって消耗してしまいます。どうしてこのようになってしまうのでしょうか?エネルギーレベルを維持することを阻害する要因があるのかもしれません。また、私たちの多くは、重要ではない問題にたくさんのエネルギーを注ぎ込んでしまっています。

ここでの良いお知らせは、助けとなってくれるかもしれない、エネルギー維持への鍵が存在するということです。以下で見ていきましょう!

「願うことは計画することと同じくらいのエネルギーを要する。」

-エレノア・ルーズベルト-

1. 借金をすることを避ける

期限が来ているのに借金を払えていないことは、人を苦しめる要因です。未払いの支払いがあるという圧力だけでなく、すべきことを行っていないという心理的な認識です。

エネルギーレベルを維持するためにすべきことは、借金を避けることです。これが不可能であれば、返済が優先順位のトップでなくてはいけません。借金を返さなければ、自分の心理的な健康を害することになるということを覚えていておいてください。

お金

2. 約束を守る

自分がした約束には、借金を作ることと似たような効果があります。何かを約束する前に、その約束を果たせるかどうかをよく考えましょう。約束したことを実行しないことは、心理的な重荷になります。

さらに、果たされなかった約束は、人間関係の問題に発展することがあります。人がエネルギーレベルを維持することを阻害する、不必要な対立です。そのため、約束を守るか、約束を守ることが不可能であると認めて、傷つけてしまっているかもしれない人への埋め合わせを交渉してください。

3. 休息をとる:エネルギー維持への鍵

残念ですが、私たちが生きる社会では、休息の重要性をお互いに思い出させなくてはいけません。明白であるように思えるかもしれませんが、これを忘れてしまっている人は意外と多いようです。こういった人たちは、仕事、仕事、仕事で、休息をとることが全くなくなってしまっています。

 

休息することは、エネルギーレベルを維持することにおいて最も効果的な方法です。できる限り、休息時間を有効に使ってください。これは、肉体的、感情的、認知的幸福の基礎です。適切な休息を取らなければ、人はきちんと機能することは出来ません。

 

庭
4. 生活を整理する

人は、自分の活動を考え直して、最も実践的な方法で行っているかどうか再評価するための時間をいつも取れているわけではありません。多くの場合、流れに身を任せる形になってしまっています。

自分の生活をより良く整理することは、いつでも可能です。少し時間を取って、考えをまとめて、効果的な方法を見つければよいだけの話です。自分の人生を最大限に生かすために、時々行いましょう。

5. 自分の健康を気遣う

エネルギーレベルを維持するためには、健康を気遣うことは不可欠です。健康的な習慣を取り入れて、注意深く落ち着いて健康問題に直面しましょう。

健康的な習慣は、栄養、運動、休息に密接に関係しています。 この3つの要素は、健康的な生活様式に欠かせません。新しい症状や不快感を感じている場合は、医師の診察を受けることも重要です。病気であれば、落ち着いて、医師の指示に従ってください。

サラダ
6. 困難な状況を避けない

他に策もないのに困難な状況から逃げ出そうとすることは、状況の対処をより困難にしてしまうだけです。問題が出てきたときに目をつぶっても、問題は後になって戻ってきて、不安や放っておいたことによる影響としてつきまといます。 

自分の生活に深刻な問題があると意識したら、心配し始めます。その不安はなくなることはありません。そこにとどまってエネルギーを吸い尽くします。問題には、早く直面すればするほど良いのです。

7. 受け入れと許し

現実を回避することは、とてもネガティブなことです。現実は、人が望むようなものに標準を合わせてくれることがほぼありません。だから、その現実を無視して否定することは不合理です。もし自分の現実を変えたいと思っているなら、まずすべきことはその有様を受け入れることです。

許しは、受け入れの一部です。自分自身を許すことは、自分が人間であり、間違いを犯すものだと認めることです。他人を許すことは、相手が間違いを犯したことを受けれることです。恨みを持ち続けたり、自分に罰を与えることは、疲弊させるだけです。

仏教の禅によれば、エネルギーというものは、守られるべき徳です。エネルギーを維持するためのこれらの鍵すべてが、あなたにとってかなりのメリットがあるはずです。実践していきましょう!

  • Calle, R. (1999). Ante la ansiedad: una propuesta para mantener la serenidad y evitar el estrés (No. 616.89 C132a Ej. 1 011205).