ハン・ビョンチョルの思想の鍵である5つの概念

2019年8月4日
ハン・ビョンチョル教授は、制限なく推し進められる生産性、デジタル化、そして奴隷のような労働条件に対して立ち上がるよう人々を後押しします。これらは、彼によれば、私たちに影響する現代の現実なのです。

ハン・ビョンチョル教授の哲学はとても興味深いものです。今日人々が送る生活スタイルについて内省するきっかけを与えてくれるという点で、彼の概念は特に分析する価値があります。

この韓国人哲学者・作家は文化研究の第一人者でもあり、最も尊敬されている現代思想家の一人となっています。彼の研究は、テクノロジーが私たちの生活に与える影響、働きすぎの文化、そして国際的に広がる資本主義の影響など、私たちが住んでいる社会に焦点を当てています。

「労働と功績の社会は自由社会ではない。それは新たな束縛を生み出すものだ。結局、主人と奴隷と言う関係の弁証は、皆が自由で余暇を楽しめる社会を生みはしない。むしろ、主人自身が奴隷となる労働社会へと繋がってしまうのだ。」
―ハン・ビョンチョル-

彼の作品の中でも優れているものに、『疲労社会』、『The Agony of Eros(エロスの苦悩)』、『Topology of Violence(暴力のトポロジー)』、『Psychopolitics: Neoliberalism and New Technologies of Power(心理政治:新自由主義と新たな権力のテクノロジー)』などがあります。これらの著書の中に、ハン・ビョンチョル教授の世界の見方を象徴する特徴的な概念がいくつか見つかります。

1.自己搾取

ビョンチョル教授の哲学は、私たちが今日どのように仕事をしているかについて内省します。ビョンチョル教授の目には、人間が考えることもなくある社会の命令に従っているように見えます。それは限界までこなす、という考えです。少し前までは、人はこなすべきことだけをこなしていました。しかし今は、人は何があっても成功しなければならないと考え、成功しないと不安になってしまうのです。

最悪なのが、誰も私たちにそうするよう強制していないということです。私たち一人一人が、自分の意志で労働と消費の体制に屈してしまっているのです。

ハン・ビョンチョル 思想の鍵 概念

2.コミュニケーション

またビョンチョル教授は、人間関係が「繋がり」に取って代わられていると語っています。人々は、世界中に広がった情報端末を通してコミュニケーションを取っているのです。

物理的に面と向かう時間が不足しているために、本当の意味でのコミュニケーションはもはや存在しないと彼は指摘します。今あるのは、情報交換のみです。視覚を除いて、私たちのその他の感覚はもはや以前のようには使われておらず、だからこそコミュニケーションの質が乏しくなっているのです。それに加えて、現在人は自分と同意してくれる人のみを探します。ソーシャルメディア上で、自分の書き込みを「いいね!」してくれる人を探しているのです。

3.庭:ハン・ビョンチョルの鍵となる概念

ハン・ビョンチョル教授は、デジタルの世界が私たちに押し付けるものに反対しています。彼の仕事の中でも、私たちにもっと五感を使うよう呼び掛けるのが「庭」の概念です。この韓国人哲学者は、「秘密の庭」という概念について説いています。それはデジタルが存在しない、現実と再び繋がれる場所です。彼によれば、秘密の庭と繋がっていることが、彼の定義する「本当の美」を見つける一つの方法となると言います。

4.他

私たちの社会では、珍しいもの、自分のものではないもの、つまり「他」に献身的になります。全ての人がお互いに完全に同じに見えるように力を注ぎます。流行りや話題のものを追いかける姿勢は、皆が同じように考える社会に属したいという願望の明らかな表われです。

ビョンチョル教授は、人々が同じように考えれば考えるほど、より生産的になる必要性を感じるようになると言います。多様性は新自由主義の目標に反するというのです。もし、スマートフォンを使うのがほんの数人だけで、その他の人はスマートフォンを持っていない世界だったとしたら、市場にとっては大きな障害でしょう。しかし現実はそうではありません。人間は受け身であるため、皆が消費者か生産者のどちらかなのです

ハン・ビョンチョル 思想の鍵 概念

5.時間

もう一つの決定的な要素は時間です。ハン・ビョンチョル教授は、私たちの時間の使い方を変えなければならないと言います。私たちは、速く仕事をこなすことだけを気にしています。できるだけ速く何かを作り上げたら、それと同じくらい簡単に手放すという意味のないことに気を使っているのです。それは継続性、長く続くこと、そして価値ある様々なものに対する大打撃です。

ビョンチョル教授にとって、私たちが自分自身のために少しの時間を費やすことは必要不可欠なことです。何もしなかったりただ楽しむための時間を、自分のために作るべきなのです。

ハン・ビョンチョル教授の研究は、間違いなく私たちを豊かにしてくれるものです。そして最も素晴らしいのは、彼が有言実行であるということでしょう。彼は、ただ自らの精神と自由を鍛え上げたいだけなのです。

  • Dow, S. R. (2015). Muchedumbre, artes y política. Byung-Chul Han y las racionalidades comunicativas contemporáneas. Palabra Clave, 18(2).