ハンス・ロスリング:人口統計の予言者

2019年8月7日
ハンス・ロスリングによると、今後数年間で、私たちは世界の人口に大きな変化を目撃することになるそうです。読み進めてさらに詳しく学んでいってください!

ハンス・ロスリングの予言がかなりの注目を集め始めたのは、彼の設立したギャップマインダー財団が驚くほど興味深いソフトウェアを開発した時からでした。その主な特質は、統計データを相互作用的なグラフに書き換えるというものでした。これらのグラフによって、ハンス・ロスリングは世界の重要な人口動向を可視化することに成功したのです。

このスウェーデン人公衆衛生学者兼教授は、誰もが彼のコンピューターを調べたがる、とジョークにしていました。なぜならこの中に世界の経済成長情報が詰まっているからです。そして彼は正しかったのです。ハンス・ロスリングの人口統計学的予言は、経済の運命についても暗示するものだったのです。

グーグルは、2007年にギャップマインダー財団のソフトウェア、Trendalyzerを購入しました。これにより、この多国籍科学技術企業は有名なモーションチャートを公開することができ、人々は主な人口統計や経済トレンドを見ることができるようになったのです。

しかし、ハンス・ロスリングの近未来についての予言はどんなものだったのでしょうか?読み進めてみてください!

ハンス・ロスリング 人口統計 予言者

世界の未来は、人々の寝室での営みにかかっている

この研究者は非常に厳格な学者であっただけでなく、優れたユーモアのセンスも持ち合わせていました。従って、彼の予言のうちいくつかからはそんなユーモアを感じられるのが特徴です。例えば、この予言では、世界の経済はウォール・ストリートや国際通貨基金で何が起こっているかに左右されるのではなく、人々の寝室にかかっているのだ、と述べています。

基本的にこの意味するところは、経済の未来は各カップルに何人の子どもがいるかにかかっている、ということです。彼はまた、クオリティ・オブ・ライフが上昇すると出生率は下がる、とすら述べています。よって、各国の未来は人々の寝室での営みが握っているということになるのです。

アフリカ:ハンス・ロスリングによる予言の1つ

ハンス・ロスリングによると、アフリカは2015年から2050年の間に経済的な成長を経験することになるそうです。だからこそ、彼はこれを’中国の出現’と呼んでいるのです。

彼は、最速の経済成長はアフリカのものになるだろう、とすら推測しています。ロスリングは、百万長者になりたいならばアフリカに投資すべきだ、と述べました。アフリカのタンザニア、エチオピア、ガーナといった国々では、すでに人口の20%を教育を受けた女性たちが占めています。この事実は人口統計学的変化を引き起こし、全体の成長を促すことになるでしょう。

退職年齢は引き上げられる傾向に

世界は年老いてきており、高齢者の人口がかなり増加しています。いくつかの国々では、65歳以上の成人が人口の大部分を占めるようになっています。そして多くの国に言えることですが、働かない人が増えると国家財政が苦しくなるのです。

近い将来、退職年齢は75歳になるだろうとロスリングは指摘しています。大部分の人々が”ゴルフをして”10年以上の余生を過ごせるくらい余裕のある国はほとんどないでしょう。さらに、科学の進歩によって加齢性疾患の発祥はさらに高齢になってから起きるようになってきています。

ハンス・ロスリング 人口統計 予言者

アジアの女性たち

ハンス・ロスリングのデータによると、アジアの多くの国々で逆説的な状況が発生しているようです。一方では、女性たちは学問の世界でも労働の世界でも、かなりの割合を占めるようになってきています。しかし、社会は未だ性差別的伝統に縛られているのです。

この状況は、多くのアジア人女性たち、特にシンガポールと台湾の女性たちに人生の選択肢としての結婚を諦めさせてしまっています。彼女たちは、結婚してしまえば夫やあるいは義理の父にすら活動を制限されてしまうであろうことを分かっているのです。これこそが、労働市場におけるアジア人女性の台頭が見られる一方で、出生率はかなりの速さで減少していることの理由です。

移民の制限は世界にとって必要不可欠である

ハンス・ロスリングにとって、移住は世界に混沌を引き起こす現象です。この理由から、移民がさらに制限されるようになっているというのが現状です。これは、より良いチャンスを求めて裕福な国へと移民していく人々に特に適用されています。

ロスリングはこれが家族を破壊し、違法ビジネスを奨励する原因になる、と述べています。よって、この問題を解決するためにさらに徹底的な制限がなされるべきなのです。ハンス・ロスリングにとって、こういった制限は移民や彼らの家族、そして彼らの母国にとっても恩恵をもたらすものだそうです。

ハンス・ロスリングによる予言の全ては、利用可能なデータの分析を基にしています。人口統計に関する予言はかなり正確であることが証明されてきました。だからこそ、今後数年間のうちに彼の予言が実現してもそれは驚くべきことではないのです。

  • Granchetti, H., Ponteville, C., & Nuñez, M. (2017). Una imagen vale más que mil datos: las representaciones gráficas en la enseñanza de la Estadística. UNIÓN, Revista Iberoamericana de Educación Matemática, (51), 236-249.