発達における最も重要な6つの理論

2019年6月16日
発達に関する6つ理論には、ゲシュタルト心理学、精神分析、行動主義心理学、認知心理学、ピアジェ心理学、ヴィゴツキー心理学があります。

発達心理学とは、人生のすべての段階にわたる人間の研究です。この研究では時間の中で、いかに認識力が発達し、どのようにして行動が変化するのかという点に着目します。これは応用心理学の分野に豊富な知識を与える興味深い分野です。発達心理学を混乱することなく理解する最もよい方法は、発達に関する最も重要な6つの理論を見ていくことだと思います。

発達心理学によって得た情報を説明していくためには、今では廃れてしまった考え方について話していく必要があります。心理学者たちが過去数十年の間で築いてきた成果を説明する上で、それらを理解していくことはとても重要です。進化論的な側面から論じられる発達に関する6つ理論には、ゲシュタルト心理学、精神分析、行動主義心理学、認知心理学、ピアジェ心理学、ヴィゴツキー心理学があります。

発達における理論

ゲシュタルト心理学

ゲシュタルトの心理学は、心理学界に現れた最初の科学的流行の1つでした。今日において、彼の考えとの関連性はなくなったものの、知覚研究に対する彼のアプローチは紛れもなく革新的でした。そして彼の理論に同意した心理学者たちは発達研究における知名度はありませんが、知覚研究においては際立って目立っていました。

発達における最も重要な6つの理論

ゲシュタルト心理学によると、人間は世界に対する意味のある認識を維持し、それを獲得するためにある構造を利用するといいます。これらの構造は物理的な基盤を持っており、その質は人々の発達によって左右されます。さらに、それらは複素数の合計や複素数単位の分解の積として定義することもできます。混乱してきますよね。もう少し分かりやすく説明してみましょう。

発達に関してゲシュタルト心理学が述べようとしていることは、生物的原点の構造に基づいています。人は、成長するにつれてこれらの構造の使い方を学びます。結果として、発生期や進化期における「発達」はないのです。そこにあるのは、脳の能力の進歩的な発見だけなのです。最近の研究によって、これらのことが正しくないことが分かっていますが、そこには認知過程の起源と進化があるといいます。

精神分析学

精神分析学の父と呼ばれる人は明確です。その人とはもちろんジークムント・フロイトです精神分析は、潜在意識の衝動が私たちの行動に及ぼすという考えを強めました。この心理学の分野はどちらかといえば非科学的な方法を採用しており、その理論には少々粗が目立ちます。しかし、これは発達研究に大きな影響を与えてきました。精神分析の理論は、幼少期と思春期に関する心理学の考えに革命を起こしたのです。

精神分析学において発達というのは、子供が人生の各ステージで求める一連のニーズによって生じていると考えます。したがってこの理論では、そのニーズがどれだけ満たされているかということに特徴づけられる一連のステージを発達と定義しています。精神分析学ではさらに、幼少期を含む全てのステージにおけるセクシュアリティの重要性が強調されています。

行動主義心理学

この理論は、精神分析の非科学的な態度に対する反応として生まれたものであり、極端に実証主義的な理論でもあります。行動主義心理学では、直接測定できないものはすべて心理学の領域の外側にあるものとして考えます。そのため、この心理学は、知覚刺激と誘発された行動の関係性のみを研究対象とし、測定することができない中間媒介変数は事実上無視します。

行動主義心理学者たちは、この枠組みの中にある学習によってのみ発達を理解できると信じています。つまり、経験を通して受ける刺激に対する答えを子供達は生まれつき持っているというのです。そして彼らは、非常に単純なプロセスを通じて、さまざまな複雑な動作を生み出します。行動主義心理学における発達理論の問題点は、それがあまりにも還元主義的な側面に陥っているということです。

発達における最も重要な6つの理論

認知心理学

認知心理学は行動主義に呼応するように誕生しました。この心理学では刺激と行動の間に介在する内部プロセスの研究が焦点となります。そして、認知心理学は、人間の脳に関する計算論的およびコネクティビスト論的視点を生み出しました。今日において、認知心理学はとりわけヨーロッパにおいて、最も一般的な理論の1つとなっています。

発達理論において、認知心理学は、人々が物事の内部表現を構築する情報を生み出していると考えます。構成主義的な原則にのっといていることからも、このようなアプローチはピアジュ心理学やヴィゴツキー心理学と近似しています。しかし、プロセスを結合的に捉えているため、本質的には行動主義心理学に近い部分もあります。

ジャン・ピアジェ

ピアジェは、発達理論における最も重要な心理学者の1人であり、心理学者たちの間では構成主義の父として知られています。この理論は、子供達が自分が直面する問題に基づいて自らの世界を構築しているという考えに基づいています。つまり、ピアジェの発達理論は、知識の形成に焦点を当てているのです。

このような構成主義的観点を用いることで、ピアジェは発達をいくつかのステージに分類するための理論を開発しました。このステージは普遍的なもので、全ての人々がほぼ同じ年頃にこれらのステージを通過するといいます。ピアジェの理論と発達のステージについてより知りたい方は、こちらを参照してください。

発達 理論

レフ・ヴィゴツキー

その他の発達研究における重要人物にレフ・ヴィゴツキーがいます。ピアジェ同様、彼も構成主義的観点から発達に関する理論を構築しました。彼らは似たような見方に有していたのも関わらず、注意を向ける側面が異なっていました。ピアジェは、人とその環境の間にどのような相互作用があるかということに焦点をあてました。その一方で、ヴィゴツキーは発達に関する文化的および社会的影響に焦点を当てました。

ヴィゴツキーにとって、発達とは個人の社会的環境と不可分な関係にありました。なぜなら、発達とは文化や社会が行動の形態や知識の体系化を伝達するものであり、ただコピーとペーストを繰り返すだけのプロセスではないからです。子供達はそれぞれ、社会規範に従って自らの現実を構成します。このような理論は社会的構成主義と呼ばれています。

彼の理論は多くの可能性を秘めて興味深いパラダイムです。多くの人はピアジェとヴィゴツキーの理論が相反していると考えているものの、それらの理論の相違点は簡単に埋めることができます。そして、この2つの理論の類似点を見るためには、視野を広げ、他の研究手法を考慮する必要があります。