生後9か月:赤ちゃんの発達の節目

2019年5月9日

赤ちゃんは常に成長を続けています!生後9か月の赤ちゃんは、本当の冒険と発見の段階にあります。人間にはとても素晴らしい学習能力があり、それを促進する環境がある場合にはそれは特に目覚ましいものになります。

以前に述べたことがあるように、こういった赤ちゃんの成長の節目はおおよそのものであり、正確ではありません。赤ちゃんにはそれぞれのリズムがあるということを強調しておくことが大切でしょう。何かをするのに時間がかかる子もいれば、同じことが早くできる子もいます。しかし、だからといって心配したりお子さんにそれを無理にさせようとしてはいけません。各ステップにおいて、小児科の先生が相談に乗ってくれ、お子さんの発達についての質問に答えてくれるでしょう。

生後9か月の赤ちゃんの発達

赤ちゃんが9か月になると、本当の探検が始まります。常に家やまわりの人々について調べたいと思うようになるのです。目の前の赤ちゃんは、すべてを徹底的に見て、触りたいと思っている小さな人間なのです。

抱っこされることにはもうあまり興味がなくなります。9か月になると、地面の上で世界を調べ、自分の手で触りたいと思うようになるのです。赤ちゃんはハイハイをして動き回ります。ときに、驚くべき速さで動きます。しかし、あまりにも自由にさせておくと、危険なこともあるので注意です。

この赤ちゃんの発達段階においては、私たちが特に注意を払わなければなりません。赤ちゃんが探検しているときは、しっかり注意し、用心しなければならないでしょう。赤ちゃんはいたるところへ行きたがるので、家の中を冒険するのに安全な場所にしておかなければなりません。

生後9か月の赤ちゃん

生後9か月の探検家がいること:要注意!

赤ちゃんは今やサポートがあれば立ち上がることができますし、ときにはサポートが無くても立てることもあるので、私たちは本当に気を付けなければなりません。まず、コンセントをカバーする必要があります。また、大切なものは家具のてっぺんの子どもの届かない所に置かなければなりません。

階段がある場合にはゲートが必要です。そして、子どもの背の高さにある引き出しにも注意しなければなりません。お子さんは引き出しを開けて何の問題もなく中身を取り出してしまうからです。

また、赤ちゃんは私たちの言うことを喜んで真似して、とってもおしゃべりになるでしょう。私たちの声を真似するのを見るのは本当に楽しいですよ!とてもおもしろい会話をしているかのように、さまざまな音を発するのです。

最初の言葉と模倣

子どもが最初の言葉を言えるようになるのも生後9か月ごろです。それより早いこともあります。驚くべきことに、その言葉はママやパパでないこともあるのです。しかし、意味の分かる言葉です。赤ちゃんの「会話」は親やペットの真似や、甲高い声などの音です。赤ちゃんは自分の声や、それによってできることで遊ぶのが好きなのです。この発達段階では、音や刺激を以前にもまして喜ぶようになります。

お子さんはまるでスポンジです。そして私たちはお子さんの見本になります。それはなんと光栄で、責任のあることでしょう! 私たちは子どもの感覚を刺激し、能力を試すことで、子どもの成長を助けてあげることができるのです。

生後9か月の発達

生後9か月の赤ちゃんを刺激するには

発話については、私たちが物や動物を指さして、お子さんが私たちの顔を見ているときにその名前を言うようにしましょう。私たちが見えると、赤ちゃんは私たちの口の動きを真似し、指さしているものと自然に結び付けることができるのです。

また、赤ちゃんは容器にものを入れたり出したりするようなゲームが大好きです。それは赤ちゃんの空間的能力を発達させるのに役立ちます。さらに、原因と結果の理解を進めることにもなり、特定の状況で何が起こるかを予測することにそれを使えるようになります。

ご覧の通り、生後9か月はお子さんの発達において内容が一杯で興味深い段階です。赤ちゃんにはとてもたくさんのポテンシャルがあります。あなたの9か月のお子さんは、常にあなたを驚かせることでしょう! そしてそれはまだ始まりにすぎないのです…