ハーマンモデルによる利き脳:あなたは何タイプ?

· 2018年8月27日

ハーマン脳優勢度調査は120の質問からなり、情報をどのように処理するか、どんな学習スタイルに適しているかを見極めるツールです。この興味深いモデルでは、脳に4つの部位があり一般的に特定の傾向があるとされています。

もうこのテストを受けたことがある人もいるかもしれません。しかし、あまり一般的なテストではありません。なぜでしょうか?ハーマン脳優勢度調査(HBDI)は、神経学的な観点から言えば信ぴょう性が証明されていないからです。科学者の多くは、通俗心理学と呼んでいます。

 

「精神はいっぱいにするべき容器ではなく、焚きつけられるべき火である。」

-プルタルコス-

利き脳や側性化というトピックはかなり議論を呼ぶものです。例を見てみましょう。例えばこのツールは、想像力が脳の右側にしか存在しないと説明しています。しかし、これは実は正しいとは限りません。創造的な処理は、素晴らしい神経活動を通じて脳の全体のエリアで起こるものなのです。

では、ハーマン脳優勢度調査は完全に使えないということでしょうか。そういうわけでもありません。非常に役立つ側面を持っており、この記事ではそれをご紹介します。テストには重要な前提があります。人はそれぞれ特定の情報処理、送信、受け入れ、データの解釈方法を持っている、ということです。

勉強している学生や働いている自分を見てみましょう。几帳面でとても保守的な人もいれば、革新的な人もいます。もっと見た目重視の人もいれば、音で情報をよりよく処理する人もいます。これらすべてがハーマンの理論にフィットするのです。

光る脳

ハーマンテストでの利き脳

90年代に開発されたこのツールを見ていく前に、その開発者のネッド・ハーマンについてもっと知っておきましょう。彼は、 アメリカン・クリエイティビティー・アソシエーションの会長であり、クリエイティブシンキングと論理の分野におけるパイオニアです。物理と音楽を専門としています。若いころから、ゼネラル・エレクトリックにて、従業員の生産性、モチベーション、想像力の改善のために努力してきました。

ハーマン氏は、従業員の異なる思考・学習スタイルを分析します。そこから、脳マップを導き出し、脳4象限を開発して、4つのタイプを確立しました。人が学び、考え、想像し、理解する方法は4つの方法のいずれかに当てはまる傾向にあります。

ハーマンの理解する利き脳は次のタイプに分かれます。

 

タイプA:分析的

ネッド・ハーマン氏は、このようなタイプをエキスパートと呼んでいます。論理的、分析的、技術的思考スタイルの人たちです。

  • 具体的な事実からデータを収集する超理性的な人たちです。
  • 競争心が高く、個人主義で、知性のある皮肉っぽい人でもあります。良いユーモアのセンスの持ち主です。
  • 適している職業分野は、数学、物理、エンジニアリング、科学です。
    頭痛

タイプB:組織スタイル

名前の通り、秩序を愛し几帳面な組織タイプの人です。

  • 最初に計画をしてからでないと何もしません。予測ができて、従来的なコントロールのきくものを好みます。
  • 一般的に、「組織」型の人は会社重役、マネージャー、経理等に向いています。

タイプC:対人型

タイプCの人は、利き脳が感情や他人とつながりたいというニーズに傾いています。他人と交流し、自分をいかせてギブ&テイクできていると感じられるような社会的なコンタクトを好みます。コミュニケーションが得意で、自由で、外交的な人たちです。一般的に、ジャーナリズム、介護、ソーシャルワーク、弁護士などに向いています。

タイプD:実験的

4つ目のタイプの利き脳の人は、総体的な精神を持つ性格の人です。視覚的で、自由でとても想像的です。リスクを伴ったとしても、実験したり革新的でいることを好みます。常に未来を見据えて、現在からも学びを得ようとします。建築家、作家、音楽家、画家、デザイナーなどが向いています。女性

ハーマンの4つのタイプのテスト結果を見ても、自分はどれにも当てはまらないと思う場合があるかもしれません。よくあることです。ハーマン脳優勢度調査 (HBDI)では、60%の人が4つの複数に当てはまる特徴があるという結果になっています。

どれか一つのエリアが他より優れているということはありません。この結果が何かを決定づけたり予期しているわけでもありません。これが指し示すのは、自分の環境とコミュニケーションをとるときにどのような反応をしがちかということだけです。情報処理のスタイルの問題です。自分をもう少しだけよく知るためのツールです。さて、みなさんも一度試してみてはいかがでしょうか?