人を遠ざける有害な行動7つ

2019年3月26日

人を惹きつける行動があるように、人を遠ざける有害な行動があります。この有毒な行動は、家族や友達との関係にネガティブな影響を及ぼします。大切な人を気遣い、サポートシステムをおびやかさないよう、人を遠ざける有害な行動を認識し、変えましょう。

時に、嫉妬がこの行動を促すことがあります。嫉妬は人間関係を壊し、コミュニケーションに影響を与えるネガティブな感情です。

 

1.人の成功をねたむ

まず、最初の人を遠ざける有害な行動は、先にも述べた感情と、自分は何においても成功していないという感情が混ざったものです。この行動に気づいたら、人と自分を比べることをやめるのが一番です。

比較は、社会的情報に価値を与えるというのは事実です。例えば、他と自分を比較し、その分野で自分が最高か最低かを見ることができます。このような比較を上手く利用することは可能です。しかし、特に、ねたみの感情を抱きやすい場合は、自分と人の比較はあまり役に立ちません

有毒な行動をする女性

 

2.批判を個人的に捉える

批判から自分を守るために人を責めたり、守りの姿勢をとることはあまりよくありません。自分にその傾向があるのであれば、落ち着いて、自分のエゴから言葉の流れを離し、転換させましょう。大抵、エゴにより、批判を個人的攻撃だと捉えてしまいます。

人の意見に全く動かされない、ポジティブな姿勢を適応すべきだという意味ではありません。そうではなく、人の視点を賢く利用できるよう、自分の判断を調整するということです。

 

3.自分を被害者とする

被害者になりきるのは、人を遠ざける有害な行動のひとつです。様々な問題がすべて自分に向かっているように感じる時、こうなりやすいものです。これは、自己成長の妨げになるだけです

 

4.痛みにしがみ付く:有害な行動のひとつ

何かに悩んだり、落ち込んでも、いつかそのネガティブな感情は消えていきます。自分が困難な状況にある時、毎回、痛みや怒りを重ねていては、人は苦しく、辛くなってしまいます。

 

5.自分の感情をコントロールしない

人は、いつも、感情をコントロールする努力をすべきです。そういう意味で、パニックになったり、怒り狂う、泣く、癇癪をおこすなど人を遠ざける行動に気づくことは、第一ステップでしょう。

そうでないと、セルフコントロールができない幼稚な人であるというイメージを作ってしまいます。ここで、感情的知性を適用すると良いでしょう。あなたに関して人が言うことに耳を傾け、自分のために、感情をコントロールするのです。

有害な行動をする男性

 

6.共感の欠如

共感は、非常にポジティブな素質です。人の身になって考えることができると、人の問題を理解しやすくなります。また、それにより、あなたの感情的知性も高まります

人に共感することで、人との絆は深まります。

 

7.境界線を尊重しない

自分の境界線を尊重してほしければ、人の境界線を尊重すべきです。人の境界線を見極めるには、関わる相手をみる必要があります。相手の社会的環境が、好きなものや嫌いなものの手がかりになるかもしれません。

例えば、日本人や中国人は、人との距離をより広くとる傾向があります。反対に、地中海の人々は、人に話しかける時や身体的接触をする時、あまり気兼ねしません。

人を遠ざける有害な行動を避け、より健全で幸せな人生を楽しみ、人と良い関係を築きましょう。

Albrecht, Karl (2005): “Inteligencia social. La nueva ciencia del éxito”. Disponible en: http://www.elmayorportaldegerencia.com/Libros/CRM/%5BPD%5D%20Libros%20-%20Inteligencia%20social.pdf