本を読むことの効果:新しい世界の発見

2019年10月3日
本を読むことで、まったく新しい世界が広がることがあります。読書にはたくさんの良い効果があります。この記事を読んで読書の素晴らしさを発見しましょう。

本を読むことはたくさんのことを与えてくれます。私たちの気持ちを高めたり、ワクワクさせたり、別の世界へと誘ってくれることもあります。また、読書は、自己の成長、共感、新しい視点を発見する機会を与えてくれます。この記事で、読書の効果を再発見していきましょう。

本は、私たちを色々な新しい場所へと連れて行ってくれます。しかし、その効果と価値は過小評価されがちです。新しい人物に出会ったり、ほかの視点で物事を見たり、別の世界に誘ってくれる本当に良い機会を読書は与えてくれます。読書の効果を知っている人にとっては、本を読むということは、最高のギフトの一つであり、人生の中でどんな状況に置かれていても恩恵を得ることができる、いわば相棒と行ってもいいでしょう。

読書は果てない可能性への扉を開けてくれます。魔法の世界や過去の話、未来の世界などさまざまです。読書は未知の世界への扉を開けるための鍵であり、人生にインスピレーションを与えてくれます。それに、様々な感情を思い起こさせてくれ、生きていることを実感させてくれます。

言葉の海に身を任せることで、普段とは違った稀な経験を得ることができます。読書は私たちに感動や驚き、また自分を見つめなおす機会を与えてくれます。そして時には人生を変えてしまう力さえ持っているのです。

「本は一番静かで、誠実な友達だ。いつもそばにいてくれる、賢いカウンセラーであり、我慢強い先生でもある。」

―チャールズ・ウィリアム・エリオット―

読書 新しい世界

読書の効果:創造、構築、そして理解

本は私たちを育て、疑問を投げかけ、新しい視点を与えてくれます。全ての感覚を集中させることで読書は私たちを豊かにしてくれます。素早く目を通すだけでは作者がその作品の1ページ1ページで伝えたかったことは読み取ることはできないでしょう。

きちんと読書すると、登場人物に感情移入し、物語の中で起こる出来事を体験し、頭の中で登場人物が繰り広げる会話にまるで参加しているような気になり、実際の人物のように感じることができます。また、作者が伝えようとしている新しい理論やコンセプトを学ぶこともできるでしょう。読書とはこの全て、またそれ以上のことをも可能にしてくれます。

読書とは、創造、想像、理解、共感、そして構築を可能にしてくれるアクティビティです。読書とは作家と読者の言葉を通したコミュニケーションなのです。

心理学者のポール・ワツラウィックとマーセロ・セベリオは著書「世界の構築」の中でこのことについて述べています。それによると、読書とそれから生じる意見や考えは、筆者と読者による双方の解釈のプロセスとして構築されていくとしています。

筆者と読者双方が相手を知り、物を作り上げていく、真の美術作品といっていいでしょう。本は、本当の価値を持つメッセージが作り上げた作品なのです。

「遠くに旅したいなら、本以上に良い船はない。」

エミリー・ディキンソン

読書の心理的な効果

読書は学びのドアを開けてくれ、ワクワクする物語へと誘ってくれます。私たちを豊かにしてくれ、頭脳に刺激を与えてくれます。また、読書することで、記憶や論理的思考、理解といった脳の処理能力を高めてくれます。読書には私たちの”視野を広げる”力があるのです。

心理学者で、バルセロナ大学精神科学課所長であるイグナシオ・モガドは、読書が脳の一部を活発化させると述べています。

  • 後頭および側頭皮質が言葉の意味を理解する
  • 海馬と側頭葉が言葉を理解し、記憶と共に脳を活性化させる
  • 刺激的な文章を読むと、フィクション、ノンフィクション関係なく、扁桃体とほかの感情的な部分が活性化される
  • 読んだ文章を論理的に理解しようとすると、前頭前野と記憶が活性化される
読書 効果

読書で快眠

認知科学のトレンドを取り上げた学術誌に、興味深いトロント大学の研究が掲載されました。その研究で、フィクションを読むと共感と他のスキルが向上することがわかりました。これは、フィクションというジャンルの本を読むと、他の世界や社会物語が、読者の頭の中を刺激するからです。結果、社会的な経験や人間関係をよりよく理解することができるようになります

それに加えて、睡眠協会が行った研究で、就寝前に30分から1時間の読書をすると、溜まったストレスの軽減にとても効果的だということがわかりました。これは、読書が日常の心配やプレッシャーを忘れさせてくれるからです。読書は日頃の精神的な緊張から私たちを解き放ってくれるのです。

ボキャブラリーの構築

読書のもう一つの利点は、ボキャブラリーが増えるということです。特に色々なジャンルの文学を読むとよいでしょう。本を読むと、口語で使う言葉と読む言葉を頭で関連づけることができます。これにより、的確な言葉を使い、会話をよりスムーズに運ぶことができ、また書き言葉も改善されます。それに加えて、読書が創造やイマジネーション、感情に及ぼすいい効果も忘れてはいけません。

本は強い繋がりを築きあげることができる静かな友達で、様々な形で私たちに良い影響を与えてくれます。読書することで現実を忘れ、別の世界へ飛び込むことができ、私たちの世界もぐんと広がるのです。