良い同僚になるための10のステップ

17 1月, 2020
良い同僚は、どんな仕事でも楽しいものにしてくれます。現代社会で私達は多くの時間を仕事に費やし、前向きな人が多い環境があることが、生産性の基本になっています。さらに、自分が良い同僚になることができれば、仲間はあなたと一緒に働き、時間を過ごすことを好きになるでしょう。

職場に良い同僚がいることは、とても良いことです。仕事に費やす時間は長いですからね。自分の味方がいて、毎日が楽しくなれば、すべてが少し楽になるでしょう。仕事を楽しくする要因には他にもありますが、これは最も重要な要素のひとつです。

皆が良い同僚を望んでいることは明らかです。そこで、自分が良い同僚になる能力や姿勢を持っているか考えてみましょう。社会関係は相互関係です。あなたの周りに対する態度が、周りのあなたに対する姿勢を決めます。

良い同僚になることは、側にいて、人をいたわり、良い影響を与えようとすることを意味します。協力的な同僚、良い同僚になるためにはどうしたら良いでしょう?次に紹介する、10のステップを利用しましょう!

「才能は試合で勝つが、チームワークと知性が優勝する」

マイケル・ジョーダン

良い同僚

 

1.敬いがすべての基礎

良い同僚は、人を敬うことを知っています。相手を変化させようとせず、違いを認め、ありのままを受けいれます。敬いとは、思慮や親切心をもって人に接することでもあります。

 

2.リソースの共有

普通、職場ではリソースを共有しなければなりません。そして、これはよくある衝突の元でもあります。すべての人がリソースを利用でき、皆が成果をあげられるような仕組みを作る必要があります。自分の権利を守るために断定的でいつつも、妥協する時を知っておくことが必要です。

 

3.必要な時に助ける

仕事上、問題を解決するために誰もが一度は助けを求めます。良い同僚になるためには、助ける意志が必要です。人のために仕事をしてあげるのではなく、必要なツールやコンセプトを与えることが大切です。

 

4.同僚を支える

職場で難しい時期があるのは異常ではありません。このような時、同僚の支えは非常にありがたいものです。

相手のセラピストになるということではなく、やる気がなくなった時に応援し、落ち着かない時に話しを聞き、理解することが重要です。

 

5.人のミスを認める

あなたも同僚も人間であり、ミスをすることがあるということを忘れてはいけません。嫌な同僚は、誰かが失敗した時に、恥をさらし、事あるごとに指摘します

一方で、良い同僚は、人はミスをする生き物であることを理解し、ミスを補うために支えます。

 

6.話を聞く

同僚の話を聞くことは、相手の発言を注意深く聞く、積極的な行動です。情報を処理し、あなたがもつ情報とつなげましょう。聞くことは人に優しくすることで、発言を認め、自分なりに理解することです。良い聞き手であることは、開放性の印で、一般的に良いコミュニケーションにつながります。

 

7.話すことで問題と向き合う

起こりうる問題について話し合うことは、職場で非常に重要です。チームの一員として建設的なスキルです。

何か問題を抱えている時、黙っているのは良いことではありません。今よりも問題を大きくすると、すべてが悪い方向に向かいます。そうではなく、落ち着き、直接的に自分を表現しましょう。

 

8.経験がある同僚から学ぶ

自分より同僚の方がいろいろ知っていると思いたくない人は多いものです。これはあまり賢くありません。自分より経験がある人に心を開く方が合理的です。相手の話を聞き、専門性を高める機会として捉えましょう。

 

9.競争より協力

協力することは、ひとつの目標を達成するために最大の努力をし、平等にチームとして働くことです。

同僚と競おうとすると、自分が勝つために自分のゴールだけに目が行き、敵対的な職場環境を作ることになります。

ひとつの目標に集中することが難しい時、次のアフリカのことわざを思い出してください。「速く進みたければ、一人で行こう。遠くに行きたければ、一緒に行こう

 

10.同僚の成功を認める

自尊心の低い不安な人は、人の成功を認めたがりません。良い同僚は仲間の成功を大切にし、それは快適な職場環境を生みます。

仕事をより楽しくするために、良い同僚になるための10のステップをぜひ使ってみてください

  • Littlewood, H. F., & Rojas, L. E. A. (2017). Comportamiento Organizacional Ciudadano o Buen Compañero de Trabajo: Antecedente y Consecuencias. Revista de la Facultad de Contaduría y Ciencias Administrativas, 2(3), 1-17.