いい人でいることは馬鹿なのとは違う

09 4月, 2018

いい人でいることは、馬鹿であるということではありません。Asturian Society of Psychiatryによれば、いい人でいることには価値があります。感情的な満足感を与えてくれるからです。人道的な価値は、保護的な要因があります。

ほとんどすべての文化に当てはまり、世界的にいいとされている10つの価値があります。優しさ、普遍主義、独立思考、ワクワクした人生を送ること、個人的な成功や達成の追求、力。さらに、もっと伝統的な3つの価値があります。安心感、協調、伝統です。

 

いい価値観を持ち人生を送ることは、寛大さがない社会からあなたを守ります。近年、この寛大さは益々低くなっているように感じられます。鬱、不安症、ストレスなどの病気を引き起こしている問題がわたしたちの世界には常に存在しているのです。

「毎日が同じになるのは、日が出る度に人生に現れるいいことを人間が認識するのをやめたからだ。」
-パウロ・コエーリョ-

友達のいいところを見つけることで自分のいいところが見つかる

他の人に与えるすべてが、人生の中でもっと大きな尺度であなたに戻ってくるブーメランのようです。考え、感情、行動を通じて友達のためにいいことをすると、他人との関係を高めます。この関係は、あなたの感情的幸福に不可欠な心地よい感情を与えます。

牛とクマのぬいぐるみ

他人に与えることのほとんどは、人生のどこかのポイントまたは環境で自分に返ってきます。多くの場合はもっと大きなスケールでです。愛と、いい人になることを通じて他人を助けることが大事です。与えることによって、自然の法則が働くように自分を自動的にオープンにしていることになります。すべての感情は、常に巡り巡っているのです。

公益の構造は、みんなの責任です。現在、わたしたちの社会には無関心の感覚が広がっています。人々は疲れ、これによって不信感が生まれます。人生の多くの面でだまされたり裏切られたり感じたことがみんなあるはずです。この状況にただラベル付けするのではなく、根本的な問題は、いい人になることでこの不快な感覚をどのようにして取り去るのか、ということです。

社会はそれを行う個々の人間にとってローモデルとして機能する姿勢が必要だ。過去にひどいふるまいをした人を判断することを忘れる、これがより良い未来を確実にする唯一の正直な方法だ。

他人に施すことは自分を与えることです。あなたが耐えていることは、自分自身を抑制していることです。

最も素晴らしいシンボルは優しさ

どんな優しさの行いも、力の表われです。情け深い人であることは、意地悪なことに対するあなたの耐性を高めてくれるということではありません。あるいは、慣性に身を任せるということを示唆しているわけでもありません。かわりに、それは良いことを行おうという意思を持っていることを意味します。あなたが行ってきたいいことの分だけ、あなたはいい人になれます。

ブッダには、愛情に溢れた優しさがありました。月の光は星より6倍輝きます。同じように、愛情に溢れた優しさは、すべてのあなたの偉業を集めたものより6倍効果的にこころを開放します。あなたが善い行いを養えば、恐怖と悲しみは飢えで死に絶えます。

辛抱強さは、良い人に見られる特徴です。愛する人に自由を与える能力です。優しさのアートは、とても少ないように思われます。しかし、思っているよりよく見られるものです。

アイスクリームをシェア

いい人にお返しするベストな方法は、感謝です。称賛することは、あなたの一生懸命の努力が認められたことを意味します。誰かの思いやりは、あなたがそばにいることが彼らにとって重要であり、あなたはいい人であるということを意味します。感謝は、あなたが他人にとって役立っており、言葉、姿勢、行動が信頼できることを意味します。これら3つのエレメントが一緒になって (称賛、思いやり、感謝) もっと親密で強固な関係性を可能にします。

「いい人は賢い。意識的あるいは潜在的に、わたしたちが他人にすること、自分にすることの意味を理解できるからだ。」