一緒に楽しい旅が出来る人ってどんな人?

· 2018年12月1日

どんな時でも、旅に出かけるということは素晴らしい経験になります。ひとりでも、仲間と一緒でも、お金があってもなくても、近くても遠くてもです。旅をしている間は普段の生活から離れ、新しい物事を体験します。まるで心を「冒険モード」に切り替えるようです。旅は刺激的でメリットもたくさんあります。楽しい旅の仲間が一緒なら、それはもっと素晴らしいものになるでしょう。

旅をするなら、それを分かち合える仲間がいたらもっと良いと思いませんか? 仲間がいると可能性もさらに広がります。訪れた場所の印象や新しい発見をその場で分かち合うことが出来ます。

こちらもご覧ください 見分けるべき7つのいつわりの友達のタイプ

高い山に登る時、友を残して一人で山頂に立つ者などいない

テンジン

 

ですが楽しい旅にするのに、連れは誰でもいいというわけではありません。人によっては素晴らしい瞬間をぶち壊すような、悪夢のような人もいます。一方旅を一層楽しくしてくれる人もいます。それではどうやってそれを見分ければよいのでしょう? ここでは旅の楽しい仲間を見分けるのに役立つ5つのヒントをご紹介します。

 

良い旅の仲間は助け合える

「仲間」という言葉には、暗に連帯と支持という意味が含まれています。他の人と互いに助け合える人。気持ちを分かち合い、相手の行動や感情を受け止められる人。自分の気持ちを抑えて相手に手を差し伸べることの出来る人です。

仲間とは

助け合える仲間の存在は、旅をより一層楽しいものにします。あなたの自信を引き出し、新しいことを発見したり探検することへと導いてくれます。困難なことにぶつかった時、力を与えてくれます。一方自分勝手な仲間は、全ての旅の楽しみをあなたから奪ってしまいます。

 

柔軟性があり自立している

新しいことに足を踏み入れることは驚きの連続です。例えば今日はビーチへ行こうと計画していたのに、突然大雨が降って止みそうにもない。計画を変更しなければなりません。もしかしたら考えてもいなかった、けれどももっと楽しそうなものを見つけることが出来るかもしれません。もし旅の仲間に柔軟性がなければ、こういった変更にも対応できない可能性があります。

誰も人のお守りなどしたくはありません。だから旅の仲間は自立した人である必要があるのです。一緒に旅をしているからと言って、全てを一緒にしなければならないというわけではありません。互いに自立していれば、負担をかけあうことのない、楽しい旅が出来ます。

 

同じくらいの予算

あなたにお金の余裕があるなら別ですが、そうでないなら同じくらいの予算を持った人と旅をするようにしましょう。そうでなければ何かをする時ぶつかったり、どちらかがやりたいことを諦めなければならないということになってしまいます。

サンフランシスコ

互いの意見が一致していれば別ですが、出来ることなら共に経験し、全てを割り勘に出来るのが理想的です。細かいことまで計算すべきと言っているのではありません。ですが、平等である方が互いにとって気持ちが良いでしょう。こういった事については、旅に行く前にはっきりさせておくことをおススメします。

 

興味のあることが似ている、または正反対でない

旅の中でやりたいことが出来るというのは大切なことです。思うことをやってみましょう! 一緒に行く仲間はそういった事が共通している、似ている方が良いでしょう。もしそうでないとしても、少なくとも正反対ではない方が良いです。そうでなければ旅は片方、もしくは両方にとって散々なものになるかもしれません。

ライフスタイルや興味が全く違うと、衝突や緊張の元となります。相手の好みやそうでないものを受け入れることに疲れてしまうでしょう。互いが必ずしも全てに同意する必要はありませんが、意見が全くすれ違ってしまうのは問題です。

こちらもご覧ください 愛は来ては去るもの。でも友情は永遠

 

エネルギーやリズムが似ている

人によって旅をどのように楽しみたいかは違っています。遅くまでゆっくり寝て、あまり計画を立てたくないという人もいます。一方で、疲れていても眠たくても、時間を惜しんで出来るだけ楽しみたいという人もいます。

旅の仲間

スケジュールの組み方は互いが同意できるものにしなければなりません。アクティブに動き回ることや、その逆にゆっくりくつろぐことを相手に押し付けるようなことはしてはいません。旅は思っている以上に疲れるものです。ですので、同じような動きのリズムを持った人と行くことをおススメします。互いをサポートし合い、台無しにするようなことを避けましょう。

私たちは誰しも、長所と短所を持っています。完璧な旅の仲間などいません。時には我慢も必要です。相手の意見に同意できないこともあるでしょう。ですが、ここでご紹介したヒントを旅の前に抑えておくと、楽しい旅をすることが出来ます。どうしても難しいようなら、他の人を探すかあるいは、一人旅も良いでしょう。