人生にまつわるヴァイキングの七つのことわざ

2019年10月1日
ここで紹介するヴァイキングの七つのことわざは、この社会を動かしているのは征服欲だけではなかったということを証明しています。ぜひ読み進めてみてください!

現代世界への理解を深めるために最善の方法の一つは、過去について学ぶことです。自らのルーツを分析すれば、数多くの答えへの扉が開かれます。その好例が、ヴァイキングのことわざです。彼らは、人生や死、そして社会や人類の進化に関する興味深い観点を示してくれています。

多くの人が、ヴァイキングは戦争や略奪、そして死のことしか頭にないただの野蛮な海賊だった、と信じ込んでいます。しかし、ヴァイキング族は、数多くの知恵を生み出してきた集団でもあったのです。彼らのことわざが、その事実を示す良い例です。

事実、ことわざのみならず、ヴァイキング社会は印象的な図像学や伝説を生み出しています。これらは、J・R・R・トールキンなどの才能豊かな作家たちに用いられました。彼は、自身の作品上の架空の世界「中つ国」を、ヴァイキングの世界観を元に作り上げたのです。他にも、映画化もされ、世界的に知られているスタン・リーと彼の漫画のキャラクターなどの例があります。

ヴァイキング社会には、彼らを単なる暴力的な略奪者以上の存在足らしめる何かが存在しています。歴史学者たちにより、彼らが優秀な商人で職人たちであったことが明らかになっています。また、現代にまで語り継がれる伝説や寓話を生み出した彼らの器用さは、美しいジュエリー作りにも活かされていました。そして彼らの宗教は図像学はとても濃密で複雑なものでした。ヴァイキングのことわざを読むことで、こういった数多くの素質を知ることができるのです。

権力に疑いを持つことの重要さを伝えるヴァイキングのことわざ

“権力のある者とともにサクランボを食べると、目の前に骨の雨が降ってくる恐れがある”

現代のことわざに、「付き合う友を見れば人柄がわかる」という非常に有名なものがありますが、ヴァイキングもこのことに気づいていたのです。危険な友人関係、特に権力のある者との交友は、謙虚な人々や弱者にとっては大惨事となるような結果を生み出しかねません。だからこそ、こういった人々はここぞという時に失うものが多いのです。

人生 ヴァイキング ことわざ

注意深くならなければならない

“どこかの場所に入る前には、出口についても検証しておけ”

強靭な戦士たちであっただけでなく、ヴァイキングは賢い人々でもありました。そのおかげで、彼らには用心深さも備わっていたのです。どこか新しい場所や会話、新たな職、ビジネスなどに挑戦する際はいつでも、脱出プランも持っておくべきです。いかなる場所や空間、仕事、ビジネスについても、どうすればそこから抜け出せるのかという点を考えておくようにしましょう。そうでないと、出口を見つけられず、道を塞がれた状態に陥ってしまいかねません

友情

“忠実な友人ができ、その友好関係を有益に使いたいなら、心を開き、贈り物をし、頻繁に会いに行くようにしなさい”

ヴァイキング社会では、友情や仲間意識、交友関係といったものが重要視されていました。ことわざの中にも、自分をサポートしてくれる友人の輪を大切にすることの重要さが強調されているのが垣間見られます。

ヴァイキングのことわざでは、注意深くなることの大切さが示されている

“健全でクリアな頭脳ほど優れたものはない。遠隔地では、金よりも有益であり、貧しいものを困難から抜け出させてくれるのだ”

このヴァイキングのことわざは、思慮深く、そして冷静になることの重要さを思い出させてくれます。ある人物に知性や知恵がなければ、世界中のお金全てを集めてもその人物は救われないのです。しかしこういった資質が備わっていれば、辺境の地にいたとしても困難や混乱から抜け出すことができます。これは、ヴァイキング社会には非常に勇敢な航海士たちがいたことからも明らかでしょう。実は、彼らはコロンブスよりも前にアメリカ大陸に到達していたのです。

自分の人生を生きることの大切さを教えてくれるヴァイキングのことわざ

“生きている間は、希望とともに生きろ。機敏なものたちはいつも前進できる。大邸宅が燃えているのを見たが、ドアのところには死んだ男がいた”

また、ヴァイキングたちは美味しい食べ物や享楽も好んでいました。彼らにとって、人生というのはいつでも未来を先導してくれる道筋だったのです。そして死とは誰もに訪れる自然な移行期であり、ヴァルハラが戦士たちを待ち受けているのです。

他者をバカにしすぎてはならない

“他人をバカにするような男の家は、最終的に燃え尽きてしまうのだ”

このヴァイキングのことわざには、様々な解釈方法があります。一方では、用心深さに関しての教えでもあり、他方では、自分の周囲のことに注意を払う大切さについてが語られています。注意深く、そして冷静になることが生きていく上で大切です。

人生 ヴァイキング ことわざ

手の中の鳥は…

“捕らわれの王様よりも、自由な鳥になった方がマシだ”

こちらの賢いことわざで、今回の記事を締めくくりたいと思います。多くの人がこのことわざを言葉を変えて用いたことがあるはずです。権利を守ったり、願いを叶えるためには、その他のことを諦めねばならない時がよくあります。そして、自由を諦めることで得られそうなものに目が眩み、感情的になった瞬間自由を犠牲にしてしまうことがあるのです。このヴァイキングのことわざは、そのような行動に出る前に注意深く考えることの重要さを諭しています。