自信をつける5つの方法

自信をつける5つの方法

最後の更新: 24 12月, 2018

自信や信頼は不動のものではありません。そうではなく、その心の状態は、困難な状況でそれが損なわれないよう、努力を必要とします。学び、練習し、習得するタイプの力です。これを習得すると、その効果は素晴らしいものです。ここでは、シンプルで効果的に自信をつける方法をご紹介します。気楽に日々と向き合い、心の健康を高めることができるでしょう。

 

1.役を演じる

ボディランゲージは、一瞬にして、あなたが自信をもっているか、不安であるかを表します。用意ができており、自分のコントロール下であるという第一印象を与えましょう。自信を表し、自分を信じると、自分が安心できるだけでなく、周りもすぐにあなたを信頼するようになります。

自信をもった人のボディランゲージを取り入れることで、自分が良い気分になるという研究結果もあります。自信をもった人は、顔をあげ、姿勢よく座り、肩を広げ、自分が話している相手の目を見ます。真似してみましょう。誰かに話しかけられた時、かたい握手をかわし、アイコンタクトを心がけましょう。

話す男性

 

2.役を着飾る

見た目が良いと、気分も良くなります。活動的な気分になれる服やアクセサリーを身につけ、自信をつけましょう。

あなたのポジションにふさわしいものを身につけて下さい。言い換えると、成功にふさわしい装いをするのです。アクセサリーを通し、個人の輝きを光らせることに怖気づく必要はありません。また、ちょっとしたジュエリー、変わった時計、印象深いネクタイが会話のネタになることもあります。

 

3.自信をもち、しっかり話す

好きな語り手の話を聴く時、分析してみましょう。上手な語り手は、リズミカルに、一定のトーンで、自信をもって話します。考える間に「えー」「あー」などと言わず、単に間をとります。こうすることにより、話の流れを止めることを減らすのです。

攻撃的になることなく、積極的に話すことにより敬意を表します。そうすれば、自分に自信をもてるでしょう。また、話を真剣に聞いてもらいたければ、高い声や緊張した声で話すことは避けましょう。また、緊張した笑いも避けた方が良いでしょう。

ドキュメンタリー『コスモス:時空と宇宙』の司会を担当したニール・ドグラース・タイソンは、話のプロです。これを見ると、彼が自信をもって話していること、常に聞く人を惹きつけていることが分かるでしょう。

 

4.ポジティブに考え、行動する

自信をつけるもう一つの方法が、物事のポジティブな面に注目し、ネガティブなコメントを避けることです。笑顔になって、幸せでポジティブな人と過ごしましょう。自分の気分が良くなり、職場の仲間もあなたと過ごすことを好きになるでしょう。

感謝日記をつけると、これをより簡単にすることができます。その日の喜びの瞬間や達成したことを感謝日記につけ、記憶に残すのです。感謝の心をもつと、より平和で、さらに、自信をもった自分になるとができます

自信をつける女性

 

5.行動する

自信をつけるには、着飾り、そのままの自分を続けるだけでは足りません。行動しましょう。イベントで、見知らぬ誰かに話しかけたり、いつもはしないようなプロジェクトに参加することは良いことです。大胆な行動を重ねる内に、自然とできるようになります

行動が足りないと、疑いや恐怖心が生まれます。自分のコンフォートゾーンから抜け出すことで、信頼や勇気を生み出します。その練習として、自分の長所と短所を書き出しましょう。短所をどうにかした方が良いと多くの人が言うでしょう。実は、自分の長所を試し、利用すべきなのです。ポジティブな部分にエネルギーを注ぐと、あなたの中で自信が輝きをもち始めるでしょう

さいごに、あなたが何をしても、あなたを好きではない人がいるということを頭に入れておきましょう。そこで、自分が本当に達成したいことに焦点をあて、人がどう思うかは気にしないことが大切です。

こちらの記事もおすすめ
自信のある自立した子どもを育てる7つのカギ
こころの探検で読むことができます。 こころの探検
自信のある自立した子どもを育てる7つのカギ

自信があって、自立した子どもを育てることは簡単なことではありません。私たちが介入すべき時と、好きにさせるべき時をわかっている必要があります。チャレンジや困難に直面した後、子どもの中に残り続けるライフスキルを得るために、干渉しないことも必要です。