会話を弾ませるための5つのストラテジー

07 9月, 2020
会話を弾ませる上で一番大事なのは、相手に対するオープンな姿勢です。それがあれば、世界中の人から学ぶことができます。

会話は、人間関係における主要な基盤です。これは人が社会や文化と繋がる方法です。そこで、自分のサポートネットワークを築き、それを維持し豊かにするために、会話を弾ませる方法を知っておくことが重要です。

そう言った意味で、正しいテクニックを使い、練習をすれば、ソーシャルスキルは上達させることができるというのはありがたいことですよね。これは実践を通してのみ、上達させることが可能なスキルなのです。

会話を弾ませる上で一番大事なのは、相手に対するオープンな姿勢です。それがあれば、世界中の人から学ぶことができます。うまくアプローチすれば、誰とでも心地よい会話をすることができるのです。そこで、会話をできるだけ弾ませるのに役立つガイドラインをご紹介します。

「豊かな会話とは、問題を解決するものであって話し手を疲れさせるものではない。」

-ウィンストン・チャーチル-

1.積極的傾聴

豊かな会話は、聴く力に左右されます。相手に耳を傾けるということは、耳に入れる音を増やすということではありません。傾聴は参加型で積極的なものです。

積極的傾聴を行うと、会話が独り言になることがありません。2人の内、1人だけが話すような会話は起こりません。いくらか非対称的なカタチが必ず存在するというのは事実です。どちらかが多く話し、もう一方が聴く量が多くなるものです。完璧なバランスをとることは簡単ではありません。しかしその状態に近づけば、会話はより弾みます

会話 弾ませる

2.間の大切さ

会話の中には必ず間ができます。中には、これに耐えられない人もいます。しかし、間は必要なもので、悪いものではありません。それでも、間があまりに長く、会話を終わらせたくない場合は、力添えが必要になります。

では、どのようにしたらいいのでしょうか?一番いいのは、つなぎ言葉を使う方法です。つなぎ言葉により、会話を生き返らせることができます。同じ話題について話し始めたり、新たな話題を持ち出すこともできます。「さっき言ってたことだけど」「話題を変えよう!○○についてどう思う?」あるいは「あれについて答えてなかった」というフレーズも使えます。これらは思考をつなぎ、会話を弾ませるつなぎ言葉です。

3.情報の共有

ここで言う情報の共有とは、相手の質問に対し適切に答えを返すことです。皮肉な答えや短い答えは、相手の会話を弾ませ、豊かにしたいという思いを踏みにじることになります。

相手の質問に対し、情報を足すと、会話が発生します。また、自分の開放性や考え、感情を表現したいという思いを伝えることができます。そして、ここから相互の関係が生まれます。いつも長い答えを返すべきだということではありませんが、聞いてくれた人に情報を添えましょう。

会話 弾ませる 方法

4.自己開示:会話を弾ませるカギ

自分に似た態度の人に対してオープンになりやすいのと同じように、私達は自分を信じてくれる人を信じやすいようです。より個人に関する会話をしたいのであれば、プライベートな情報を共有することをお勧めします。つまり、自分に関するよりプライベートな面を相手に示すのです。

自分からプライベートについて話すと、相手も心を開きやすくなるでしょう。また、こうすることにより、フォーマルな形式ばった会話からより個人的な会話に転換させることができます。

5.質問:会話の原動力

質問は会話を進める力になります。相手についてよく知ることができるだけでなく、質問は、会話を弾ませるために欠かせないカギでもあります。当然、相手に聞く質問を決めるためには、基準が必要です。尋問のようになってはいけません。

相手がよく知らない人であれば、表面的な質問から個人的な質問へ変えていくといいでしょう。この方法により、相手にあなたを信頼する時間を与え、不快な時間ができることを避けられます。

会話を弾まようとすることは素晴らしいことです。会話は状況を楽しくするだけでなく、セラピー的な面もあります。会話により、私達は自分を表現し、耳を傾け、相手から学ぶことができます。また、人生が豊かになり、人との関係に刺激が生まれることでしょう。

Denis, V. C. (2002). MEI o el placer de la conversación. Métodos de información, 9(50), 28-29.