感情的な結びつき:出会いを実現する場所

感情的な結びつきは、人間同士が関係し合う世界の中でも最も喜ばしい現象です。愛、親交、友情、そして2人の人間をとても深いところで結合させてくれるその他の糸が存在できるのは、おそらくこの結びつきのおかげでしょう。感情的な結びつきについて、もっと詳しく知りたいと思いませんか?
感情的な結びつき:出会いを実現する場所

最後の更新: 18 2月, 2021

人間は自主的でいることを好みますが、同時に感情的な結びつきを必要としてもいます。独立心が特に強いような人たちでも、他者に頼っている部分は大きいですし、ほとんどの社会がそのように編成されているのです。例えば、大抵の人は医者を信頼して病気を治してもらおうとしますし、整備士のことを信用して車の修理を頼みますよね。

私たちは時間を割いて学習するということすら知らないまま、何か問題を解決せねばならない時は国からそのためのリソースや手段を与えてもらえるはずだ、と信じ込んでいます。しかし、心と心の結びつきに関して言えば事情はだいぶ異なります。

なぜなら、人々は受け取るものと同等のものを他人にも支払っているからです。そうでなければならないのです。さもなければ、関係性は壊れるか、あるいはそもそも結びつきが成立しません。また、驚くべきことに、人類はこの相互やり取りのゲームを幼い頃から巧みに行い続けています。

例えば兄と弟がテレビを見ているとしましょう。弟の方はまだ小さ過ぎて画面の中で起こっていることを理解できていませんが、隣にいる兄に合わせて笑ったり訝しげな表情を見せたりします。純粋で魔法のような話ですが、ほとんどの人は生まれつきこの種の行動を可能にするソフトウェアを備えていて、それを作動させるのに適切な条件が揃うのを待っているのです。その条件というのは数枚の絵かもしれませんし、バイクに乗ることだったり、美味しい食事を食べる事かもしれません。

<em data-reactroot="">“成功のカギは、生活のあらゆる側面において成長を続けることだ。つまり、</em><em data-reactroot="">頭脳面、感情面、精神名、そして肉体面において”</em>
~ -ジュリアス・アーヴィング- ~

感情的な結びつき:出会いを実現する場所

信頼、親交、愛、恋愛

人に共感の感覚を与えてくれるのが、感情的な結びつきです。そして共感とは、「相手の気持ち・立場になって考えてみる」という能力が物を言うフィールドです。この、相手から発せられるもののの中にある周波数の一致により、人は何かを失った悲しみを独特かつ個人的なやり方で慰めることができます。それは、たとえよく知られたパターンのもとで起こったとしても同じです。このフィールド上では、相手が自分に成りきってくれるのと同じように、他者は自分が成りきる対象である特別な個人となります。

私たちがお話ししているのは、最も親密で深い感情のやり取りが行われる空間についてです。それこそが、多くの恋人たちが互いを見つめ直す、あるいは破壊し合う場所なのです。感情的な結びつきと遠く離れたところでは、軽蔑やよそよそしさ、有害な批判、あるいは無関心が出現します。この泡の外側ではルーティーンがマンネリ化し、習慣は安心感を与えてくれるどころかただ退屈なものに変わっています。これは、息苦しさや空虚感が存在しているためです。

対象的に、感情的な結びつきは憎しみを消す解毒剤であり、利己主義を妨害する壁の役割をしてくれます。これはまるでスーパーマンの力を一瞬で消してしまうクリプトナイトのようにその効力を奪ってしまう存在なのです。そのため、誤解や怒りは、感情的な結びつきという場にやって来ることで、折り合いをつけることができます。恋人との間に相違点があっても、それが何かを学ぶための貴重な材料に、あるいは関係性の基盤になってくれるかもしれません。

しかしながら、現代社会はこれが深刻に不足した状態に見舞われています。例えば、最近では大勢の人がまるで観る映画を選ぶかのように恋人探しをしていますよね。彼らは相手の表紙とあらすじ部分しか見ていません。

携帯電話を使えば誰もがたくさんの人に連絡を取ることができ、家族・親戚やルームメイトの会話を聞きながら簡単に「人間ショッピング」をすることが可能です。ここでも、相手との結びつきはまず対面することから始まりますが、必ずしもわざわざその関係性を維持しようと苦労する必要はありません。なぜなら、ウィンドウの中には他にもたくさんのオプションが用意されていることがわかっているからです。

感情的な結びつき:出会いを実現する場所

感情的な結びつきを生み出し、育むための戦略

以下のようなアイディアが役立つでしょう。

  • 辛抱強さを持つ。感情的な結びつきはシチューのようなものであり、ゆっくり時間をかけて辛抱強く煮詰めていかねばなりません。反対に、せっかちになってしまうのは不安感が強すぎることが原因です。したがって、冷静になるための戦略と同じものを用いれば、今より辛抱強くなるためにも役立つでしょう。
  • 要求を要望に変える。「与える自由」を持つと、感情的な結びつきがケアされ、本来流動的であるべき相手への義務感や献身といったものが立ち往生してしまうのを防ぐことができます。
  • 対立が起きている間も結びつきを守る。自分の気持ちを伝えるために相手を傷つける必要などありません。状況を改善するための提案をしましょう。しかし自分で勝手に状況をコントロールしようとするのはやめてください。
  • 予想する。他人の心を読める人など存在しません。しかし、腹の底にある感覚に頼って次に何が起こりそうか予測することは可能です。例えば、パートナーに何か嫌なことがあったに違いない、と感覚的に察することができた場合には、夕食に何か特別な一品を作ってあげると良いでしょう。この結びつきが存在するという事実を知るだけで、結びつき自体が強化されることに繋がります。

とても大切な、あるいはとても壊れやすい貴重な品物を手入れするのはなかなか骨の折れる作業です。その本質ゆえ、感情的な結びつきにもそれと同じことが言えるでしょう。ただ、嬉しいことに、私たちにはただ気に入ったプロフィールの中から人を選んで気に入らないプロフィールは捨てる、というようなやり方ではなく、真に人を知っていくための力が備わっています。この点を単純化してしまうのは、豊かさとは正反対の所業です。

それはあなたに興味があるかもしれません...
他者との結びつきをより良いものにするには?
La Mente es MaravillosaLeerlo en La Mente es Maravillosa
他者との結びつきをより良いものにするには?

他者との結びつきをより良いものにするには?人間同士の結びつきには、魔法もトリックも必要ありません。必要なのは、正直さと、自分自身を謙虚な心とバランスのとれた情緒と共感を持って相手に見せることです。重要なのは、他の人々が何を必要としていて、どんな資質を持っているのか知るために、その人について学ぶことなのです。