カップルが話しておくべき気まずい会話3選

13 5月, 2018

遅かれ早かれ、しなければならないことです。毎日のたわいない会話がそこに行き着いたり、直接明確にする必要がある主題だからです。これらのよくある気まずい会話は、うまく対応しないと関係を危険にさらします。 

もし逆の立場をとっているとしたら、どちらにも身動きするスペースがありません。関係を完全に終わらせてしまいかねません。しかし、大事なのは避けようとすることではなく、代わりに、お互いが自分自身にコミュニケーションしたいことを自問し、できるだけコミュニケーションすることです。それでは、カップルがしておくべき不快な気まずい会話とはなんでしょう?悪い終わり方を避けるためにどのようにアプローチすべきでしょう?

 

元恋人: 過去は必ず話題にあがる

「彼/彼女に何を見ていたのかわからない。」「そんな人とよく一緒に入れたね。」相手の過去の関係に関して話しているときに人が言ってしまいがちなことです。たぶん悪気なくですが、パンドラの箱を開けてしまうかもしれません。

これらの会話が拷問やけんかに発展するのを避けるため、はっきりしておくべきことがあります。それは、パートナーの心と生活の中で、元恋人がどのような位置を占めているかということです。例えば、何年か結婚していて子どももいたとしたら、数か月間の関係とはわけが違います。

ソファーで話し合い

これを知るための唯一の方法は、聞くことです。神経をとがらせずにそうするためには、正直になって相手を尊敬し理解しようとする必要があります。しかし、パートナーの返答に対して3つの面に注意しなくてはなりません。

パートナーの元恋人に関する気まずい会話の3つのカギとなる側面…

  • 相手のことをどのように話すか:怒り、痛み、侮辱、無関心で溢れていますか?元恋人に対して抱いている感情をはかり知るヒントになります。
  • 毎日の会話で元恋人の名前を良く出す:その人との過去の経験の話を必要以上にするのか、自然に話すのか。
  • まだお互いに連絡を取り合ってるか、そうならどれだけ頻繁か:頻繁に連絡しているか、どんなコミュニケーションツールを使っているかなど。元恋人が相手の友達グループに入っているか、元恋人の連絡先をそもそも消してあるか…

このようなちょっと気まずい会話をパートナーとするときに、過去は過去のものとして見なくてはいけません。例えば、自分の経験に沿って相手の経験を解釈してはいけません。もちろん、自分だったら違うようにしたかもしれません。でも、理解を示さなくてはなりません。

そして嫉妬が現れてきてから、あなたのパートナーは彼らをより引き立たせてくれるだれかと一緒にいることを思い出して下さい。そして、その誰かとはほかならぬあなたです。

未来:不確定さで呼吸ができなくなる

パートナーは自分のことを人生の伴侶と見ているか?自分といつか結婚することを考えているか?自分と家族を作りたいと思っているか?いい母親/ 父親になりそうか?彼らの親としての勘は目を覚ましそうか?これらは、誰かと真剣な交際を始めたときに人が考える質問です。

会話に出すのは簡単ではないトピックです。もっと愛情が深まることもあれば、自分を失望させるかもしれません。

それに、彼らがこのような話をしてきた時、十分に考えておかなかったら自分が固まってしまいます。過去や慌てから、心の中の悪魔や恐怖を留めておくためのツールを持っていないことがあります。そして答えに詰まります。パニックになります。代わりにこのように考えてみましょう。状況を早く知れば知るほど、自分の未来に対するコントロールができる。不確定さは、いい旅行仲間とは言えないのです。

情報は力なり。

自分の答えが違っていたら?

未来への見方が違っていたら、この違いを話し合う時です。完全に正反対の考えを持っているとしてもです。例えば、子どもが欲しいや欲しくないといったことは隠しておくべきではありません。

未来のことを考えるようになったら、自分たちの意見が近いところから始めてみましょう。それから、ゆっくり難しいものに移行し、同意していないものを特定しましょう。

どんなことには譲歩してもいいかよくないかということも話すときです。どんな譲歩ならOKなのか、絶対譲れないことは何か?さらに、お互いがする譲歩を均等にしなくてはいけません。こうすることで、お互いが満足して同意できます。

人生の一部をシェアする

スィートホーム… それとも?パートナーと一緒に住み始めたとします。遅かれ早かれ、コストを均等に共有しなくてはいけません。共同生活ということを受け入れなくていけません。

一緒に住むのは難しいことです。小さなつまらないいざこざで関係をすり減らしていくだけでなく、もしどちらも努力しなかったら、どんな小さな家事でもけんかに発展します。愛情に溢れ、優しく、思いやるのある人だけど、精一杯家のことをしていないなら…それは問題です

相手の人に伝えるときに最も大きな問題がやってきます。もうたくさんで堪忍袋の緒が切れたときです。座って「話があるの」という瞬間です。どうやってこの会話にアプローチすればいいでしょうか?嘘なく自然に、が答えです。

こなすべき一週間の家事のリストを作ることから始められます。パートナーが言った事項は、その人が大事だと思っているもの、あるいは欠かせないと思っているものです。だから、このエクササイズは相手をよりよく知るのにも役立ちます。

お互いがいいと感じる量にこのタスクを振り分けます。どちらも平等に参加し、決まったことはどちらからも認められている必要があります。

川辺

抵抗できる気まずい会話はない

お分かりいただけたと思いますが、カップルがすべき気まずい会話のすべてのカギは、状況を理解してお互いが満足いく解決策を見出すことです。しかし、一夜にしてどうにかなるものでもありません。それに、ともに時を過ごしたい人のことを良く思っていないといけません。

未来のあるカップルは、夢や考え、問題、不安などをオープンに話すカップルです。それらを回避したり避けたりしないカップルです。表現と理解のスキルがカギになるテリトリーだとわかっていて、そのようなものにアプローチするカップルです。

健全な関係は、信頼、尊敬、希望によって成り立っています。気まずい会話をするときにこのようなエレメントを忘れてはいけません。座ってじっくり話すときには、これを覚えておいてください。カップルとして個々の人間として、幸せに一緒に暮らしていくための唯一の方法です。