機能不全家族の元で子どもはどう生きるか?

2019年2月23日

機能不全家族の中で育つと、後の人生に重大な影響を及ぼす傷が残ります。この種の家族は、私達が思っているより多いものです。感情的操作、相手を蔑む振る舞い、共感や感受性の欠乏、コミュニケーションの問題、依存などです。これらの特徴が、機能不全家族を示します。

このような家族の元で育った子どもは、生き残るために適応しなければなりません。健全から程遠い環境から自分を守るためです。さらに、機能不全家族の行動パターンを見ているため、大人になった時、それを真似するでしょう。

家庭環境は、子どもの精神的発達を促すこともあれば、妨げもする。そのため、非常に重要なのだ。

 

5つのタイプの役割

先にも言ったように、機能不全家族は一般的なものです。そのため、子どもが異なる役割への適応を学ばざるを得ない状況も良く見られます。

こういった役割には、自分を守ろうとするものと家族の周りで起こることに従順でいるものがあります。これらには5つのタイプがあります。その子どもの性格や、子どもが育つ機能不全家族に合わせ、子どもはどれかを選びます。

反抗的な子どもどんな権力にも反抗する、行動問題のある子どもです。親が別れた、または虐待があった家庭で育ったのでしょう。

犯人いつも責められ、持続的に罪悪感を抱える子どもです。自分にネガティブな考えをもち、親に認められたことがない子どもです。

小さな大人親の役をしてきた子どもです。幼いのに大人びており、普通の幼少期を過ごしませんでした。多く見られるのが、親が精神的に未熟で人生に責任をもつことができない場合です。

価値のない子どもニーズが無視され、感情を抑制することを学んだ子どもです。その結果、恥ずかしがりやで、静かな子どもが多いです。親は自分達の関係の問題にとらわれ、子どもに注目しなかったのでしょう。子どもは、自分たちが愛を受ける価値がないと考えています。

操作者ごまかしにより欲しいものが手に入ると学んだ子どもです。親がルールを決めることを知らなかったり、あまり興味を持たなかったのでしょう。ゲームやお菓子をあげ、子どもを静かにさせることを好んだのです。

外を見る男の子

 

機能不全家族の元で育つ

子どもがとても反抗的で、いつも自分を怒らせると親はよく言います。親が気づいていないのは、これが、愛、注目、評価の欲求だということです。

これらの役割に自分も覚えがあるという人も多いでしょう。まだ幼かった頃、人生や人間関係をまだ理解していなかった頃、無意識にこれらに適応したのかもしれません。家族が、子どもの周りでどう振舞うか、それにより子どもがどう感じるかにより、これらの役割は変化します。

機能不全家族では、親が一番幼い子どもを指さし、問題児だと言うことがあります。自己中心的だと文句を言います。しかし、本当のことを言うと、問題はいつも親から発生します。親が人との健康的な関わり方を学習していない、または、教わっていないのです

あまり遠くない将来、子どもが繰り返すであろう、機能不全家族の行動パターンを学び始めます。虐待や依存がみられる機能不全家族で育った子どもの例をみてみましょう。親は自分の問題に浸り、子どもは愛を与えられず、罪悪感さえ感じます。子どもは価値がないという「役」を得る可能性があります。

 

将来への影響

将来、子ども達はどのような人間関係を築くでしょう?おそらく、自分には選択肢がないと感じ、苦しむ人間関係になるでしょう。もし、人を虐待する悪い人に出会っても、その悪い扱いに適応しようとするでしょう。それは、彼らが、人との関係でこれが普通だと学習したためです。

機能不全家族

職場や友達との関係はどうでしょう?自尊心の欠如と慢性的な罪悪感のせいで、自分の失敗や人の失敗にも責任を感じるでしょう。そのため、彼らは完璧主義者になる傾向があるのです。

家庭は、子どもが育つ環境であり、子どもが人との関係の築き方を学ぶ場所です。関係を良くしようとしなかったり、存在するコミュニケーションの問題を解決しようとしない、また、若い家族の一員に良い例を示さなければ、それは何になるでしょう。害のある行動パターンを続けており、それによって子どもはより苦しむことになります。

私達の多くが機能不全家族の元で育ったかもしれませんが、大人になれば私達は人生の主力プレーヤーです。子どもの頃の傷をすべて癒し、人生の流れを変えることができるのです。

悩む男の子