子どもに見られる愛情不足のサイン

2018年8月15日 in 心理学 0 シェア済み
窓辺の子ども

作家のトム・ロビンズがこんなことを言っています。「幸せな子供時代を送るのに遅すぎることはない。」

しかし、子どもに愛情不足のサインが見られたら、そのギャップはすぐに埋められるべきです。どんな子供も、幸せを育ててくれる愛に常に飢えている状態に置かれるべきではありません。

それでは、そのようなサインとはどんなものでしょうか。子どもが愛情不足を経験していることはどうすればわかるでしょうか?以下に、この非現実的で好ましくない状況で見られる兆候をご紹介します。早速見てみましょう。

子どもに見られる愛情の必要性

子どもたちの適切な心理的発達には愛情が必要です。つまり、子ども時代に与えられたすべての愛情がその人の発達に反映されます。このお陰で、しっかりとしたアイデンティティーを築き上げ自信をつけていきます。

子どもの人形

愛情を異常な愛やおせっかいと間違えないでください。ここでお話ししているのは愛情です。子どもへの親しみ、こころからの接し方、均衡のとれた関係です。

子どもは十分な愛情を受けるとしっかりした性格を形成します。愛情の経験のお陰で、社会に溶け込むことができます。様々な状況に適応することができます。

愛情で外の世界に何を期待すべきかも学びます。子どもたちが他人とコミュニケーションをとるときの参考ポイントとなります。

「子どもをいい子にする一番いい方法は、その子たちを幸せにすることだ。」

-オスカー・ワイルド-

子どもに見られる愛情の欠落のサイン

子どもに見られる愛情の欠落のサインは、子どもと親の関係性の問題を示唆します。この問題はとても深い傾向にあります。一般的には、親が子どものニーズを理解していないことが原因です。

これによって、子どもの発達において様々な問題が起こりえます。例えば、対立関係や攻撃的なふるまいを見せるようになるかもしれません。不安や不信感などの強い感情を抱くこともあります。その為、次の愛情の欠落のサインを見逃してはいけません。

感情のコントロールの欠落

感情的な傷を抱えた子供によくある重要なサインです。子どもたちは、愛情や自分と近い人との個人的な関係を通じて少しずつ感情をコントロールする方法を学びます。

愛情が不足している環境にいる子どもは、感情だけでなく社会的な規範にも気づくことができないかもしれません。こうなると、他人とどのように接したらいいかがわからなくなります。

さらに、人の感情やどうやって共感したらいいかを特定できないかもしれません。この理由から、かなりの共感力の欠落が見られ、様々な対立や怒りを生み出すようになります。

だから、こういった子どもたちは無防備です。また、男の子のほうが、女の子より影響を受けやすいようです。男の子は、強さを見せて自分の感情を抑制する傾向にあります。その為、お子さんがこのような問題を抱えていると感じたら、お子さんとの関係を改善することに注力してください。

孤立と対立

子どもに見られる別の愛情の欠落のサインは、その子が他人と築く関係にみられます。対立に左右されたり対立が全くなかったら、問題があるということです。

感情的に不安定な子どもに社会的スキルが欠落しているのはよくあることです。きちんとした社会的スキルが形成されないために、孤立したり対立するかもしれません

このような問題を抱えた子供は、他人の感情への敬意も欠落しています。これによって、いらだち、他人への不理解、世界への怒りを募らせます。

少女

不安

最後に、愛情に欠けているこどもはかなりの不安を感じます。適切な自己認識を作り上げる発達状態に達していないためです。

この不安は、かなり特定のふるまいとして現れます。例えば、こういった子どもは自分を擁護する傾向にあります。難しい状況を回避するためです。引きこもって自分を隔離するためです。あるいは、対立を作り出したりコントロールする意味合いもあります。

「人間は、みな自分の子ども時代の賜物だ。」

-マイケル・ジャクソン-

お分かりいただけるように、愛情の欠落は様々な影響を及ぼします。自分の子どもや知り合いの子どもがこのような症状を見せたら、子どもたちの感情を理解し、あなたが彼らの幸せを気遣っていることををわからせてあげる必要があります。

あなたへおすすめ