子供が親と絶縁するときとその理由

2019年10月12日
子供が両親と完全に縁を切って「別れる」とき、その背後には縁を切るのに十分な理由があるかもしれません。ただし、子供の中には利己的に行動するタイプもいるため注意が必要です。詳細はこのまま続けてご覧ください。

子供が両親と「別れる」場合、必ずしも両親がその理由を完全に理解できるとは限りません。

完璧な人はいないというのは明らかな事実ですが、子供から愛されるのに値しない親が存在するのも間違いありません。

理由もなく先に進むことを選択し、両親や家族と距離を置き、荒れ果てて混乱した家族の中で経験する痛みを伴う沈黙を捨て去ることを決める子供たちがいます。

これは非常に複雑です。

親と縁を切った子供の数に関する統計データは現時点では十分なものありませんが、臨床では一般的な問題の一つです。

母親、父親、息子、そして娘でいるのはとても難しいことです。その一方で注意を払うべき重要な要素があります。

これまでの大衆文学では、毒のある母親、権威主義的な両親、または子供を不幸にする家族として機能していない家族などがよく描かれています。これは物語の中だけで起きているのではなく、現実にも頻繁に起こっています。

そして子供の中には、ある日突然親との連絡を断つタイプの子供も少なくありませんが、逆に親に対して敵意を持ったり、相手のエネルギーを消耗させるような態度や振る舞いをする「アダルトチルドレン」の存在も忘れてはいけません。

場合によっては、心理的な障害を発症している可能性もありますが、心の病気が100%関与している可能性は低いでしょう。

「我が子を理解するのは賢い父親だ。」

-ウィリアムシェイクスピア-

子供 親 絶縁

子供が両親と「別れる」理由

なぜ子どもが親と「別れる」ことを選ぶのかという理由を理解するためには、このような状況は社会的または文化的な状況に依存しているという事実を考慮に入れましょう。

例えば、西洋と日本の家庭を比べると、同じような言葉でも相手が受け取る意味が異なっていたり、各家庭における家族の個性や家庭内のダイナミクスはそれぞれ重要ですが少し異なります。

この点に関しては、グレン・ディーン医師やグレンナ・シュピッツェ医師などが 『老年学ジャーナル』に掲載された研究において、興味深い点を指摘しています。

子供が親と「別れる」理由は、常に1つの要因だけではありませんし、決定的な予測因子はありません。中には、子供のパートナーや兄弟関係などが影響することもあります。

ただし、2つの明確な事実が存在します。

1つ目は、親子の距離は相互間の複雑な結合によるものであること、そして 2つ目は、子どもの性格や子どもが住んでいる状況に関する要因によるものであることです。

ご存知ですか?:親子のコミュニケーションを高めるための6つのアドバイス

問題のある育ち方とその環境

子どもが親と「別れる」理由を考えると、無関心、屈辱、批判、権威主義、または支援の欠如を特徴とする育った環境の影響が考えられます。

なぜ親と距離を置きたいのか子供に質問すると、以下のような回答が得られる可能性があります。

  • 両親(または親の一人)が、家族での役割を果たさなかったことが子供にとって明らかなため
  • 子供が抱えるトラウマが原因:親との和解が不可能なため、距離を置くことが心を癒すのに役立つため
  • 自分の価値観と両親の価値観との間に明確な違いがあるため:これは実際には、親を完全に切り捨てるほどの強い理由にはなりませんが、親が子供の望むライフスタイルや意見を尊重せず、子供を罰したり批判する場合、抜本的な措置として親との距離を取ることを選ぶため

ご存知ですか?:人間の愛着に関する神経生物学

両親を愛していない子供:無理解の沈黙

一部の子供は、両親との会話をやめることを選択します。

その沈黙は親を不安にさせ、混乱させる可能性がありますが、子供が親と話さないと決断するまでには長い時間をかけています。

つまり、親との長い歴史や長期にわたる問題が原因でこのような決断をした可能性があるため、一見すると簡単に見える「会話をしない」という決断にも、その背後の歴史を分析して理由を見つけることが大切です。

  • 人格の種類:問題のある行動をとる一部の人々は、両親を完全に排除します。ただし、多くの研究やデータによると、距離を取る時期は一時的であることがほとんどです。
  • 心理的な問題や依存症:ある特定の物質に対する依存症になり、それを継続するため、または心理的な障害が生じているときに、子供は家を出るか両親とのコミュニケーションをやめるという選択をします。
  • 個人的な恨み:経済的に不安定、兄弟間の問題、喧嘩や誤解、または支援の欠如などは、家族間の不可避な距離へとつながる可能性があります。
  • 恋愛:考慮する必要がある別の要素です。恋愛関係などが始まると明らかに家族から距離を置くタイプの子供がいます。多くの場合、親と過ごすよりも恋人と過ごす時間が増えるのは一般的なことですが、相手が支配的なタイプである場合やお互いが依存関係である場合など、恋人から以外のサポートを奪うために親から離れろと相手に言われているケースもあるため注意が必要です。
子ども 親 絶縁

子供が両親と「別れた」ときの対処法

子供が両親と「別れる」理由はたくさんありますが、それぞれの現実は独特のものであり、それぞれの家族にはある種の例外や特殊性があります。

お互いに距離が必要な親子がいます。特に、一緒に過ごすことがトラウマとなる場合は、離れるのが最も良い方法といえます。

ただし、専門家がほとんどのケースに推奨するのがコミュニケーションです。子供が、親や家族から一定の距離を置く必要があると考えている場合は、子供のこの決定の背後にある理由を知ることが大切です。

お互いの解決策を見つけて合意点を見つけるためにも、コミュニケーションは最も効果のある方法の一つだと考えられます。

さらに、専門家のサポートを受けることで、家族と離れる必要がなくなるケースもあります。

一方で、問題のある子供を持つ親に専門家は「忍耐強くあること」を推奨します。ほとんどの場合、子供たちは親に連絡を取り始めるようになるのです。

  • Ermisch, J. (2008). Adult child-parent relationships. In Changing Relationships (pp. 127–145). Routledge Taylor & Francis Group. https://doi.org/10.4324/9780203884591
  • Lawton, L., Silverstein, M., y Bengtson, V. (2006). Afecto, contacto social y distancia geográfica entre hijos adultos y sus padres. Diario del matrimonio y la familia , 56 (1), 57. https://doi.org/10.2307/352701
  • Treas J. , & Gubernskaya Z . ( 2012 ). Farewell to Moms? Maternal contact for seven countries in 1986 and 2001 . Journal of Marriage and Family , 74 , 297 – 311 . doi: 10.1111/j.1741-3737.2012.00956.x
  • Umberson D . ( 1992 ). Relationships between adult children and their parents: Psychological consequences for both generations . Journal of Marriage and the Family , 54 , 664 – 674 . doi: 10.2307/353252