困った人、扱いにくい人との付き合い方

25 1月, 2020
困った人と接する際、エネルギーを普段以上に使うことになるでしょう。怒りや不満に圧倒されないように、ストレスを溜めることなく、あなたの自尊心を維持し、感情をコントロールしなければなりません。

扱いづらい人たちは議論したり、批判したり、ネガティブな影響をあなたの人生にもたらします。私たちの精神的健康は、日常的に彼らと付き合うことを余儀なくされると危険にさらされます。健康的な距離を常に維持できるとは限らないためです。態度を変えるように頼んでも意味がありません。しかし彼らと仕事をしたり、一緒に暮らさなければならない場合はどうすればよいでしょうか?

最も重要なことは、自分を大事にすることです。人間は自己防衛の砦を築き、報復するか生き残るための戦略を考えている生き物です。しかし、私たちは最も基本的な部分である幸福を忘れがちです。それを怠ると、精神的および感情的なエネルギーがなくなり、最終的に脆弱になる恐れがあります。

このテーマは多くの注目を集めています。イスラエルのバル=イラン大学の社会学者シラ・オファーは、「扱いにくい」人は非常に近い存在である場合が多いと述べています。たとえば親であったり、子であったり、学校や仕事にいる可能性もあります。

もちろん、私たちは皆物事がスムーズに運び、彼らとの日々がより穏やかでやりがいのある生活であることを望んでいます。ただし、これは常に可能であるとは限りません。そういった場合、単に我慢するべきではありません。

「どんな毒もポジティブな人を殺すことはできず、どんな薬もネガティブな人を救うことはできません。」

-ブッダ-

困難な人に対処する方法

困った人 扱いにくい人

扱いにくい人は様々な方法であなたを困らせるでしょう。何に対しても議論をしてくる人っていますよね。責任を避け、協力を拒否する人もいます。噂を広めるのが好きだったり人の悪口ばかり言う人もいます。そして彼らがとる行動は、周りの人々に大きな影響を与えることになります。

たとえば、あなたがいつも避けようとしているあるずるがしこい同僚に対して、何の問題も感じないという人もいます。これは限界度が人によって異なり、扱いにくい人へうまく対処できる方法を知っている人がいるからです。扱いにくい人から嫌な目に会う前に、何があなたを困らせるのかを正確に把握してください。尊敬の欠如ですか?彼らの態度ですか?他に何らかの特定の理由があるのでしょうか?

前述の医師シラ・オファーは、研究によって困った人に対処するときに人は多くのストレスを感じることを証明しました。私たちは我慢の限界に達するまで、徐々に彼らに不快感を感じ始めます。どうにかして彼らのことを避けたいと考えるでしょう。

ただし、彼らから逃げることが常に可能であるとは限りません。ほとんどの場合、彼らと一緒に仕事をするか同居することを余儀なくされるためです。

こちらをご参考に:
性格、気質、特徴の違い

セルフケア

扱いにくい人 付き合い方

カリフォルニア大学の研究者ハワード・フリードマンとロナルド・リッジョは、間接的なストレスの影響についての研究を実施しました。扱いにくい人と日常的に対話することを余儀なくされると、彼らの複雑で批判的で要求の厳しい行動が常に私たちに影響を与えるようになります。

耐え難い同僚や議論ばかりする家族などストレス状態にある誰かの行為は、あなた自身の神経系にも影響を及ぼします。これは間接的なストレスであり、あなたの健康に影響を与えます。

したがって、困った人に対処しなければならないときは、セルフケアを優先する必要があります。これは、不快な行動からあなたを守り、精神面を強化するための一種のトレーニングです。次のことを実行してみましょう。

  • リラックスして、嫌な人について考えないように、「ミータイム(自分だけの時間)」を作ってください。
  • 深呼吸、ジェイコブソンのリラクゼーションテクニック、マインドフルネスなどのストレス管理テクニックを学びましょう。

ご存知でしたか?:
子供に後遺症を残す、両親の毒のある関係

コントロールすることを学ぶ

「物事はあなたが許した範囲でしかあなたに影響を与えない」と言う人もいます。それは一理あるでしょう。しかし、身近な現実にそれを適用するのは必ずしも簡単ではありません。影響を受けたくないと考えていても扱いにくい人が自分の権利と自由を侵害しているとき、平静を維持することは困難です。

この場合にもセルフケアが重要になります。 幸福の境界線を設定し、自分自身を保護し、必要に応じて自分を守る方法を知らなくてはなりません。 幸福とは、感情を制御する方法を知り、本当に重要なことを重視することです。 それに値しないものに無駄な時間を使わないでください。

自分自身の明確な感覚を持ち、価値とニーズが何であるか考え、落ち着いて適切な感情的知性スキルを開発することは、これらの状況をより効率的にコントロールするのに役立ちます。

誰もが少なくとも扱いづらい人に出会っているはずです。人生を影響されずに楽しく生きるためには、彼らとの関係を適切に処理する方法を学ぶ必要があります。

  • Shira Offer, Claude S. Fischer. Difficult People: Who Is Perceived to Be Demanding in Personal Networks and Why Are They There? American Sociological Review, 2017; 000312241773795 DOI: 10.1177/0003122417737951