人間関係を改善するコツ7

· 2018年3月27日

個人的な人間関係は簡単ではありません。逆に対立の真っただ中にいる際、思っているより難しくなかったりもします。シャイで他の人とうまくコミュニケーションが取れない人もいます。過去からの対立を引きずっている人もいます。いい関係が構築されていない家庭出身なのかもしれません。そのような過去によって、常に対立状態に陥ってしまう人も多くいます。どこへも行きつかない戦いに挑み、不信感と不安で他人を見ます。

いい人間関係を築く能力や築けない能力は、持って生まれてくるわけではありません。遺伝的に多少外向的で社交的になりやすい人も確かにいます。しかし、それだけが決定的な要因ではありません。基本的に、他人とコミュニケーションを取る方法を学ぶことはわたしたちが身につけなくてはいけないものです。自分の手に届く範囲にある能力を育てていく必要があります。

 

簡単に学びを得るようにするためのコツもあります。簡単に実践できて効果的なちょっとしたコツです。個人的な人間関係を改善するためのテクニックです。どのようなものか見てみましょう…

「成功の法的式で最も重要な要素は、人とうまくかかわることを知っていることだ。」

セオドア・ルーズベルト

聞く力を養う

聞くことは、他の人が話しているとき黙っていることだけに制限されるわけでもなければされるべきでもありません。聞くというのはそれ以上のことです。内容や相手が伝えようとしているメッセージに注意を払うことです。黙っていることだけではありません。聞くことは、相手が言っていること、提案していること、ほのめかしていることを理解するための道を行くようなものです。自分の内なる言葉をただ黙らせることではなく、相手が言ったことに合わせて路線変更するということです。

聞くことが聞く能力を養う最高の方法です。でもどうやって行えばよいでしょう?まず黙って相手の言うことを理解するようにしてみましょう。初めは、意識的に努力しフォーカスする必要があります。しかし、続けることで自然に集中できるようになります。

共感を見せる

アクティブリスニングと共感は、一心同体です。相手がわたしたちにチャンスを与えるために伝えようとしているメッセージに注意を払ってください。 わたしたちではなく相手の立場から理解することです。これこそが共感です。相手の立場に立って考え、相手が行動し考えるプロセスを理解することです。

 

共感のためには、非難的な姿勢よりオープンマインドを必要とします。みなそれぞれが自分らしく、わたしたちが知らない理由で物事を行います。わたしたちに疑問を投げかける権利がありますか?このような意味で、共感的になれないときはたくさんのものを忘れなくてはいけません。共感的にならないことで、学ぶ機会、経験を広げること、個人的な関係を改善することのチャンスをわたしたちは逃しています。

自分の発言や行動を信じる

自信を持った姿勢は他人を信頼させます。逆もまたしかりです。誰かが疑心暗鬼だったり、不安だったりすると、その人の周りの人は防衛体制で反応します。自信を持つことはそんなに難しくはありません。自分は自分がなりたい人であるということを忘れずに、自分らしいあなたにチャンスを与えましょう。

瞳を閉じて

恐怖はコミュニケーションを緊張させる感情のひとつです。さらに、個人的な人間関係におけるバリアにもなり得ます。多くのケースで、その影響から自分を遠ざけるためにはちょっとしたトレーニングがあれば十分です。目標に向かって、話しているとき止まりすぎず、モノローグやスピーチにならずに会話に従事しましょう。

非常に話し好きで面白くて機知に富んだ人になる必要はありません。コミュニケーションに必要なのは、その場の機転です。このような意味で、あなたの聞き手は何かを隠すために計算されたスピーチであると解釈するかもしれません… でも、あなたが何かを隠そうとしていると相手が思ったとき、自分自身をさらけ出すことを恐れる必要がありますか?

いつも笑顔で

笑顔はドアを開くというのは古いことわざです。みんなが知っているには訳があります。笑顔はバリアを壊し、フレンドリーな雰囲気を作り出します。緊張を軽減してくれます。しかもタダ!

モチベーションを上げるために、笑顔は平和と許容のサインだと思ってください。いいコミュニケーションを助けるフレンドリーなジェスチャーです。氷を溶かし、信頼を生み出すジェスチャーです。笑顔でコミュニケーションを始めるほど、人間関係を改善させるものはありません。その点で、笑顔でないひとより笑顔でいる人に人はよってきやすいということが研究で証明されています。

良いマナー

良いマナーが流行遅れになることはありません。また、ドアを開けるマスターキーであることも変わらないでしょう。これを実践することで、もっと自然に感じられます。一度マスターしてしまえば、うそっぽいと感じることはなくなるはずです。

しかし、敬意や思いやりよりも偽善だと感じる人もいるかもしれません。

2人の女性

もちろん、ただの飾りでしかない丁寧さに関するたくさんの規範があります。しかし、基本的で忘れられるべきでないものもあります。例えば、あいさつをしたり、さようならといったり、ありがとうと言ったり、相手が話しているとき邪魔しなかったり、誰かに順番を譲ったり… 相手とうまくやろうとするこれらの小さなジェスチャーです。

それに関して言えば、わたしたちが失ってしまったいいマナーのひとつを強調しておくべきかもしれません。それは携帯電話と関係しています。緊急の電話を待っているなどの場合以外、見えないところに保管しておくほうがいいでしょう。気を散らせない場所です。携帯電話からしばらく離れても、特に何も逃しません。逆に得るものがたくさんあるはずです。

怒りをコントロールする方法を知る

他の感情を処理するように怒りをコントロールすることは、学ぶことが可能です。怒りの瞬間に役立つゴールデンルールがあります。 怒っているとき、まず3つのことをしてください。何も言わない、何もしない、だまる。簡単です。怒りは対立を解決してくれることはありません。

他のケース同様、ただトレーニングの問題です。何度も行うことで学ぶことができます。この感情を動かすエネルギーが分散してコミュニケーションが取れるまで待ちましょう。一旦エネルギーが去ったら、自分自身や人間関係に最適な方法でメッセージを送ることができるようになります。同時に、セルフコントロールを示し、自分自身や他人に敬意を払うことができます。

個人的な人間関係は、怒りのコントロールがうまくできないと悪化します。怒りに任せたとき、自分の一番悪いところが出てしまいます。とても残忍にさえなり得ます。特に愛する人への場合はそうです。何が相手を傷つけるかはっきりとわかっているからです。

テント

すべて(あるいはほぼすべて)を詳細に

かなり人間関係の質を上げてくれる姿勢あるいは小さなディテールがあります。相手に寛大さや好意を見せる簡単なジェスチャーです。これらを自分の姿勢に組み込むのはいいアイディアです。いくつかこのジェスチャーをご紹介します:

  • こころから他人をほめる。自分が思う他人のいいところを共有することを習慣にしている人はあまりいません。口に出して伝えることは満足感を生み出します。
  • 相手を名前で呼ぶ。
  • 問題の影響を受けた人に事の重大さを判断させる。
  • 議論の際には相手の考えに敬意を払っていることを認め、理解したいと思っていることを伝える。
  • 相手が考えることや感じることに興味を示す。
  • 考えを変えさせない。

いい人間関係というのは、努力のたまものです。他人と簡単にコミュニケーションが取れる能力を持って生まれてくる人もいますが、わたしたちはみんな何か学ぶことがあるはずです。コミュニケーションの困難の過去の履歴や未解決の対立のリストが長い場合は、特に大事なことです。

自分の人間関係を改善することができたら、あなたの人生は豊かなものになります。もっと自信を感じられるようになり、全体的な幸福感も改善します。他人と建設的なコミュニケーションが取れているとき、もっとモチベーションを感じ幸せでいられます。