行動に移すことへの大切さ:思いやりのある共感力

2019年10月2日
あなたが抱える感情面の現状や問題について誰かが理解してくれるのはとても素晴らしいことですが、思いやりのある共感力を発揮して寄り添ってくれる人がいたら最高です。思いやりのある共感力とは、積極的に相手をサポートしながらできる限りの支援を行動へと移す力です。

世界が必要としていることを一つ取り上げるとすれば、それは思いやりのある共感力でしょう。

思いやりのある共感力とは、行動を起こして相手を愛情を持ってサポートし、真の幸せを感じられるように助けることを意味します。

ルイスキャロルは、人生の秘訣の一つは、私たちはただ「存在している」だけではないことを理解することだと話します。

誰もが堂々と、健全な方法で毎日の生活を送ることができるように支援することはとても大切ですが、正直に言えば、誰かのために行動するのは簡単なことではありません。

様々な思惑や感情にとらわれて行動を起こせない人が多く、誰かに共感する気持ちを行動に移すのは難しいと言われています。

ソーシャルネットワーク上では「イイネ」をクリックしたり、誰かが署名を集めていたりサポートが必要な投稿をすれば「シェア」をクリックして共有します。

しかし、インターネット上では無数の問題に順応してサポートを行なっていても、実際に行動に移して助けの手を差し伸べることはできるでしょうか?

思いやりのある共感力とは、誰かの人生に役立つ支援を提供することを意味します。

ここでの問題は、友人、家族、または同僚などへの支援をする気持ちはあっても、相手が積極的な支援を必要としている瞬間に気づくことができないという点です。

また、相手が助けを求めていることに気づいたとしても、どう助ければいいのかわからず、行動に移せないこともあります。

「自分自身のための行動は、私たちと一緒に死ぬ。他人や世界のための行動は、いつまでも残り不滅だ。」

-アルバート・パイク-

思いやり 共感力

共感:3つの種類

思いやりのある共感は、感情の研究でも有名な心理学者のポール・エクマンによって定義されました。

この考えは、感情知能の理論の一部である感情指数の概念を開発していたダニエル・ゴールマンにとっても役立ちました。

共感とは、単に他人の感情面での現実を理解するという、狭くて平坦な概念ではなく、広く複雑であることを理解するのも重要です。

もし多くの人が感情という能力のテストを受けなくてはいけないなら、高得点をとる人は多くないでしょう。

こちらもご参考に:共感力に欠ける人

共感の種類

感情的な共感力

ダニエル・ゴールマン自身の言葉を借りると、「境界線の設定方法がわからず、他人の苦しみで自分の中で飽和させるのは、苦しみには伝染性がある」ため危険です。

この共感力は、誰かの感情面の現実とつながることを意味します。相手が感じることを感じ、その世界に足を踏み入れることを意味するため、自分のミラーニューロン、感情、さらには身体的反応さえも含む共感の過程です。

認知的共感力

注意、反射、コミュニケーション、推論などの知性と認知プロセスの使用が含まれる共感です。

基本的には、人がどのように感じているのか、どうしてそのように感じているのか、そして場合によっては自分が何を考えているのかを推測できるようになることです。

思いやりのある共感力

今回の記事でご紹介している共感力はダニエル・ゴールマンの言葉では、「真の思いやりは、他人の痛みを感じるだけでなく、それを和らげるために行動することを意味する」と説明されています。このタイプの共感力は、相手がどのように感じているかとその理由を理解し、相手を支援するために行動へと移すことです。

思いやり 共感力

思いやりのある共感力のある人とは?

思いやりのある共感力のある人は、個人の成長においてさらに一歩前に進みます。

このタイプの人は、他人との関係を適度に管理することに関してはプロと言えるでしょう。

様々な状況に対応する方法を知る、バランスのとれた人です。

共感力を実践して磨くことは、理論と感情の間で行動することであり、これはバランスのとれた観点から状況を評価するのに役立ちます。

人々の感情に左右されず、冷静に状況を判断する、思いやりのある共感力を持つ人は、どんな状況でも行動する方法を知っているため、適切なサポートを相手に提供する方法を見つけることができるのです。

ご存知ですか?:心の理論:共感のルーツ

相互主義が得意

良好な関係と有意義な絆は、常に相互関係に依存しています。「あなたが私の背中を掻き、私があなたの背中を掻きます」といった関係です。

これは、相手の言葉に耳を傾けどう反応するかを知ること、自分も相手から同様の思いやりを受けることです。

他人を支援するだけではなく、必要に応じて、自分で自分をサポートすることも忘れてはいけません。

思いやり 共感力

人間関係の鍵を理解する

人間同士のつながりは、思いやりのある共感力の中核であり、相手の本質に近づくことを意味します。

相手が直面している個人的な問題や現実を理解し、判断、偏見、そして下心を持たずにそれを受け入れましょう。

相手への敬意と感謝を基礎とする人間同士の繋がりは、相手のニーズを知り、自分が何をできるかを理解するのに役立ちます。

思いやりのある共感力を身につけることは、救世主のように振る舞いことではないことを覚えてください。相手が必要とするサポートをどのように提供するかを常に念頭において行動してください。

最後にティック・ナット・ハンの言葉を引用して今回の記事を終わりたいと思います。

「私たちが誰でにも与えられる最も貴重な贈り物は、相手への注意です。マインドフルネスが愛する人を抱きしめるとき、相手は花のように咲きます。」

これは確かに真実ですが、時に私たちはその一歩先へ進み、行動を起こし、自分と相手によって正しいことは何かを理解する必要があります。

https://kokoronotanken.jp/kyoukansezuni-hanashiwo-kikukoto-kanjoutekina-bunri/

  • Gilbert, P. (2019, August 1). Explorations into the nature and function of compassion. Current Opinion in Psychology. Elsevier B.V. https://doi.org/10.1016/j.copsyc.2018.12.002
  • Riess, H. (2017). The Science of Empathy. Journal of Patient Experience4(2), 74–77. https://doi.org/10.1177/2374373517699267