効果的なモチベーションを上げる方法6つ

· 2019年3月9日

幸せな理由が見つからないと、眠るのが難しくなり、人生の目的にかけていると、朝起きて仕事へ行くのが難しくなります。こんな時、沈んでしまわないために、モチベーションを上げる方法を知っておきましょう

絶望や疲労は、「無力症」と関係することもあります。予防しなければ、疲れ、ストレス、挫折がうつ病の始まりになることもあります。季節の変化なども、楽観的でポジティブでいる方法を知って入れば、それは必ずしもネガティブな影響である必要はないのです。

もっとも効果的なモチベーション向上法とは、自分が本当に何かをしなければならないものです。変わりたいと言うだけでは足りません。言葉から行動へ移す必要があります。私達はそれぞれ、すさまじい強さをそなえており、その力をどうするかは自分次第なのです。

「強い人は自分ができることをし、弱い人はしなければならないことに苦しむ。」

-トゥキディデス-

夜傘をさす女性

 

モチベーションを上げる方法

1.短期と長期の目標を立てる

仕事、しなければならないこと、人間関係、野心、休息のバランスを取ることが、ほぼ不可能なこともあります。座って、短期と長期で達成したいことを紙に書きましょう。まず、現実的で、実現可能なことに焦点を当てます。そして、大きな目標へと移ります。

努力と決心は非常に優れた力です。運は勝手に放っておいて生じるものではないと、誰もが分かっているでしょう。それに備えておく必要があります。目標の設定は絶対に必要です。すべてに対するものの見方を変えることになる何かを追求するための原動力になります。

 

2.やる気があるかのように行動する

バカげていると思うかもしれませんが、これは完全なる真実です。クラスで一番賢いにもかかわらず、子供にバカだと言いきかせれば、子どもは結果的にそう振舞うようになります。ピグマリオン効果と呼ばれ、個人のベストまたはワーストを引き出します。

人生に恋しているかのように振舞いましょう。優しく、ポジティブ思考で、人に喜びを伝えましょう。はじめは、偽善的で難しいと思うかもしれませんが、やっていくうちに自分の浮かべるイメージ通りに自分が変わります。

 

3.今していることに集中する

疲労や無関心は、働きすぎからくることがよくあります。効果的なモチベーションを上げる方法の一つが、今していることに集中することです。次や前のことを考えてはいけません。物事を先延ばしにしたり、家に帰ったら何をしようか考えるのもやめましょう。

それに全てがかかっているかのように、目の前にあるものに対応し、最善を尽くします。その素晴らしい結果として、負担が軽くなり、より早く終わらせることができるでしょう。

 

4.ユーモアを武器として使う

笑いは、一番の自然治癒法です。「幸せホルモン」と呼ばれるエンドルフィンが放出されます。ある程度笑うと、リラックスでき、ポジティブになり、物事を見る目が変わります。

楽しい人に囲まれ、ユーモアがある人になりましょう。お笑いライブ、コメディ―映画、風刺的な本を楽しみましょう。今まで思っていた程、人生は暗くないことに気づきます。幸せは、選択肢の一つではなく義務です。

モチベーションメソッドを使うカップル

 

5.景色の変化を取り入れる

景色の変化には間違いがありません。いつもの日課とは全く異なること、毎日、自発的な行動をしましょう。聞いたことがない音楽を聞く、考えたこともない場所に出かける、友達のためにサプライズをするなどです。単に、いつもの食生活にはないものを食べるのも良いでしょう。

単調さは非常に危険になりえます。脳や心を活発にさせましょう。興味のあることを勉強したり、一時間に一万回と鼓動を打つようなことを始めましょう。人生を楽しむのに、遅すぎることはありません

 

6.自分にご褒美

自分を愛することです。表面的だけでなく、隠喩的に愛しましょう。体を大事にし、それが自分の神殿であるかのように扱ってください。心を空にし、リラックスする時間を作ります。ワインを飲みながら、ミステリー小説を読んだり、スポーツで自分を解放しましょう。

優しさ、親切心、礼儀をもって人に接するように教えられたように、自分にもそうしてください。多くの場合、これを人には行っても自分にはしていないことから、私達が抱える悩みの多くが生じています。できる限り、自分にご褒美を与えましょう。

モチベーションはいつでも起こりえますが、それを受けいれるには、すべての可能性にオープンである必要があります。もっとも効果的なモチベーション向上メソッドが焦点を当てるのは、ポジティブな姿勢を続け、新しいことをし、目標を目指すことです。はじめは努力が必要かもしれませんが、時間をかけても行う価値はあります。