効果的に勉強するための6つの方法

· 2018年10月24日

試験のために勉強するのがどれだけ面倒くさくてストレスの多いことか、多くの学生がわかっていると思います。さらに、メモをおさらいして暗記することに数時間費やすのは、とてもいら立つことです。時には何時間も勉強しているのに1ページも終えていないような気になります。あるいは、本を開いてさえいないように感じることもあります!でも、ストレスを感じないでください。ここで、少ない時間でより多く勉強できる方法をご紹介します。

これらの方法は非生産的な勉強法に時間を無駄にするのを避け、勉強を生産的で楽しいものにします。シンプルで口で言うのは簡単です。しかし、これらのアドバイスを時間をかけて実践していくことで、勉強がもっと楽しく生産的になります。

静かな環境を見つける

どこで勉強すればいいでしょうか。多くの人は家で勉強しますが、気が散ってうるさいかもしれません。理想的な勉強の環境は、静かで気が散るものがないことです。生活の中の音は避けがたいため、多くの学生は図書館へ向かいます。

勉強を中断するのは気が散ることですが、効率的に勉強するためには休息も必要なため、その取り方の計画方法もご紹介します。

良い環境を見つけることで、効果的な勉強ができます。自分の環境すべてをコントロールすることはできませんが、理想的な勉強の場所は背景の音が少なく、自然光で、椅子が快適で机が片付いた環境です。

窓辺
効果的に計画

試験のために勉強するとき、勉強自体と同じくらい休息が重要です。集中し続けるのは難しいことですし、は40分で疲労します。そのため、15~40分ごとに5~10分の休息を取ることをおすすめします。きちんと計画された休息で、頭をすっきりさせて集中しましょう。

同じような原理が勉強している教科にも当てはまります。同じ教科を40分以上勉強することは、目に見えて非効果的です。教科を20~40分で変えることで、勉強が楽しくなって、モチベーションを保てます。

目標を設定する

試験のために勉強している時、目標を設定してそれに到達するように努力することが重要です。合理的で短期の目標にしましょう。長期の目標にするとフォーカスがずれてしまうことがあります。一方で、数分で達成できるような短期目標もNGです。自分の能力にあった現実的な目標を設定する必要があります。

暗記テクニック

暗記テクニックは、王道とは言えませんがとても効果的です。テレビ番組の『シャーロック』の主人公が想像力を駆使して、もので溢れる場所を記憶するのに利用している記憶術がいい例です。

記憶の宮殿とも呼ばれるこのテクニックでは、家や宮殿を想像して、勉強している知識を各部屋の物体に関連付けます。他の記憶方法は、勉強しているものを使って、歌やリズムを作ったり、言葉をイメージや感覚と関連付けます。従来型とは異なりますが、いろいろ試して自分に合うものを見つけてください。

自分を試す

自分に質問をすることは、集中力を保ち、理解していることを確認するの役立ちます。さらに、学んだことをおさらいして勉強しなおすべきことを確認する自己点検は、知識を固めるのに最適です。それでは、次はグループで勉強するメリットを見てみましょう。

勉強する女性
勉強グループに参加する

他の人と勉強することで、様々な理由で勉強時間が効果的になります。いつもグループで勉強するのはいけませんが、ときどき集まって一緒に勉強するのは自分の苦手な部分を見つけるチャンスです。グループで勉強することで、他の学生の解釈を知ることができ、自分の強みや弱みも見えてきます。

ちょっとした競争にもなります。これによって、モチベーションが保たれます。さらに、後れを取っている人はグループの中の良くできる人と勉強することでメリットがあります。一方、進んでいる人たちは、自分に挑戦し続け、結果が横ばいにならないように頑張れます。

学ぶ方法を学ぶのは、とても役に立つスキルです。このような勉強法を実践することで、勉強からもっと学びを得ます。この6つの方法を利用して、自分に合った状況に合わせていきましょう。そうすることで、勉強がもっと生産的で楽しくなります。