高機能自閉症とは?

2020年2月13日
高機能自閉症と診断される人は知性と言語能力が長けており、多くの場合、社交性の欠如や感情的な問題など他の欠点をを覆い隠します。

10年ほど前に、アンソニー・ホプキンスはある診断を受けました。しかし彼はこの診断結果にさほど驚きませんでした。医者は彼にアスペルガー症候群であると告げたのです。これは、彼が高機能自閉症であることを意味します。ホプキンスは、高機能自閉症を持つことは利点であると述べています。その理由について、すばらしい記憶力を持ち、演じるキャラクターを分析する能力が高いからだと彼は言っています。

アルバート・アインシュタイン、ティム・バートン、ビル・ゲイツ、スティーブン・スピルバーグなど、多くの有名人が自閉症スペクトラム障害であると言われています。これらの非常に創造的な人々の名前を見ると、高機能自閉症を持つことは幸運なように思うかもしれません。

しかし良い部分だけにだまされないでください。これらの障害を持った人々は、芸術的、技術的、または科学的分野で際立った才能を発揮していますが、多くの場合社会的レベルで、そして何よりも感情的なレベルで多くの制限があります。これらは、社会で生きていく上での困難となります。

アンソニー・ホプキンスは、彼の人生の大部分において怒りをコントロールしなければならなかったこと、他人とのつながりを持つのが困難であったことを認めています。また、アルコール依存症の問題がありました。現在、彼は音楽と絵画に癒しを見出しています。それらは彼の感情的な世界と調和するのを助けます。

科学者は自閉症についてより多くのことを研究する必要があります。早期診断のためのリソース、特に症状がそれほど明白でない場合その治療法は未だしっかりと確立されていません。

高機能自閉症

高機能自閉症の人の特徴

高機能自閉症のほとんどは、成人になってからその診断を受けます。

彼らは、家族と社会環境においてある限界を感じます。それらの欠陥が性格に影響を及ぼす可能性があります。この特徴のため生きづらさを感じている人がたくさんいるのです。では、高機能自閉症についてさらに詳しくご紹介しましょう。

ご存知でしたか?:
高機能不安障害と内向性

言葉による推論能力と空間スキル

高機能自閉症の人は簡単に自分を表現することができます。効果的かつ巧みに話し、推論し、コミュニケーションをとることができます。

注目すべき特徴は、IQが平均を上回るだけでなく、空間インテリジェンスの能力が非常に高いことです。これは、想像して視覚化する能力に変換されるためです。異なるオブジェクトまたはさまざまな指標を区別できます。また、概念を変換し、データを変更および操作することも可能です。

飽くなき好奇心

高機能自閉症の人々は好奇心が強く、多くのことに興味を持っています。特定の領域に焦点を当て、それに夢中になります。また、常に情報を探していおり、興味のあることには多くの疑問を感じ、調査し、膨大な時間を費やします。

高機能自閉症

社会的制限

高い知的能力にもかかわらず、欠点もあります。それは社会的スキルです。社会的状況を読むのが得意ではないのです。

他人とつながるのが難しく、アイコンタクトを避けます。自分は人と違うと感じ、一人でいることを好みます。他人と接する時、リラックスした会話をするよりもむしろ議論をすることが多くなります。

こちらもご参考に:
神経科学:心の働きを理解する方法

不安

残念ながら、高機能の自閉症の子供は活動亢進と診断されます。彼らはすべてに触れ、絶え間ない質問をする落ち着きのない子供たちだからです。イギリスのノッティンガム大学のアリンダ・ジリオット博士が実施した研究では、注目に値することが指摘されています。

高機能自閉症の人はしばしば不安の問題と同様に強迫性障害を持っていると主張しているのです。また、感情を管理するのにも苦労すると言います。

オキシトシン

ほとんどの神経学的状態と同様に、自閉症スペクトラムも複雑な組み合わせから成り立っています。その形式は非常に複雑なため、効果的にコミュニケーションをとることができません。

アスペルガー症候群が非常に高いレベルで現れる例があります。例えばサバント症候群は身体的、精神的、または運動障害がある可能性がありますが、通常は芸術や数学に対して並外れた能力を持っています。

高機能自閉症はどうでしょうか? なぜ軽度の自閉症と定義する人もいれば、アスペルガー症候群と定義する人もいるのでしょうか? このカテゴリは、公式には精神障害の診断および統計マニュアル(DSM-V)に含まれていません。 しかし、これは否定できない現実なのです。

一部の人々は、自閉症であることを知らずに大人になります。 そして大人になってやっと、彼らの社会的および感情的な限界の理由を理解します。 たとえば、米国国立精神衛生研究所は、オキシトシンが高機能自閉症の社会的行動を改善することを発見するなど、このテーマに関しては現在進行中の興味深い治療研究がたくさん出てきています。

  • Andari, E., Duhamel, JR, Zalla, T., Herbrecht, E., Leboyer, M. y Sirigu, A. (2010). Promover el comportamiento social con oxitocina en trastornos del espectro autista de alto funcionamiento. Actas de la Academia Nacional de Ciencias de los Estados Unidos de América , 107 (9), 4389–4394. https://doi.org/10.1073/pnas.091024910
  • Baron-Cohen, S., Wheelwright, S., Skinner, R., Martin, J., & Clubley, E. (2001). The Autism-Spectrum Quotient (AQ): Evidence from Asperger Syndrome/High-Functioning Autism, Males and Females, Scientists and Mathematicians. Journal of Autism and Developmental Disorders31(1), 5–17. https://doi.org/10.1023/A:1005653411471
  • Gillott, A., Furniss, F., & Walter, A. (2001). Anxiety in high-functioning children with autism. Autism5(3), 277–286. https://doi.org/10.1177/1362361301005003005