教育変革:知識偏重から考える力重視へ

2020年2月28日
子供は知識 を受動的に得るだけであるべきではありません。しかし現在の教育システムに慣れてしまった学生にとって、その受け身の姿勢を止める事は簡単ではありません。

現在、従来の講義形式の授業をやめる教育機関が増えてきています。これらの教育機関は、学生に理論的な知識以上のものを得てほしいと願っています。子供たちに批判的思考スキルを教え、教育のあり方を変える場所になろうとしているのです。

学生が確固たる議論と実証された経験的データに基づいたアイデアのみを受け入れることが重要だと考えています。新しい方法を実践している教育者たちは、新しい方法論と統合したこの教育方法を、古いモデルよりも優れていると主張しています。

このようなシステムにおいて、教師は知識を伝えようとはしません。生徒の頭を知識で満たすのではなく、より多く授業に参加させようとします。教育者は生徒を指導し、議論するトピックを設定します。生徒は教師に実際に何に興味があるのか​​を伝えます。ほとんどの場合、これは単なる教科書などの教材を超えるすばらしい効果が見られます。

教育 変革

教科書を超えた教育

これは、教科書を使わない、人間発達を優先する方法論的な教育方法です。この教育法では、学生は教室で携帯電話やタブレットなどのリソースを使用できます。これは、通常の学校組織が伝統的に確立している方法に反していますよね。また、多くの統合システムとは大きく異なります。ご想像のとおり、伝統的な教育論を持っている人は、これらの革新的な教育方法にある種の恐れと疑念を抱いています。

この方法論は、従来の講義ベースのクラスよりもより努力が必要となります。教科書の有無だけでなく、より多くのリソース、より多くの作業、より多くの時間が必要であり、不確実性が高いということです。

生徒は探検家であり、教師はガイドの役割を行います。学習は少しずつ構築され、学生はさまざまな情報源に基づいてコンテンツを作成します。その過程で、信頼できる情報と信頼できない情報を区別することを学びます。テストの目的は、合格または不合格だけでなく、学習することでもあります。これは、学生の個人的および学問的発達を支援すると言われています。

ご存知でしたか?:
教育分野における社会的介入

従来の学習とは異なるさまざまな方法論

  • 反転授業。教室を「反転」する方法論です。具体的には、教師は生徒に自宅で予習させ、代わりに教室でグループアクティビティに取り組ませます。生徒は、教師が提供および作成するコンテンツにアクセスできます。コンテンツの例には、ブログやビデオがあります。生徒はまさに学習体験の中心となります。動的でインタラクティブな学習プロセスで参加型の活動を行います。一方、教師は、指導的存在としての役割を担います。
  • プロジェクトベースの学習。この方法論の主な目標は、生徒が実践することで学ぶことです。最終結果は、実際の問題に対処する最終プロジェクトです。しかし本当に重要なことは結果ではなく、そこまでの過程です。多様で変化する状況で習得した知識を身につけさせることができます。実際の状況をより巧みに処理する方法を理解するのに役立ちます。
  • ゲーミフィケーション。この方法論は、ゲームを使って教育を実施します。生徒たちを楽しくやる気にさせる方法です。ゲームと同様に、インストラクターはプレイ中の目標と作業方法を確立します。レベル、さまざまな課題、および賞品を定義します。教師は、教える内容をカバーしながらゲームを展開させます。
  • 思考ベースの学習。教師が設定する一連のガイドラインで考えることに焦点を当てています。学生に学習トピックや内容について反省的かつ批判的に考えさせます。意思決定のスキルを強調し、情報の真実性に疑問を投げかけ、創造的なアイデアとより深い理解を養います。

こちらもご参考に:
インクルーシブ教育とは

教育を変革する多くのオプション

上記で紹介したものや、他の多くの代替方法論は、教育を変えるための選択肢です。試験に合格するために暗記だけに焦点を当てる従来の学習とは異なった教育システムの開発を目指しています。プロセスの中心に学生を置くので、学生ははるかに重要な学習経験を得ることができます。

これらの教育戦略は何十年も前から存在してきたものですが、現在では新しいテクノロジーによってさらに発展しています。

教育変革

技術の重要性

テクノロジーは私たちの日常生活の一部となっています。新しいテクノロジーは、学習と教育のプロセスに有益な機会をもたらします。知識を現実に応用したり生徒の興味や動機と結び付けることで、教育の変革を支援します。

学校と教育は静的な機関のままであるべきではありません。また、社会の変化の限界に留まることもできません。若者が問題なくこの新しい社会の中で進歩できるようにするには、教室にテクノロジー教育を組み込むことが必要です。

教育を変革する代替方法論

専門家は、学習に最適な単一の形式をまだ確定していません。教育における新しい方法論および社会的課題は、将来の社会を担う子どもたちに、本当に役立つものを教えることです。

先でお話ししたように、これらの方法論は、学生が受動的かつ受容的な立場を維持する講義形式よりも多くの努力を必要とします。評価の唯一の手段として試験を行うことはありません。学生がより積極的でやる気のある方法で授業に参加できるように様々な工夫と努力がなされているのです。

Boto, A. (2008). Una clase sin libros. El País Semanal, págs. 16-19.

Castillo Parra, S. (2006). Aprendizaje Basado en Problemas.

Moya Martínez, A. M. (2009). Las nuevas tecnologías en la educación. Innovación y experiencias educativas, 1-9.