レキソタンの使い方と副作用

· 2018年7月28日

レキソタンはブロマゼパムから作られた薬です。深刻な不安症の治療に使われます。緊張を軽減してくれる薬です。服用量を増やすほど、筋肉がリラックスします。一般的に、この向精神薬を使った治療は短期であるべきです。

医療・製薬団体は、このタイプの薬の使用を12週間以上続けることには(少しずつ量を減らしていったとしても)反対です。しかし、このドラッグを誤って使用している人がいます。推奨されている期間よりも長く使用している人がいます。

 

レキソタンの有効な主成分はブロマゼパムです。これはベンゾジアゼピンと呼ばれるグループに属します。服用量が少なければ、精神的な緊張、不安症、緊張を和らげます。服用量を増やすと、筋弛緩剤として働きます。

レキソタンを他の薬と併用している人もいます。中枢神経系機能を低下させる物質と合わせている場合もあります。アルコールやジアゼパムです。薬を誤って使用すると、交通事故を引き起こすなどの危険な影響があります。

他の処方箋同様に、治療の用法に従わなくてはいけません。同じように、ヘルスケアの専門家も正しい使用法を制限し監督しなくてはいけません。 しかし、レキソタンや他の類似の薬は、不安症の症状を緩和するには欠かせません。

頭痛

レキソタンの効用

ブロマゼパムのひとつです。最も知っておくべきことは、ベンゾジアゼピンからできているということです。この化学合成物質は、γ-アミノ酪酸(GABA)の効果を高めます。この成分は鎮静、催眠、抗痙攣、筋肉弛緩効果があります。

レキソタンは、神経システムの働きを低下させます。脳の中枢、大脳辺縁系に働きかけます。体や体の機能をリラックスさせ、心理的な緊張、ストレス、感情的不安症を軽減します。

治療での使用法を見てみましょう。

  • 不安症関連の症状の治療
  • 強迫観念、恐怖症、心気症、パニックアタックの治療
  • 攻撃的・自傷行為を軽減
  • 激しい心理的興奮状態にも使用
  • 同じように、簡単な手術の前にリラックスさせるためにも効果的
    暗闇

レキソタンに関して気を付けること

レキソタンはジアゼパムよりはマイルドなタイプのベンゾジアゼピンです。ジアゼパム程強力ではありませんが、同じくらい耐性や依存性があります。別の言葉で言えば、誤って使用されればネガティブな心理的影響を及ぼしかねないということです。レキソタンの使用には、安全対策を理解しておくことが重要です。

  • 医師や内科医の監督のもと使用。
  • 専門医は関連の不安症の唯一の治療法としてレキソタンを使用しない。単体で使用された場合は効果が薄れる。
  • 急にレキソタンの使用を停止すると、離脱状態になる。レキソタンが体内にないことで、元々の不安症の症状が悪化する。ベンゾジアゼピンが治療に組み込まれている場合は、使用の停止までに少しずつ量を減らす。
  • レキソタンを使用している患者は、高い注意力や俊敏な反応が必要な活動を避ける。車の運転や重機の扱いは医師が制限。
  • 妊婦や腎臓に問題のある人は、摂取量を少なくするか別の治療法を選択する。

レキソタンの副作用

レキソタンは定期的に摂取すべきではない薬です。数週間後、体が耐性を持ち始めます。薬の催眠効果が少しずつ薄れ、効果を感じるためにもっと服用量をあげる必要があるように感じるかもしれません。3カ月以上服用したり、推奨量以上を摂取すると、次の副作用が見られることがあります。

  • 頭痛
  • 筋肉の痛み
  • 疲れ
  • 光への敏感性
  • 離人症
  • 聴覚過敏
  • ひどいしびれ
  • 悪夢
  • 胃腸障害
  • 衰弱
  • 筋肉運動の調整の問題と集中力の低下
    ソファー

レキソタンは他の薬との併用で効果があることも覚えておくことが大事です。特に中枢神経に働きかけるものです。抗うつ薬、オピオイド、抗精神病薬、抗ヒスタミン薬などです。さらに、医師の指示に従うことが重要です。レキソタンは短期での治療として見るべきです。

このようなケースで一時的な効果を発揮してくれる化学物質ですが、最終的に問題の解決策になることはありません。