目には字幕が必要ない

10 2月, 2018

笑っている子供の目は、最も誠実で自発的な幸福が反映されたものです。 これらの子供たちを見ている人の目が輝いていることは、明白でしょう。 人間は目で話します。これは言葉や字幕を必要としない言語です。そしてそれは、私たちの内部から来る感情の力を使います。

目はまた、私たちの気分の最も強力な指標です。それだけでなく、いくつかの研究によると、良いか悪いかに関わらず、私たちの目から多くの意図が予見できます。 目は私たちが周りの人とつながり、愛情、反発、恐怖、不快感を示すための最良の手段です。

目は魂の配達人です。言葉は虚偽を読み込むことができますが、私たちの目は心の窓であり、感情の現れです。字幕は必要ありません。

心理的な観点から見ると、目にまつわる問題のひとつは、誰かが実際に目で人を欺くことができるかどうかということです。 その答えは「はい」です。しかし人を欺くようになるには、非言語のコミュニケーションの熟練者でなければなりません。 この興味深いトピックについてもっと知りたい場合は、先を読み進んでください。

七色の目

目と瞳の謎

エックハルト・ ヘスは、心理学者であり、眼科医です。彼の妻が、彼が読書をするのをベッドで見ている時、目を引くようなことを彼に話しました。 彼女の夫が夢中になっている間、夫の目の瞳孔が開き、その後2秒後に収縮することを認識したのです。

彼の妻が観察したこの知覚的なことに興味を持ったエックハルト博士は、シカゴ大学(1943年)の男子生徒との小さな実験を次の日に行いました。 テストは簡単なものでした。彼は生徒たちに本を提供し、ページの間にプレイボーイの女の子の写真を隠しました。 そして、予期せぬ視覚的な影響が、瞬く間に彼らの瞳孔の膨張をもたらすかを検証したものでした。そしてその答えは「はい」だったのです。

エックハルト博士は、無意識的行動を規制する自律神経系が感情的能力と密接に関連していることを実証しました。 私たちが面白いと思っていることを話していると、瞳孔は大きくなります。 同じことが、私たちの目が突然「刺激的な」もの、つまり好きなものや魅力的なものに「遭遇する」ときに起こります。そんな瞬間、私たちの目は、瞳孔の黒さに囲まれているのです。

目から出るツタ

 

これらの事実から、瞳孔について基本的な2つのことが分かります。第一の点は、瞳孔の拡張が光の不足によって生じるだけではない、ということです。 二つ目は、瞳孔が私たちの感情に密接に関連しており、その膨張は不随意的な行為であることです。瞳孔は私たちの感情が最も純粋で最も完全に反映されるものなのです。

目の見た目が真実なら、それは2人の魂の間の橋になる

人が凝視することは、時に私たちの精神に直結する愛情、内なる平静のための平和の地図のような役割をすることがあります。 しか一方で、虹彩は悲しみと失望も反映します。 目は、私たち自身の個人的な話だけでなく、他人との関係について多くのことを教えてくれます。

外側を見ている人は夢を見て、内側を見た人は目を覚ます

私たちが凝視することは、人からフィードバックをもらう方法でもあります。ようするに2つのスピーカー間の同期の信号のようなものなのです。 最も調和の取れた対話は、人々がお互いの目を見て、聞いて共感するものです。 一方、私たちは目を見ることを避け、傍観者の目から離れるために、目を低く保ち人々を避けようとすることもあります。

不安、恐怖、無関心のために、社会的な不安、恥ずかしさや内向性が人の顔を見ないようにさせることがあります。 このような場合、適切な感情的な結びつきを確立することは非常に困難です。

茶色い目の老人

興味深いのは、ケンブリッジ大学のサイモン・バロン・コーエン医師が実証したある研究です。 数年にわたり実施されたさまざまなテストで、女性は目を解釈することによって、他の人の感情や意思を解読することに男性よりもはるかに熟練していることが発見されたのです。

目からの情報などの身体の非言語的コミュニケーションを解釈することを図るテストにおいては、男女ともに同様の得点を得ました。しかし、目には常に隠された世界が広がっており、熟練した女性の方が感知し解読できる能力に満ちていることが分かったのです。

最後に、よく言われるように、目は、心が隠そうとしたことを映すことが多いようです。

額を寄せ合うカップル