元交際相手から連絡がきたら

· 2018年7月23日

メッセージ、電話、ほらまた。元交際相手の帰還。アイツの名前を消して、新鮮な空気で心を満たした矢先、エゴを求めて中毒のように戻ってくる元交際相手。セールスマンのように現れて、一緒に過ごした楽しかった時の話をしたり、決して完璧ではなかった愛を理想化したりします。理想的でもなければ健全でもありませんでした。

B級のホラー映画のような響き…元交際相手の帰還。でも心配しないでください。状況はそんなに悪くはありません。いろんなタイプの感情的な関係があります。幸せなもの、そうでないもの。成熟したもの、そうでないもの。どの映画にも異なるパーソナリティーと異なるふるまいの主役が存在します。

「わたしは安寧が欲しいだけ。わたしはエゴ。欲しいというのは欲望。エゴと欲望を取り去れば、安寧はやってくる。」
-サティヤ・サイ・ババ-

戻ってくる元交際相手もいます。でも、永遠に消えてしまうひともいます。彼らのために流したのようにです。自分の友人関係の中に留まって、いい友達になることもあります。一人一人が独自の世界を持っており、それぞれの世界には独自の「生物多様性」が存在しているのです。

しかし、繰り返してしまうパターンもあります。戻ってくると決めて、すべてを台無しにする元交際相手のことです。認めてもらいたくて戻ってきて、身勝手にドアをノックします。

かべ

よりを戻そうとして元交際相手が戻ってくるのは負けたとき

自分のものだと思っているものを取り戻そうとして、元恋人が戻ってくる時があります。あなたの感情的スペースを自分のものにするために彼らが使用する心理戦法は疲れるものです。あなたを幸せにする方法を知っている唯一の人間だと言います。自分ほどあなたのことを知っている人はいない、2人が築いてきたことは他には代えられないもので、諦めるべきではない、と言います。

 

あなたの心理的ドアにやってきて、過去を思い出させるように優しく語り、過去の傷を開いて感染させ、あなたが一生懸命手に入れたバランスを壊します。「こっちが追い出すことなく去っていったと思ったら、頼んでもいないのに戻ってくる」というひとがいます。交際にしっかり終わりを告げなかったかもしれない、そして私たちがはっきりさせなかったから、相手がいつ戻ってきてもいいと思っているのかもしれない、と自分に疑問を持ち始めるかもしれません。

終わりを理解できない人もいます。自分が生きることも他人が生きることも妨害し、完全に自分のものだと思い込んでいるものを取りかえす権利があると思っています。 ダメージが大きく、暴力的でもあるこのシチュエーションは、複雑で危険な脳のメカニズムから起こります。文化人類学者で生物学者のヘレン・フィッシャーのように、破局にきちんと対処することができない人もいると考える人もいます。 脳

彼らの脳は、腹側被蓋野と側坐核が非常に繊細です。これらの2つのエリアは、神経伝達物質のドーパミンが極端に分泌されると強さを増す中毒、強迫観念、報酬システムに関連しています。

「もう十分」という時があるかと思います。常に感情的な大きな歯車の中で生きるのがもうこりごりな時です。何でも大げさであなたを疲労困憊させる人と人生を歩むのが嫌になった時です。しかし、はっきりさせても、元交際相手は自分のものだと思っているものを取り返すために戻ってきます。あなたのスペースを冒して、不健全な強迫観念ですべてを台無しにします。

永遠に閉じられるべきドアを再び開けないで

新しい交際相手とうまくいかないからといって戻ってくる元交際相手がいます。すごくよくあることです。十分な注意を得られなかったり、自分のエゴレベルが低い時、あなたが思いもよらない瞬間でお花に満ち溢れた思い出いっぱいのメッセージを送ります。そして、時にあなたもそれにはまってしまうのです。

その罠にはまってしまうのはよく理解できます。しかし、おとりにつられてハマってしまうのはダメです。一度別の道を行き自分の新しい人生を歩み始めたら、過去に置き去りにした何かを塗りなおして相手のドアをたたくのは健全ではありません。また、今の恋愛で大事にされていないと感じたからと言って元交際相手の注意をひこうとすることは間違っています。

「感情的テロリスト」は存在します。男性も女性もいます。破局の後あなたが積み上げたすべてを破壊します。うそっぽいプレゼントや巧みな言葉、二枚舌のお世辞で戻ってきます。あなたの感覚を研ぎ澄まして、ではなくエゴのために戻ってくる元交際相手を見極めるレーダーを張っていなくてはいけません。そのような人は、自分の愛情ではなく身勝手さを養っているだけなのです。

ひとり

どんなカップルにも彼らだけの世界があります。それはわかっています。過去の恋愛にもう一度チャンスを与える価値があることもあります。決して衝動的ではなく、真剣に考え行うべきことです。しかし、一つはっきりしているのは二度と開けるべきではないドアがあるということです。越えてはいけない入り口です。

すでにいろいろ試しました。その経験は笑顔より傷を残します。賢くなって、注意深くなって、不誠実さ以外の何も持たずに戻ってきた人の前でドアに鍵をかけましょう。